全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1015ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ちょっと遅くなりましたが、北海道・オホーツク・小清水町の桜の便りです。
日程は5月13日、その後嵐でなかなか気が滅入って、アップする気にならないでいたらこんな日になってしましました。
桜を撮影した場所は、町の中心部にある小清水神社です。
東京や横浜などに比べると一ヶ月近く遅れての桜ということになりますが、風情のある桜です。
北海道の桜を感じてください。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


開く コメント(0)

イメージ 1

春が来れば思い出す・・・はるかな涛沸湖・・・
歌では「夏が来れば思い出す・・・」で始まりますが、北海道・オホーツクの水芭蕉は春です。
しかも尾瀬のような高地ではなく、水辺の低地に生えています。
その群生地は、本当に広いです。誰が管理しているのかはわかりませんが、広大な群生地です。
森の中に群生地はあります、その森もまた美しいです。
涛沸湖の湖岸に広がる水芭蕉の群生地は、小清水町と網走市の境界にあります。実質網走市ですが・・・。

イメージ 2

イメージ 3




開く コメント(0)

イメージ 1

気持ちの良い絶景が見えました!
小清水町の代表的な観光地である小清水原生花園は、まだ「花園」と言えるほど花はありません。
花が咲き乱れるのは6月〜7月にかけての一時期で、あとはあまり花はありません。それども斜里岳を代表とする絶景を見ることができます。
本当にここから見ることのできる斜里岳は優雅です。絶景以外の言葉で表現するのは、むずかしいような気がします。
今年も小清水原生花園に通い詰めてみたいと思っています。

開く コメント(2)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

久しぶりにカメラを持って、出かけました!
このところカメラ(キヤノンのE0S 60D)を持って、出かけることがめっきり減りました。
写真を写すのならiPhoneで事足りるようになってしなっているからです。とはいえ、一眼レフカメラを持って出かけるということは、今日は写真を写すぞ!という気持ちに拍車がかかるので、やっぱりいいものだなぁと思い直して見たりもしました。
実際でかけてみると、車からは知床連山が妙に美しく見えました。車から降りて、カメラのファインダーをのぞいてみるとその魅力は一層深まっている感じがしてきました。
やっぱり今日は写真を撮影するぞという気持ちになることは大切だなと思った次第です。
その美しい知床連山をご覧ください。
写真は国道389号線、藻琴付近と小清水原生花園から撮影しました。

開く コメント(0)

イメージ 1
イメージ 2

斜里町の「天に続く道」の近くにある雄大な景観を一望できる展望台です。
誰が作ったかわかりませんが、この展望台は意外と重宝しています。
ここに登ると本当に斜里町の防風林のある景観が一望できます。
ここにいるとしばらくじっとこの景観を眺めています。
この景観の素晴らしさが・・・

開く コメント(0)

全1015ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事