DOCUMENT Dance Camp ! ケータイ投稿記事

3月21日(木) Bコースで参加します。
http://jcdn-web.org/news/news-804/

チラシを希望の方はご連絡ください。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

土曜日 ケータイ投稿記事

イメージ 1

金曜の仕事を終えて、旧友に会いにゆく。
大阪・北新地。

昨夜はそのまま大阪泊。

明けて土曜日。
難波にて仕事の打合せを兼ねてランチ。
帰りに書店で文具の注文をして帰京。

奈良生まれ、京都育ちの関東人である。

難波で話したのは、
私と舞踏との出会い
京都で学んだこと
これからの仕事の基本。

相手はまだ若い女性だけれど、かつて共に働いた者として一生懸命聞いてくれた。
仕事として、きちんと対応しようという気合いが微笑ましい。

そういう対人関係が、大事なんだよなぁ。
敬意を払うために置く距離。
上とか下とか、勝ち負けの問題ではないのだ。

私はきんととの代表として、ちゃんと伝えられたんだろうか。

またいつか同じ現場に立てたらいいなと思う。


さて。
ようやく京都に戻り、自分の土台を実感する今日この頃。
日曜の午後は、美味しいお茶が飲めたら幸せである。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

出町座

「日日是好日」
観てきました。

出町柳の商店街に移転した映画館・出町座にて。

うん。

タイトルに全て入ってるんだもの。

観に行けて良かった。


大事なのは、実際にそこに居るかどうか。

自分自身の感覚で、感じているかどうか。

身体は、記憶を忘れない。頭が忘れても。


感情に支配されない事を日々目指してはいても


やっぱり涙が止まらない。
これは感情じゃないのかな。


あ。

「土用波」を、思い出してしまった。


そんな今日は、ちょっと雨でした。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

再び奈良にて ケータイ投稿記事

2019.1.17. thu.
奈良ダイハツ主催 優秀販売店懇親会


お正月に引き続き、奈良にて踊る機会を頂き。
お祝いの席での演舞は、一昨年の秋以来か。

シルクロードの果て・奈良で生まれ育った事と。
奈良という大地に根ざす魂と。
この地で生きる人々の生活と。

それらに思いを馳せながら、私にとって大切な根源を通しての即興演舞となりました。

ステージにお声がけ下さった田辺ひでゆき氏に感謝致します。
共演の方々、そして奈良ダイハツ様、ありがとうございました。

平成31年1月22日
nayu こと 小薮友奈

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

迎春 ケータイ投稿記事

イメージ 1

新年明けましておめでとうございます。

昨年は様々な挑戦に恵まれた年でした。
地に足をつけて、自分の足で歩く。分かれ道に差し掛かったら、方角を見定める。どちらへ行くか、決めるのは自分自身。

そして実は、その判断の土台となるのは、これまでに積み上げて来た自分の足跡なんですね。
だれの背中を追いかけて育ったのだろう。

なんて書くと、男の子みたい。

無数にある判断材料を仕分けていくのは、大変な作業ですが、実は楽しかったりして。
チマチマコツコツと、地味な作業をするのが好きです。

オトナの階段登るには、まだまだ餓鬼んちょの私。
何を目指して登り始めたのか、それを見直す機会も頂き。

さて、昨年12月には人生二度目の合宿でした。
一度目は10年近く前になる。
城崎国際アートセンターと城崎の街、そしてJCDN様に大変お世話になりました。
http://kiac.jp/jp/


踊ること、舞台に立つという事と、日常生活をするという事が別々ではなく、密接に繋がっている。踊り有っての日常、日常有っての舞台。

そんな環境を見直す事が出来たからこそ、自分自身を振り返り、これからも歩いてゆける。
活動レポートはこちらからどうぞ。
(HPを持っていないのでFacebookで代用)
https://m.facebook.com/yunanayu.koyabu?refsrc=https%3A%2F%2Fm.facebook.com%2Fyunanayu.koyabu%3Fref%3Dbookmarks&ref=bookmarks#_=_

年が明け、三が日のうちに故郷奈良でも踊らせて頂きました。
こちらはエンターテイメントとしてのお仕事。奈良健康ランド様とチームリーダーである田辺ひでゆき氏に感謝。

ショウダンサーとして、エンターテイメントに徹する事と、舞踏家として舞台芸術に尽くすこと。どちらも実は別々ではないのだよなぁと思う今日この頃。

おどる、という生き方があって良かった。

平成31年 1月10日

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事