ここから本文です
NAZENぐんま
原発反対!、戦争反対!、と声をあげ続けてきた高崎金曜日行動は306回目。
6月12日には歴史的な米朝首脳会談が開かれた。
「斬首作戦」なるぶっそうであからさまな一斉先制攻撃の狙いを隠そうともしなかったトランプ。
このトランプが歴史上はじめての北朝鮮・キムジョンウンとの首脳会談を行い、完全非核化で合意するという、ビッグニュースが世界をかけめぐった。
さらにトランプは米韓軍事演習停止や在韓米軍の撤退まで言及して見せた。

一触即発の戦争の危機が遠のいたのは間違いがない。
いったんは「斬首作戦」決行にのめり込んだトランプを断念させた最大の力は、韓国のロウソク革命の力だった。アメリカの言うことをきくパククネ大統領を監獄にぶち込んでしまったのだから。これをつぶすためにも北朝鮮との戦争の緊張関係を強めたが、つぶせなかった。
韓国の労働者民衆の勝利であることは間違いがない。

しかし、歴史はもっと大きなところで、もっと破滅的な世界戦争にむかって、動き出したのではないか…

イメージ 1

写真は直前にカナダで開かれたG7会合の写真。まるで紛糾した議会のようだ。マスコミには「貿易戦争」の言葉がおどる。
アメリカ・トランプはアメリカ第一主義をかかげて、アメリカが貿易赤字で、負け続けてきた歴史をひっくり返す、不公正な貿易相手国には高い関税を課す、と公言。自由貿易の旗を掲げてきたG7、「国際協調」を公然とぶっこわしにかかった。
それはまずは中国との関税戦争に突入する様相を呈している。
「ブロック化」…世界戦争まで行き着いた歴史の悪夢が、米朝首脳会談の興奮のかげで、はげしく動き出したのだ。
米朝首脳会談は、これと、もちろん別問題ではありえない。
これは取引(ディール)だと、トランプははっきりと明言している。

朝鮮半島を非核化すると言っても、アメリカは世界中をいつでも先制核攻撃できる軍事力をほぼ独占している。朝鮮半島の非核化は、米軍の世界支配のカギである、NPTの実効的な再確立にとって使える。次はイランに向かう。
そう考えると、北朝鮮に対する「体制保障」は、第二次世界大戦において日本に「天皇制存続」を約束して降伏をのませ、戦後のアメリカの世界支配・アジア支配の土台を構築したポツダム宣言をほうふつとさせるものだ。今後激しくなる中国や、欧州とのリアルポリティックス、大統領選挙を考えれば、かなりうまい取引になる。

戦争の危機が遠のいて、平和に乾杯している世界中の労働者民衆に、こんなことを書くのは申し訳ない。しかし、間違いなく、歴史は重大な曲がり角。これを労働者民衆の力で真の核廃絶と平和にただしていくために、しっかりと考えなくてはたいへんなことになる。
団結と連帯だけが、希望。
改憲にますますのめり込むだろうアベを、日本の労働者民衆が打倒してみせることがなによりも求められている。
これまで以上にがんばろう。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



この記事に

開くトラックバック(0)

 210キロ離れた群馬で

 群馬県庁にも高崎市にも近いと、最近人気上昇中の吉岡町。
 今春にここで採れた「タラの芽」。すでに120パックも販売された人気商品からの200ベクレル超えでした。
 群馬県林業振興課は「自主回収中の野生のタラノメは大量に食べなければ、健康に影響はない。これからの行楽シーズンに県内で野生のタラノメを食べる際は十分に注意してほしい」と呼び掛けています。

 放射能はガンだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞で人を殺す。芸能人も、身内も、このところ早死にが続く。
 7年目、試練かもしれません。

 未来のために高崎金曜日行動=タカキンは続く。6月1日304回目。
 韓国のサムチョクの水曜日行動は来週6月6日で300回。おめでとうございます。連帯して核も原発も火力発電所計画もなくしましょう。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9


イメージ 10



この記事に

開くトラックバック(0)

