ここから本文です
半魚人のBLOG
あくまでも個人的戯言です。異論反論受け付けません(笑)

トガリアミガサタケ

今年一発目は、春を代表するキノコ、トガリアミガサタケ。
海外では、モレルとかモリーユと呼ばれる高級キノコ。
今回は6個見つけたが採集はせずに写真だけ・・・

ワイドで・・・
イメージ 1

マクロでも・・・
イメージ 2

オバシギ

天気が悪い上に強風で立ち寄ったと思われるシギたち・・・

オバシギ
イメージ 1

セイタカシギ、7/14羽の群れ
イメージ 2


コオバシギなど

先週末頃から暖かくなったおかげで、シギの姿が増えてきました。
ただ、田んぼで農家の方が作業してるので、鳥たちは落ち着きませんね。

コオバシギは以前から見たかった鳥。初見ですが、すぐ居なくなりました・・・
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

一緒に行動してたエリマキシギ、足がオレンジの個体。
イメージ 5

今季初、ツバメチドリ。
イメージ 6

セイタカシギも・・・飛びます!
イメージ 7

そんな中、移動中のタゲリ、黒いネクタイ締めてすっかり夏羽です。
イメージ 8

コチョウゲンボウも立ち寄ってくれました。
今回はちゃんとコが付きます(笑)
イメージ 9


渡る鳥、まだ居る鳥

今季初のサシバ、夕方で、近くに止まったと思われ、しばらく探したが見つからず・・
イメージ 1

その近くには、まだ残ってるチョウゲンボウ(笑)が夕日を浴びながら狩りをしてた。
こいつも栄養付けて、その日に備えてるのでしょう・・・
イメージ 2

8:2でコサギ?

鮎の遡上を狙って集まるサギたちの近くで、1羽だけせわしなく獲物を追うサギが遠くに見えた。
以前、2度観察したことがあった私は、すぐにカラシラサギだと確信して撮影してたものの、撮った写真を確認すると、冠羽はしょぼいし、嘴は黒っぽい???

黒っぽい嘴について、手持ちの図鑑に記載はなかったが、帰って別の図鑑を見ると、どうやら成鳥冬羽では、上嘴は黒く、下嘴は淡色、ということでカラシラサギ冬羽で良さそうだ。

写真を見れば見るほどコサギにしか見えなくなってしまった(笑)
引っ掛かってるのは、獲物を探し回る行動だけ・・・

イメージ 4


イメージ 1

捕食は結構してたが、稚鮎ではなくゴリの様子。鮎はまだ少ないのかも?
イメージ 2

過去に見たのは2回とも6月下旬だったので完全に夏羽でした。在庫から
イメージ 3

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事