ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1

夕立  みずかみ かずよ
 
夕立がきた
あつい空気が
じゅっと

けむりになった

レンガべいの上を
大きなアリが
うろうろ
夕立がやんだ
せみたちが
びーんと
いっせいに羽をふるう
木の幹はたたかれて



小林麻央さんの訃報が入って、「南無阿弥陀仏」と声の仏さまが、この口にあらわれてくださった。三十四歳というご生涯。学生時代からフリーアナウンサー時代、そして市川海老蔵さんの御連れ合いとして、笑顔が印象的な女性であった。私と同い年の明石家さんまの番組で、お姉さんと共に注目され、スポットライトの中を駆け抜けられた印象である。病に倒れられてからは、「熱く」生きられ、「じゅっとけむりになった」よう、旅立たれた。お念仏は、阿弥陀さまの願いの声。私たちの迷いをうち破り、「生老病死」をこえて生きぬく力を与え続けていくよというお名乗り。煩悩のままに時に泣き(鳴き)時に怒り時に笑う、我利の私が誰かを思う利他の私へと育てられていく。その光に今、まれているのだなあと、はっと気づけば蝉時雨。

今月の法座 ぜひおこしください。
○常例法座 12日() 午後二時〜四時 
 長谷川毅正師(西成組・西教寺住職)
〇聞法の会 22日(土)午後一時〜三時 
 「新説親鸞聖人伝」 住職 
☆寺Café  同   午後三時〜四時 五〇〇円 host: 田畑裕美
○お朝事 各午前七時半〜八時半 正信偈六首引・和讃繰読み 法話

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 宗教行為は、相対的な外部からは非日常行為である。 例えばイスラム圏の社会なら、5度の礼拝は日常風景である。 しかし、一般的な日本人から見れば、それは特別な光景となる。 普段は見えないコミュニティを現前に創出させて、一つには疎外感・孤立感を生み、一つには、自分の帰属すべき集団を想起させる。 そしてそのいづ ...すべて表示すべて表示

  • 『行信学報』で、堅田玄宥さんが 「伝道教学」という提示を、丁寧にしてくださっている。 私は教学の徒ではないので、堅田さんのような引証はないのだが。 僧侶として活動するとき、ずっと同一方向のことを実践してきたつもりである。もちろん、失敗も多くしていて後悔も多いけれど、「伝道」ということをここで少し書き置い ...すべて表示すべて表示

  • ファシリテーター講座案内

    2017/3/15(水) 午後 10:33

    「じゅげむ」大人の寺子屋・人権教育ファシリテーター 共催研修1 「わたし、あなた、そしてみんな〜価値観を共有する」  実施要項  宗教法人壽光寺のミニホール「じゅげむ」と人権ファシリテーターとの共催で、以下の講座を開催します。 記 1.共 催:宗教法人壽光寺「じゅげむ」と       人権教育ファシリテ ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事