タカキン=高崎駅西口金曜日行動は、先週5月4日に300回記念でした。
久しぶりにたくさんの人に集まっていただき、南條まぁさんの「おやすみ原発」、玲子さんの「往くだけさ」、そしてスパングルズのロコモーション(金曜デモ!)とプラウドメアリー(廃炉!)など、大いに盛り上がりました。
アベの嘘つき政治・証拠隠滅政治によって、原発は再稼働を繰り返し、戦争の危機は去ってはいません。
しかし韓国と北朝鮮の首脳会議が、時代の転換を示しています。この情勢の深いところに韓国の労働者を先頭にした民衆の壮大な決起があります。北朝鮮の労働者との団結も含めて、日本でも労働者民衆の連帯かけた行動が問われています。
タカキンは、これからも、どこまでもネバーギブアップで前進します。
みなさん、今後ともよろしくお願いします。

ちなみに今日は301回目。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 2


イメージ 12

イメージ 13


イメージ 14

イメージ 15


5月11日のタカキン301回目はこちら

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
     こころはひとつ。施設でともに声をあげる太一さん。




この記事に

開くトラックバック(0)

4月20日、298回目の金曜日行動。
米英仏がシリアに対してミサイル攻撃をしかけた。証拠もなく、シリアの化学兵器使用への報復として。
でたらめすぎませんか?シリアのアサド・ロシアのプーチンも許せないが、米英仏はさらにひどい。どちらも人間の命なんて何とも思っていない。そしてアメリカの攻撃をまっ先に賞賛し、支持を表明した安倍。安倍はアメリカでは「トランペット」と呼ばれているという。トランプのペット、ということで。

イメージ 1

北朝鮮とアメリカを比べてみよう。
北朝鮮がミサイルを飛ばしたといっては、ヒステリックに非難する人で、アメリカのシリアへのミサイル攻撃を非難した人がいたら教えてほしい。北朝鮮の核実験や、核武装を非難した人で(もちろんそれは正しい)、アメリカの核実験や核兵器の実戦配備を非難した人がいたら教えてほしい。
北朝鮮は、侵略されたことは、何度とあるが、他国を侵略したことは一度もない。
他方アメリカは、戦前も戦後も区別なく、他国の領土で戦争を続けている。
日本は、憲法に手を縛られて、これに参戦したことはないものの、一貫して、アメリカの戦争に協力してきた。そのために日米安保条約があり、沖縄をはじめとした米軍基地がある。
安倍のウソがあばかれたついでに、こういうウソとごまかしも、全部終わりにしましょう。

とにかく3・11からはじまった放射能汚染は、そろそろ私たちの命を脅かし始めている。人間、どうせ、長生きしても100年。今は、子供たちの未来や人類の未来をおもんぱかって、自分の生きる道を考える時だと思う。

次々回の5月4日に、タカキン(高崎金曜日行動)は300回目を迎える。韓国・サムチョク(三陟)の水曜日行動よりも少しだけ早い。盛大に盛り上げたい。スパングルズも久しぶりに登場予定。ぜひみなさん、集まって下さい。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8

下野新聞2016年10月18日付記事

イメージ 9




この記事に

開くトラックバック(0)

4月6日、高崎金曜日行動296回目。
この日は朝から星野文昭さんの母校・高崎経済大学の入学式。今年はすっかり桜は散ってしまっている。無実で獄中43年、群馬星野さんの再審を実現する会でビラまきをおこなってからのタカキン。
  
やっと暖かくなったね、というあいさつで仲間が集まってくる。

「原発も、財務省も、自衛隊もウソばかり」
まったくだ。こんなやつらに権力を持たせていてはいけない。

安倍を監獄に!

以下は「原発事故・現状だより」358号より

原発も、財務省も、自衛隊もウソばかり
オスプレイが大挙、東京・横田基地に!

