ここから本文です
タカラヅカ☆スター☆ステージ
基本的に宝塚歌劇ブログですが、日常ネタ、ミュージカルネタもありです♪宣伝目的のコメントは、ご遠慮ください。

書庫全体表示

イメージ 1


「ワンダーランド」に続き、今回は芝居の「霧のミラノ」です〜。

http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/05/03snow_2/index.html

公演詳細は↑をどうぞ。

「霧のミラノ」は13年ぶりに観ましたが、いいですね〜。

最近、宝塚らしい作品が減ってきてるので「霧のミラノ」のような王道の作品を観ると安心します。

ロレンツォ(朝海ひかるさん)とフランチェスカ(舞風りらさん)の熱々の愛情表現は恥ずかしくなっちゃいますねぇ。

「私が戦場で、どれだけお前に渇いていたか話してやろう」って、すごい台詞ですよね〜(^^;

カール・ハインツの貴城けいさんの美しさには見とれますねぇ。

ジャンバティスタの水夏希さんは男っぽくて素敵でした〜。

天瀬いづるさんのエンマとの大人のカップルは素敵でしたね〜。

未来優希さんがダメ兄貴を演じていたのは、珍しかったですよね〜。

未来さんはキリッとした役を演じることが多かったですよねぇ?

そして、「霧のミラノ」と言えば、あの衝撃的なラストが印象に残っています。

「アルジェの男」に通じるものがありますよね〜。(ネタバレ?)

アマポーラの歌は、13年経ってもサビの部分は覚えてました〜。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事