ここから本文です

〜ぺんぺん草のブログ〜

書庫安寿ミラさん

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

舞台「イヴ・サンローラン」/兵庫県立芸術劇場・中ホール


イメージ 1


関西での公演は3月26日(火)のマチソワ2回きり

主役・イヴ・サンローランはWキャスト

マチネは東山義久さん
ソワレは海宝直人さん

東京公演は見なかったので兵庫地元で2回観劇です

*****

staff

作・演出 荻田浩一
音楽 斉藤恒芳
衣装 朝月真次郎

cast

イヴ・サンローラン 東山義久/海宝直人

エルザ・スキャパレリ他 伊東弘美
ルル他 皆本麻帆

ピエール・ベルジュ 大山真志
クリスチャンディオール 川原一馬
アンディ・ウォーホール 神田恭兵
マルセル・ブサック 奥田努
パリの学生、アラブの娼年 和田泰右

青木謙 RIHITO 中塚晧平 橋田康
小野沢蛍 中岡あゆみ

ココ・シャネル他 安寿ミラ

*****

荻田ワールド

とりまく人々から観たサンローランを
シャッフルしてコラージュ

だから時系列もばらばら

でもそれが荻田ワールド

考えちゃだめ、コラージュされた絵画を観るように
あちこちから聞こえてくる歌や声を聴きながら
全体を味わう

実家の母がもし観たなら「分からへん」って言うだろうとは思うけど
分かるってもんじゃない
感じればいいと思う

サンローランとピエール・ベルジュの愛の物語だもの
ピエール、素敵ね〜〜〜(サンローランじゃないのか!)
結婚するならピエールですよ絶対に!

よくぞこの二人が出会ってくれたと思います

東山義久さんはどっちかっていうとオラオラ系のSキャラだそうですが
サンローランに限っては、自分の世界に閉じこもる内気でシャイな人
ピエールに出会って、会うと目をキラキラさせて甘えているのが可愛い

海宝直人さんはもともと繊細なイメージ、歌がとても素敵で細やかな表現
ピエールに会うと安心したように甘えている才能あふれるお坊ちゃまな感じ
失礼ながら「シークレットスプレンダー」で拝見したおりあまり踊って
らっしゃらなかったので踊れない方なのかと勘違いしてました
すみませんm(__)m

ピエールの大山さん(東京での数日は上原理生さん)は
ふっくらと貫禄があり、いかにもパトロンな感じ
歌声がソフトで柔らかくサンローランを包み込むあたたかさ大きさに惚れる
パンフレットを観て1989年生まれと知り驚愕!

スキャパレリの伊東さん、歌声もコメディエンヌぶりもさすが!
シャネルと張り合う場面は実に面白かったです

ルル ルウルウの皆本麻帆さん
皆本さんの舞台はなんと3回目
「るつぼ」「魔界転生」「イヴ・サンローラン」
とても上手で「ルウルウ〜」と口とがらせ言う姿はとても可愛い
赤いチュチュがモノトーンな舞台のアクセントとなり
狂言回し的な役どころを巧みに演じられていてとても魅力的でした

ディオールの川原さんも舞台経験相当おありなんだろうな〜と思ったら
1990年生まれ!軽妙洒脱、大きな目がくるくるして印象的でした

神田さん奥田さん和田さん!
田つながりのトリオじゃないけど、きっちり要所をしめてさすがでした
和田さんは時々、アルジャーノンに見えちゃったりして(笑)

ダンサーとしてご出演の皆さんもスタイル良くて
モデルウォークで舞台を闊歩されると
ファッションショーに来てるみたいな気持ちになりました

ニジンスキーを踊られた中塚さん
サンローランを誘惑する橋田さんも素敵でした

そして、安寿ミラさん!
ココ・シャネル、サンローランの母ルシエンヌ、
サンローランの友・モデルのベティ
サンローランにとって大きな存在となる3役を演じ分けられ
ラストにはこれぞサンローラン!というイブニングドレスで登場!

ピッタリと評判のココ・シャネルは
黒のスーツにじゃらじゃら(笑)とエレガントなネックレス
口ぶりも辛らつでクール
ディオールに「私たちより遅く生まれて早く死んだから」
とのっけから言い放たれたのが面白くてたまりませんでした
それでもビジネスとしてのファッション
男同士の恋愛に嫌悪を示していたシャネルも最後には
ビジネスパートナーとして最後まで手を取り合っていた
ふたり(サンローランとピエール)を
「真実の愛よ」
と賞賛を送る・・・多分天国から

母、ルシエンヌはサンローランの原風景
エレガントでたおやかにサンローランの心の奥深く君臨している
舞台上では決して目を合わさない母と息子
どこか遠い目をして息子の才能と成功を喜ぶ
母という絶対的な存在であるのに、どこか夢のようなはかなさ透明感
もっと観てたかったです

そしてモデルのベティ!
ベティベティあなたはどうしてベティなの!
細身のパンツルックをマニッシュにキュートに着こなし
大きな真っ黒のサングラスが顔を半分隠しても美貌は隠せず
後ろを向いて何してるのかと思えば
タバコ!タバコを吸っては挑発的に煙をはく
どひゃ〜〜〜〜〜〜〜
メガトン級のカッコよさ!

