ここから本文です

〜ぺんぺん草のブログ〜

書庫全体表示

宝塚・宙組

エリザベート〜愛と死の輪舞〜


イメージ 1

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルベスター・リーヴァイ
オリジナルプロダクション ウィーン劇場協会

潤色・演出 小池修一郎
演出 小柳奈穂子

CAST

トート 朝夏まなと

エリザベート(シシイ) 実咲凛音

フランツ・ヨーゼフ 真風涼帆

ルイジ・ルキーニ 愛月ひかる

ルドルフ 澄輝さやと/蒼羽りく/桜木みなと

マックス公爵(シシイの父) 悠真 倫
グリュンネ伯爵 寿つかさ
ルドヴィカ(シシイの母) 美風舞良
皇太后ゾフィー 純矢ちとせ

*****
「エリザベート」日本初演から20年
記念すべき年に宙組が上演!

とてもとても良かったです!!

なんてったってエリザベート!!!

宝塚にぴったりなんですよね

朝夏トートの歌が素晴らしい!
今、宝塚スカイステージで過去のエリザを各月1つ放送しているのを
録画しては見ているのですが

朝夏トートの歌、いいですね〜〜〜
姿月トートや春野トートの歌も好きでしたが
とにかくとにかく聞き惚れました!
お芝居ももちろん!!
「アイーダ」「シェイクスピア」「トート」
トップ3作目の存在感、貫禄もバッチリ!
朝夏さんもいい作品に巡り合えてらっしゃっいますね♪

フランツの真風さんはノーブルでおとなしい役に挑戦!
歌声もいつもより高いトーンなのかしら?と思いましたが
年月が経つにつれ貫禄と寂しさがにじみ出て
皇后エリザベートととの「夜のボート」には
ぽろぽろ泣いてしまいました

シシイの実咲さんもフランツに同じく
少女時代はそれほどお転婆に感じられませんでしたが
年月が経つにつれしっくりと馴染んで母になってから
孤独の旅、病院訪問、そして「夜のボート」感動しました

私が見た日のルドルフは桜木みなとさん
いい感じでした
トートとルドルフの「闇がひろがる」は何度見ても
萌えますわね

皇太后ゾフィーの純矢さんも良かったわ!

トートダンサー(黒天使)のダンスにも目が奪われました

貸し切り公演だったのですが、客席の熱気、すごかったです

エリザベート皇后の生涯の本を熟読していた母には
初めての「エリザ」観劇!!
よく分かったしとても良かったわ、と言っていました

フィナーレナンバーに「私が踊るとき」があったのも嬉しかったな〜

パンフレットも20周年ということで読み応えあり
日本初演から潤色・演出されている小池修一郎先生の功績に
改めてひれ伏したくなりました

エリザベート大好きです!
これからも節目節目での上演、期待しています。

イメージ 2

  • 顔アイコン

    こんばんは〜☆彡
    nazunaさん、流石にお詳しいですね^^v
    私が見たエリザベートは宝塚OGさん出演ですが、男性役は男性がなさり(笑)
    こちらを見れば、また違う魅力がありそう〜
    お母様とご一緒に観劇されたのね。素敵だわ〜

    ぁ…トートダンサーズ、私もうっとりでした(。・ω・。)ノ♡
    nice!!

    ふぇい

    2016/7/27(水) 午後 6:57

    返信する
  • > ふぇいさん
    宝塚のエリザベートはより劇画チック!ファンタジック!もちろん良い意味で!
    そして端役のみなさんもみーんな美しいのです*^^*

    でも東宝のエリザも大評判ですよね。昔、内野聖陽さんのトートを観たことありますが、城田トートに花總エリザを観たくてDVD申し込んでしまいました♪

    母も宝塚が大好きなので楽しい一日になりました!

    nazuna

    2016/7/29(金) 午前 11:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事