全体表示

[ リスト ]

たいていのCelloのアンプたちを使ってきた小生ですが、何故かAudio Suiteにはこれまで縁がありませんでした。
昨年の春、ふと立ち寄ったお店で出会ったCelloAudio Suiteは、出力モジュールがP 301、ラインモジュールがP 201、フォノモジュールがB 100の組み合わせでしたが、残念ながら電源がオリジナルではありませんでした。
幸いにAudio Paletteを持っているので、電源を共有できることを知っていましたから、そのSuiteを入手して、勉強してきた結果、SuiteCelloの中でも群を抜くプリアンプだとわかりました。
繊細さと温もりと力感をすべて上手に表現するとでも言ったらいいものか、初期のEncoreのちょっと冷たすぎるくらいの透明感と涼しさ、そして後期Encoreの温もりをあわせ持って、あくまで自然にさりげなく鳴らす巧さがあります。
CelloPerformanceも同様ですが、ネジだらけの外観は好みではありませんが、ネジの見えるCelloはどうも音がいいようです()
1年余り、そのSuiteを使ってきて、これだけ音がいいなら、専用の電源が欲しいことと、Suiteの構成上、2台の出力モジュールを組み込めば、2台のプリとして機能するであろうという想定で、もう1台を探して、合体させようと思い始めていたのでした。
網を張ってもなかなか流通がなく、出そうになっても売主が引っ込めてしまったり、いいものが見つかっても、Paletteとセットでの販売だったりで、なかなか電源付きのSuiteには巡り合えないでいました。
そんな矢先、ラインモジュールがP 200、フォノモジュールがP 100、出力モジュールがB 301の電源付きの情報が飛び込んできました。
出力モジュールはP 301が欲しかったのですが、フォノモジュールがP 100なので、最近アナログ再生に凝り始めた自分には好都合です。
さっそく入手して、合体にトライすることにしました。
イメージ 1
これが2台の元の姿で、右が元々手持ちのP 301出力モジュール付きのもので、左が今度入手した出力モジュールがB 301のもので、バランス調整が無いので回転ノブが一つしかありません。

イメージ 2
分解する前の裏板を外した様子で、モジュールの裏側には穴の数だけネジがあります。

イメージ 3
これまで手持ちのSuiteから外したモジュールです。

イメージ 4
これは今度入手したものから外したモジュールです。

イメージ 5
2台とも、中身を外したシャーシだけの姿です。
モジュールの入れ替えにここまで丸裸にする必要はありませんが、ここは勉強ですから全部バラしてみました。

イメージ 6
それぞれのモジュールにはこのようにサイコロ状のブロックが10個(出力モジュールのP 300には20個)ずつ付いていて、それが、シャーシの背面に横に走っている10本のバーとネジ止めで接触するようになっています。

イメージ 7
これがシャーシの背面のバーで、中段の4本は電源供給用です。
ネジ止めによるサイコロ状のブロックとバーの接触が、いささか不安な気持ちもしますが、CAIGで両面をきれいにして、ネジを力いっぱい締めて良しとするしかありません。
延べ6個のモジュール、そのうちP 30020本ですから、合計で70本のネジを締める必要があり、かなりの力ワザが必要です。

イメージ 8
それぞれのモジュールが、しかるべき位置に収まった写真です。
本来は天板を付けてから、表から滑り込ませた方が位置の微妙なズレがなくて、表のネジの締め付けが楽なようですが、それは後から分かったことです。

イメージ 9
無事すべてのネジの締め付けが終わり、ラインモジュールが2個、フォノモジュールが2個、出力モジュールが2個のAudio Suiteが完成しました。
B バージョンの出力モジュールのSingle Ended出力からMark Levinson LNCに送って、Goldmund mimesis 28Cello Performance IIJBL 4350を鳴らし、P バージョンの出力モジュールのBalance出力からCello Performance IIに送り、Lumen Whiteを鳴らしています。
2台のプリアンプとして使うという所期の目的は達成され、出てくる音の素晴らしさに目を細めています。











この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

1筐体2プリですね。
スピーカーやパワーアンプとのマッチングもあると思いますが、
使用するモジュールによる音の違いはどんなものですか?

2018/7/18(水) 午後 7:52 audiovideo_fan 返信する

顔アイコン

audiovideo_fanさん、ラインモジュールのP200とP201は入力インピーダンスと感度が少し違う程度ですが、設定でそれも変えられますので、ほぼ同等のモジュールと見なしていいようです。P201をsingle endedとしてLuminのRCA出力をつなぎ、P200をbalance入力に設定してKlimax D3とつないでいます。出力モジュールはBとPなのでかなり差があるかと思ったのですが、Bのsingle ended出力をML LNC2に入れているせいか、こちらもまったく聴き劣りがせず、4350ってこんなによかったのかー?って昨夜は寝られなくなってしまいました。

2018/7/18(水) 午後 8:10 [ nazo_otoko ] 返信する

かっこいいです。私はそのコンソールデザイン大好きです。真打ち登場ですね。

2018/7/21(土) 午前 9:34 [ デビルJyajyaoの秘密基地 ] 返信する

顔アイコン

Jyajyaoさん、前からパフォーマンスのネジのデザインは嫌いじゃないと言ってましたものね。今回の変更で一番の改善は4350だと思いました。近々、おいでください。

2018/7/23(月) 午前 0:44 [ nazo_otoko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事