 3月31日、九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の発電と送電が停止しました。
 原因は、前日に配管からの蒸気漏れが発見されたからです。この事故に対して九州電力は、「原子炉の運転に問題はなく、周辺への放射性物質の漏れもない。」と発表していますが、どうでしょうか? 3号機はわずか一週間前の3月23日に、7年3カ月ぶりに再稼働したばかりでした。
 「原発の安全審査許可」なるものがいかにデタラメでいい加減で、信用ならないかがよくわかります。
 皆さんの乗っている自動車で、「修理に出して一週間で故障」なら、激おこですよね。

 3号機は、3月25日から段階的に発電出力を上昇させ、30日には出力75%に到達させていました。出力マックスだったらもっと大きな事故になったかもしれませんね。 
 九電によれば今回の措置は、、核分裂を抑える制御棒は入れず、原子炉内の核分裂反応が連続する「臨界」は維持する方法で、不安を感じますね。 
 九電は、もともとの予定では玄海3号機を昨日の4月5日からフル出力運転し、今月の24日に営業運転に移行する予定だったそうです。
 でも、今回のトラブルは、再稼働工程に与える影響度合いを5段階に分けた九電のレベル分けで、発電を停止して補修などが必要になる上から2番目のレベルに当たります。3号機の再稼働にめどが立たないと4号機も動かせないため、2基とも再稼働は遅れる見込みとなります。 
 原子力規制委員会によると、東電福島原発事故後に再稼働した原発がトラブルで発電と送電を停止するのは、2016年2月の関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)に続き2例目となる大事故です。 

福島原発よりもっと危険な加圧水型原発

 玄海原発のような加圧水型は、沸騰水型に比べ高圧高温なので、(沸騰水型は80気圧以下、加圧水型は140気圧。二次水系でも場所により10気圧))配管が壊れやすく、冷却機能喪失からメルトダウンまでの時間が圧倒的に短い傾向にあります。
 また沸騰水型は格納容器に窒素が充填されていますが、加圧水型は空気であり、水素が発生すれば爆発の危険性が高い。しかもベントはついていないから、圧力を逃すことはできない。
 福島ではベントがあったから格納容器の爆発をかろうじて防げたのです。
 さらにまた沸騰水型と違い、格納容器が厚いコンクリートで囲まれていないのも問題です。
 福島原発では建屋内部に水素が充満して爆発しましたが、あれが格納容器内でおきたら、それこそ、福島原発の何百倍もの放射性物質が飛び散って、日本は破滅していたでしょう。

 今回に事故があったのは玄海原発ですが、ほかの原発も同じ危険性があるのだと思います。

デタラメ宣伝で住民をだます電力会社

 九州電力が地元住民らに配布したリーフレットに「万が一の事故の際も、放射性物質の放出量は、福島事故時の約2000分の1と確認された」などの記述があることに対し疑問の声が上がっています。 県議会の一般質問で見解を問われた佐賀県の山口祥義知事さえも、「安全神話につながる」と苦言を呈しました。 あまりのひどさに原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長も「ゼロリスクと同じ。到底申し上げていいことではない」と指摘しています。
 リーフレットはA3判二つ折りのカラー計4ページ。「玄海原子力発電所の安全性がさらに向上した」との表題で、事故の際の放射性物質の放出量について「『4・5テラベクレル(1基あたり)』になることが、原子力規制委員会で確認された」と太字で表記。数値の前提として「新たに設置した設備や対策により、(原子炉)格納容器は破損しない」などとしています。
 九電によると、このリーフレットは昨年1月、規制委の原子炉設置変更許可を受け作成。同2月以降、玄海町と唐津市の一部(鎮西、肥前、呼子3町)の約7500戸と3県の区長約3千人を対象に戸別配布しているとのことです。

一般会計予算の6割以上が「原発マネー」の玄海町

 玄海原発のある佐賀県玄海町の人口は約5850人。少し人口の多い6350人の群馬県草津町は、草津温泉を擁して、群馬では比較的に裕福な自治体ですが、昨年度の一般会計予算は約47億円でした。
 一方、玄海町の2018年度予算案は約69億円。そのうちに、原発関連の交付金が年間約42億円。これに加えて、町人口約1割が原発職員なので、その税収を加えると、群馬県草津町の税収そっくりくらいになるかもしれません。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7




イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事