フィナーレにはサンローランのイブニングドレスをお召しになる
なんてゴージャスな!!

兵庫公演はふたりのサンローランのそれぞれ大千穐楽だったので
カーテンコールにはご挨拶

東山さんも海宝さんもWキャストであるお互いへのリスペクトを
語ってくださり、大変気持ちの良いご挨拶でした

ちょっとミーハーになりすぎましたが

貴重なオリジナルミュージカル
幸せな時間でした

***
3月30日の安寿ミラさんのお誕生日
お友達がヤンさんのベティーでケーキを作ってもらってくださいました

イメージ 2

平成最後のお誕生日

ヤンさん、おめでとうございました



岩谷時子メモリアルコンサート〜Forever Vol.3〜

イメージ 1

11月7日(水)もう1週間も前ですが
ひとりで東京、オカンの遠足は中野サンプラザまで

東中野は行ったことあるんですよ
中野は初めて!
中央線は早いですね
帰りは総武線に乗らないよう気をつけなくちゃ
なんて、以前新宿からの帰り道、間違えて
浅草橋〜〜〜のアナウンス
慌てて下車した過去あり・・

初めての中野サンプラザで
安寿ミラさんもご出演のコンサートです

ミーハー観劇記はこちら
にしたためておりますので、ブログには雑感を

岩谷時子さんの作詞ジャンルの広いこと
高校生の頃ファンしてた郷ひろみさんの「男の子 女の子」も
中学生の頃大ブームだったピンキーとキラーズの「恋の季節」も
サインはV 美しきチャレンジャー アテンションプリーズも
全部岩谷時子さんの作詞なんですね〜

「サインはV]はもちろんバレーボールで
「美しきチャレンジャー」はボーリングのドラマ
「アテンション・プリーズ」はCAのドラマ
全部見てました!

当日、会場でいただいたリーフレットの記載を観て驚きました

コンサートは
シャンソン 越路吹雪への思い
邦楽
洋楽
ミュージカル
おおまかなコーナーに分かれていて
その合間合間にトークが繰り広げられるという
まことにオーソドックスなショー

出演者は
安寿ミラ・凰稀かなめ・岡幸二郎・里アンナ・姿月あさと
田代万里生・中川晃教・福井晶一・真琴つばさ・綿引さやか(50音順)

皆さん歌の上手な方ばかり
里アンナさんのお名前はどこかで見たことあると思っていたら
現大河ドラマ「西郷どん」のオープニング曲の一部を歌ってらっしゃる方

岡幸二郎さんの「ベッドで煙草をすわないで」
雰囲気ありました!
中川晃教さんの「スーパースター」は最高だったし!

音響のせいか人によっては声がビンビン響いて
聞きづらかったのは残念
せっかくなのだから、そのあたりもきちんとコントロールされてて
欲しかったです

「愛の讃歌」は元宝塚トップスターの4人が歌い継ぐのですが
出だしのヤンさんの歌声にはしびれました

ヤンさんのソロは3曲

「18才の彼」はシャンソンで、リーフレットによると
岩下志麻さんが歌われたそう
知らなかったです

「いいじゃないの幸せならば」
懐かしい!相良直美さんの歌ですよね
ヤンさんが歌われると違う曲みたいに感じました

「ソー・イン・ラブ」はミュージカル「キス・ミー・ケイト」の曲
大浦みづきさんを思わずにはいられない曲

アンコールは「サインはV」で賑やかに
そのあとなぜかサインボールを投げるというイベントがあり
一瞬「なにごと?」と頭上を?が飛び交いました
このコンサートには似合わない気がして・・・

ボールを投げるヤンさんは男前でしたけど!

初MCにも挑戦されとても感じよく滞りなく進行されました

・・・
ほんとに雑感書いてもヤンさんメインになってしまいました





ミュージカル「タイタニック」再演 感想その2


イメージ 1
全員が主人公って言ってよいくらいの群像劇ですが
座長は設計士であるアンドリュース、加藤和樹さん
端正な佇まい。静かに
「タイタニックは沈みます」と言い切る。敬虔なクリスチャンという側面も感じ取れました

船長は良いひとなんだか悪い人なんだか。優柔不断でパワハラっぽい船長も鈴木壮麻さんがおやりになると良い人に見えちゃうんですね
ベルボーイとのやりとりが心に残ります。

オーナー・イズメイ、伝説を残したかった2代目ぼんぼん
残念なオーナー。あなたさえ功を急がなければ・・・。でも冒頭から目に涙をいっぱいためて歌い始める石川イズメイは良かった・・・

