風のつぶやき

舟木さんのこと。季節の花々と好きな風景写真を載せています。

新大阪から地下鉄の御堂筋線最後尾に乗り淀屋橋で下車。
3番出口より地上へ
何年か前に舟友さんから教わったメモを今も持っていて
苦労なく大阪フェスティバルホールへ向かえるのです。
途中、ヘボナ写真を撮影しながら会場へ12時50分くらいに到着でした。


初冬の景色(新幹線の車窓から)
イメージ 1

大阪のイチョウ並木
イメージ 2


写真中央の右寄りフェスティバルホールが
土佐堀川?
イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5イメージ 6









イメージ 7イメージ 8









イメージ 14イメージ 15



フェスティバルホール
イメージ 9



紫色のレーザー光線がステージを彩るなか
一部は和服で叙情歌や艶歌などを
とても美しい声で清らかにしっとりと語るように歌って
和の世界へ誘って下さいました
羽織のある御着物は何色でしょうと
悩んでいるとライトにより変化して、もっと分からなくなるのでした
明るいグレーなのでしょうか
黒足袋に下駄ばき
着物に詳しくないので説明が難しいです
夕笛の時バイオリン(向島ゆり子さん)の音色が加わり
いつもではない今年の最終回の雰囲気が出ていました
絶唱でもバイオリンがありました
心地い響きの歌声を聴いているうちに
40分の一部ですが終わりました
とても短く感じました



イメージ 10イメージ 11




















イメージ 12イメージ 13




















【一部の曲目】
初恋
あゝ荒城の月哀し
恋唄
貝がらの唄
夕月乙女
木挽哀歌
京の恋唄
恋人形
夕笛
吉野木挽唄
絶唱




発売されたDVDコレクションに追加です
イメージ 16

イメージ 17イメージ 18



















イメージ 19
生写真付きでした

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

楽しみに待っていたコンサートファイナルへ行ってきました。
どこが東京中野と違うのだろうか?
伝え聞いていた「楡(エルム)の雨」「北風のビギン」は歌われず
銭形平次の時の銀色テープが舞い落ちることもなかった。
サインボール打ちはありました。
レザー光線で会場全体を包み込むといった演出は同じと感じました。



プレゼントの受け取りのあるメドレー曲が終わって
ジャケットをエメラルドグリーンに着替えられた。
ここで組曲日本の四季〜春、夏、秋、冬〜が歌われました。
昨年、東京の2か所で歌われました。
東京だけではなくて大阪でも聴かせて欲しいということだったとか
私としては名古屋でもお聞きしたいといいたい。
兎に角、聞きたいと願っていた歌が聞けて
スペシャルなコンサートでした。
舟木さんのファンファースト、ここでも感じました。
そうでしたバイオリン演奏ありました!
夕笛から入られたのか?知らない間にすーっと登場で
美しい音色を響かせてました。お名前は向島ゆり子さんだった?舟木さん正式な紹介はされず・・・あったかな忘れました;;

詳しいことは何もかけていませんが
もう12月12日に突入しています。

舟木さんが今日までは23歳で明日は24歳と^^
勿論74歳におなりですね。
幸いなことに73歳最後の歌声を聴くことが出来ました。
本日のコンサートの感動が大きすぎて言葉に出来ない。




                    お誕生日おめでとうございます!


イメージ 1

このバラはフェスティバルホールのある川沿いに咲いていたバラです
もっと色々撮ったお花は後日に紹介させて頂きます



イメージ 2イメージ 3




この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)


12月6日の通常コンサートファイナルとなる中野のこと
もう少し知りたいとこちらのブログを拝見しましたところ
舞台の演奏者サイド目線の内容は
うれしく拝見できました。
詳しくは↓こちらへ Asakusa姉妹のブログさんです




楽屋へお芝居のお仲間が大勢見えて
間もなく迎えられるお誕生日のお祝いもあったそうです。

明日の大阪フェスティバルホール。楽しみです!




イメージ 1イメージ 2





























イメージ 3




イメージ 4



この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

自然体験の森の小鳥

11月5日は暖かな日和でした。
少し遠くへ出かけたくなり自然体験の森へ。
30分の車中は2015年新橋演舞場のシアターコンサートのCDを聞きながら
なので道のりは長いとは感じませんでした。


イメージ 1
その途中には
メタセコイヤの並木が
といっても片側にだけあるのですが
美しく紅葉していましたので
パシャッ!



紅葉の写真は思う存分
撮って来たのですが
メタセコイヤはこれが初めてです



















現地での山々の紅葉です


イメージ 2




広いのでさて何処に行こうかと
歩き始めた時
「そこにはルリビタキは来ないよ〜」と声がする
続けて「最近、鳥が少ないよ
今から行くも紅葉の道についておいで」と
その場所、頭上には美しく紅葉したモミジがまだありました

イメージ 3

道には落ち葉がふんわり豊かに

イメージ 4イメージ 5












この場所にはルリビタキの♀が来ることがあるようです
5名の愛鳥家さんが三脚を設置して
ご持参の椅子に腰かけ
じっと静かに待っておられました

ルリビタキの好物の虫を置いてルリビタキのお出ましを待つのです
1〜2時間待つことは普通のようです
しかし
12月5日は
一人の方がスマホからルリビタキの鳴き声を流しました
すると間もなく
ルリビタキの♀さんが素早く虫を咥えて
飛び去ります

分からないままシャッターを切って
見てみたら↓の写真になりました;;


イメージ 6


その後撮影場所を替えて
止まり木にやってきた瞬間を撮る
ルリビタキ♀
イメージ 7


尾のブルーが分かり難いですが・・・
♂とちがって♀はブルーが少ないです
でも目元が可愛いです!
イメージ 8


ムラサキシジミ                                       キタテハ
イメージ 9イメージ 10













初冬の体験の森
イメージ 11




ここは我が家から一番近い池
春には睡蓮が咲き誇る家ですが
冬場は水鳥たちがやってきます
アオサギとカワセミ
1枚に
イメージ 12


少し拡大したカワセミです
イメージ 13

近くの池でカワセミを撮ったのは久しぶりの事です

この記事に

開く コメント(6)

昨日は舟木一夫コンサートツアー関東地区ファイナル

気にはなっておりましたが訪問者とお喋りタイム。

後にネットで話題探しをしました。

例年取り上げられる月刊歌の手帖さんのブログをみてみました。

舟木さんの話題の記事がありました。↓



月刊歌の手帖編集部のブログ


イメージ 1



☆昨日行かれた方によれば
 とても澄んだお声だったとのこと。
  その上、声量豊かに聞かせて下さったとのことです。





イメージ 2


追加曲は「楡の雨」「北風のビギン」。
銀のテープが舞ったのは銭形平次の時。
サインボールも打たれますから忙しかったでしょうね皆さん。
今年のバージョンは11日大阪フェスティバルホールでもお聞きできるので
私はそちらへ伺う予定です。



☆ 来年のカレンダーが昨日届きました

イメージ 3



この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事