ひらめきの箱

風刺・絵・小説、色々な「閃きの箱」 面白ければ、お気に入り・傑作ボタンを押してね。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
 「献身」という美しい言葉も、実際に行うと、歪んだ恐ろしいものになることがある。

 いくら、主人さまの為とはいえ、ここまでしなくてもいいんじゃない!という犠牲がある。
 この悪い意味の「献身」という極端な犠牲のあり方は、著しくバランスを欠く行為になる。

 「花咲か爺さん」の ポチの 主人への忠誠心、
 「浦島太郎」  の 太郎の 乙姫さまへの献身、
 「桃太郎」   の 犬・サル・キジの忠誠、

 この三大昔ばなしの中で、「あっぱれ!」と讃えられる「献身」はどれだろうか…?

この記事に

閉じる コメント(2)

えっと、犬・サル・キジはスゴイと思います。だって、団子一個だよ。今、わたしが食べてる団子一個だよ?(パクパク)(*'ー'*)。

2006/12/21(木) 午後 1:47 佐伯 友子 返信する

顔アイコン

ともこさん、あっぱれ!この団子はたった一個だけど、ものすごいパワーが出る食べ物です。ただの団子じゃない、「きび団子」の意味と価値をちゃんと判った上で、危険な「鬼退治」に従ってくる存在なんですね。

2006/12/21(木) 午後 4:34 naz**anba* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事