一等客室係エッチス戸井さん。控え目でウィットもありお客様を大切にする極上の客室係。ストラウス夫妻とシャンパンの場面は最高!エドガーとの会話も好き。

ハートリー木内さんの歌う「秋」は良かったわ〜〜。アリスに優しくしてくれて、中央で踊る姿は軽やかで上品だったわ〜〜〜

見張り役のフリート広大さんの歌も素敵だったし、妻と赤ん坊と別れる夫も広大さんでしたよね。泣かされました。

ベルボーイの百名さん、「可愛いわね」と若い友人に話したら「さすがお目が高い」と「彼はジャニーズだったの」ですって。無邪気な14歳にも泣かされました

哀れなマードック津田さん。初演でもあったのかしら、手すりをつかんで離せなくなるというお芝居。自殺の銃声は何度聞いても怖い

ライトーラー小野田さん、彼はしっかり者ね。3等客を助けねば!と進言しても無視されるなんて助かっても心は地獄よね

ジム・ファレル渡辺さんは強そうな若者。相葉さんとふたり食料を走って積み込むのだけど、走るの早かったです。

3人のケイト。ケイト・マクゴーワンの小南さん、気が強く意志も強い
ジムも負けてなそうだからいいカップルね
ケイト・マーフィー屋比久さんは歌声が好き、
ケイト・ムリンズ豊原さんは控え目な役作り

ミセス・ビーチャムの須藤さん、タラップの移動やいろんなところで大活躍
台詞も聞けました*^^*

大楽の幕も下り、今頃皆さんどうしてらっしゃるんだろう

シンプルで上質、感動しました。

2015年初演のミュージカル「タイタニック」が2018年再演されました。
初演時のブログはこちら

ミュージカル「タイタニック」再演

東京は青年館ホール
大阪はシアタードラマシティーにて10/17〜10/22まで

私は大阪で3度、観劇することが出来ました
有難いことです。チケット難な演目でしたから

イメージ 1
アンドリュース 加藤和樹
イズメイ 石川禅
バレット 藤岡正明
エッチス 戸井勝海
チャールズ 相葉裕樹
マードック 津田英佑
ジム・ファレル 渡辺大輔
ブライド 上口耕平
ライトーラー 小野田龍之介
ハートリー 木内健人
ベルボーイ 百名ヒロキ
フリート 吉田広大
エドガー・ビーン 栗原英雄

アリス・ビーン 霧矢大夢
キャロライン 菊地美香
ケイト・マクゴーワン 小南満佑子
ケイト・マーフィー 屋比久知奈
ケイト・ムリンズ 豊原江理佳  ミセス・ビーチャム 須藤香菜

アイダ・ストラウス 安寿ミラ 
イシドール・ストラウス 佐山陽規
スミス船長 鈴木壮麻

素晴らしいミュージカル!
シンプルで感動的、1回目こそあまり泣きませんでしたが
2回目、3回目と回を増すごとに涙なみだ

3回目など冒頭から泣いてましたからね^^;

どのキャストも歌がうまい!!
聞かせてくれます
それがコーラスなんかされた日にゃ、身体にどか〜〜〜んと響いてきて
頭じゃなくて身体にどか〜〜〜ん!なんですね(意味不明ですネ・笑)

貴重なダイジェスト映像です
















ほんとにCD出してほしい!

大好きな安寿ミラさんのアイダ・ストラウスは、一等客でありながら
夫イシドールと共に死ぬことを選んだ女性
ラスト正装しその時を待つ夫妻のデュエットは涙なしには見られません!

アリスとエドガー、ビーン夫妻は身につまされますね
上昇志向強く夢見がちな妻アリスと一見粗野だが妻を愛するエドガー
私も主人を大切にしなきゃと改めて思ったりしました

若い駆け落ちカップル、チャールズとキャロライン
美男美女でしたね。相葉さんは「35歳の高校生」で数学の先生役でしたよね。歌がとても上手なのでびっくり!菊地さんは可愛い*^^*

機関士バレットは藤岡さんの当たり役だと思います!
煤で汚れた衣装の熱唱があんなに似合う人いません!
初演で歌声に惚れてCDまで買っちゃいましたから♪

通信士ブライドとのシーンは愛すべきシーン!大好きです。

内気そうなブライドがいい仕事されてました。何度も氷山の報告をしては
無視されていて・・・船長のばかあ〜〜

・・・・・
最近、ブログのアップロードがうまくいかないので消えてしまわないうちに
このあたりで一度アップします

FREE TIME SHOW TIME〜君の輝く夜に〜の番宣で
稲垣吾郎さんが「シブ5時」にご出演

インタビュアーはクリス・松村さん

チラリとお稽古中のヤンさんが映ったので
トリミングしてみました

イメージ 1

お美しいです。。。

昨夜はAbemaテレビでまさかの浴衣のヤンさん
吾郎さんとの人力車ツーショットは
美男美女の京デート
眼福でした

安寿ミラさんの大ファンなものゆえ失礼しました!

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事