全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年6月2日週報より

先週の礼拝36入門講座5(29)休会(30)


《聖句黙想》

主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。ルカ福音書226061

我こそは主イエスの一番弟子であると自負し、死ぬ覚悟をもって主イエスについていく宣言をしていたペトロでしたが、主イエスが逮捕され、自分の身が危うくなると、主イエスを知らないと三度も言ってしまいます。わたしたちも「主イエスを第一に歩む」と言っていても、他を優先してしまう弱さに出会うこともあるでしょう。

そのとき、主イエスのまなざしに気づきたいのです。決して見捨てず、赦し、必ず導くまなざしに。そのまなざしに気づいて、ペトロのように激しく泣きたいのです。自分で変わることはできなくても、主がわたしたちを造り変えるのですから。


《報告と消息》

  本日礼拝後、昼食、文書係奉仕、役員会です。

  次週礼拝後、昼食、各部例会です。

  63()4()、日本ナザレン教団九州南地区連合女性会総会・研修会が、月見ヶ丘ナザレン教会にて行われます。

  毎週火曜日9時−12時、教会開放です。

  69()13301500、みことばの分かち合い会が行われます。


《今週の入門講座》司会 N兄(5) 牧師(6)

《次週の礼拝》司会 M姉 奏楽 M姉 朗読 N兄

 説教「神の愛と力で満ちあふれる祈り」(交読)詩編146110

 創世記1119  使徒2111 ルカ11113

「詩篇100」「土の器」「343 聖霊よ、降りて」

開く コメント(0)

音声説教を聞く方は、ここクリックください。
MP3ファイルでの再生となっています。

2019526日礼拝説教メモ「信仰−すべては勝利へのプロセス

ダニエル61023  Ⅰテサロニケ315 ルカ7110 

ひと言おっしゃってください

ひと言をいつ言うか、言わないかは主イエスの自由

百人隊長は、主イエスがひと言言わなければ信仰を失ったのだろうか?

治る・治らないでゆらぐ信仰?助かる・助からないでゆらぐ信仰?

治らねばならない、助からねばならない信仰か

治るに越したことはない、助かるに越したことはないがそれを超えた信仰か?

 

藤掛明著「真実の自分と向き合う」…会わない時間の恵み(4950)

会わなくても、会う時間が短くても、しっかりと信頼関係でつながっていることがある。

 

すべては勝利へのプロセス/道の途中

癒しをすぐに見ることもある、癒しが遠い先のこともある、癒されず死を経て永遠の命に生かされて神を賛美することもある。いずれにせよ、勝利へのプロセス

 

執着せずに精一杯生きる

どうせやっても意味がないと人生に投げやりになるのでもなく、この世の結果に執着するのでもなく、精一杯生きる

味わい、見よ、主の恵み深さを。…主を畏れる人には何も欠けることはない。…主に求める人には良いものの欠けることがない。詩編34911

願いを正直に主の前に打ち明けながら、今あるものを大切に生きる。

開く コメント(0)

2019年5月26日週報より

先週の礼拝32入門講座7(22)4(23)


《先週の入門講座より》

主を畏れる人には何も欠けることがない。…主に求める人には良いものの欠けることがない。詩編341011

ないものを数えれば欠けているものはいっぱいです。わたしたちが不幸を感じるのは、ないものに焦点を当てているからとも言えます。しかし、わたしたちが、誰かと比較すること止めて、今あるものを使い切り、生かし切り、全力を尽くすなら、豊かな充足感に満たされるでしょう。ないものの見え方も随分変わるでしょう。主に求める人には良いものの欠けることがないことを実感することになります。


《報告と消息》

  本日礼拝後、昼食です。

  次週礼拝後、昼食、文書係奉仕、役員会です。

  毎週火曜日9時−12時、教会開放です。

  523()、G姉宅での桜ケ丘家庭集会は3(うち未受洗者1)でした。お祈りを感謝します。


《今週の入門講座》司会 G姉(29日:証会) 休会(30)

《次週の礼拝》司会 A兄 奏楽 A兄 朗読 T兄

 説教「神の力で生きる」(交読)詩編47210

 ダニエル71314  使徒1111 ルカ244453

「詩篇100」「走り続ける」「343 聖霊よ、降りて」

 

開く コメント(0)

音声説教を聞く方は、ここクリックください。
MP3ファイルでの再生となっています。


2019519日礼拝説教メモ「神から相続する恵み」
申命記7611  ガラテヤ32347 ヨハネ151217
 
律法はわたしたちをキリストのもとへ導く養育係(32324)
自分の力では律法を行いえない
かと言って律法を捨てるわけでもない。
キリストによって赦され、キリストによって律法を行う者へ
 
キリストを着る(32728)
職業、文化にあった制服や衣装があるように。
奴隷や自由人の身分に関係なく、男女等の性差に関係なく
 
神の子、アブラハムの子孫、約束による相続人(32629)
奴隷ではなく、子(47)
親が死んでないのに相続?
神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです。ローマ817
相続したから好きにしていいのではなく、共同相続。
讃美歌21 361 この世はみな
3.この世はみな 神の世界 悪魔の力が世に満ちても
  わが心に迷いはなし 主こそがこの世を治められる
主と共に治める。
仕えられるのでなく仕える。共に苦しみ共感する
その前提は、キリストが赦し、仕え、共に苦しみ、共感してくださっている。
 
「アッバ、父よ」と叫ぶ(46)

開く コメント(0)

2019年5月19日週報より

先週の礼拝29入門講座6(15)3(16)

《先週の入門講座より》
心を尽くしてわたしはあなたを尋ね求めます。詩編11910
実際に祈るとき、わたしたちは神様を尋ね求め、5分、10分かかってようやく神様を見つけた、という話を聞くことはありません。祈るときは、自分の前に神様がおられることをそれぞれ意識しておられることでしょう。しかし、この箇所はあえて神様を尋ね求めています。それはわたしたちの中に、「これだけは神様に委ねられない」と思えるような闇を抱えたまま、その扉を閉ざし、自分のある部分は神様を尋ね求めていない現実があるからでしょう。誰かに正直に語ったからむしろ怒られた、居場所を失った経験があるとなおさら、自分の闇を隠す戸は開きがたいかもしれません。しかしその扉を開くなら、主なる神は「よく正直に言えたね」と責めもせず、その闇をしみもしわもそのたぐいのものないほど綺麗にしてくださるのです。ですから自分の闇を主の御前に開示していきましょう。薄汚れた闇は暖かい陽だまりへと変えられるのですから。

《報告と消息》
  本日礼拝後は特に予定はありません。
  次週礼拝後、昼食です。
  毎週火曜日9時−12時、教会開放です。
  518()、さんびかをうたおう会は9名の出席でした。
  523()13時半−15時半、桜ケ丘家庭集会がG姉宅にて行われます。教会からの車は1310に出発します。

《今週の入門講座》司会 H兄(22) 牧師(23)
《次週の礼拝》司会 T兄 奏楽 T姉 朗読 T姉
 説教「信仰-すべては勝利へのプロセス-(交読)詩編34211
「詩篇100」「走り続ける」「471 勝利をのぞみ」
 

開く コメント(0)

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事