ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

京都弁護士会所属のA弁護士の非行に対し懲戒申請を出し綱紀委員会でAの行為は非行
であるとの決議が出てただ今懲戒委員会で審議中

さて 橋下弁護士も訴訟の中で言っているように弁護士が懲戒処分を受けても
弁護士業界内できまりが悪い程度であると

業界内の広報誌「自由と正義」に1回掲載されるだけだ。
しかも最後の方に小さく載る程度

私たちが弁護士に仕事を依頼する時など懲戒を受けたのか懲戒中なのかさえ
わからない仕組みになっている。

戒告ぐらいは蚊に刺された程度と思っている。

それでは、我々は何を基準にして弁護士を選ぶのか
最低限懲戒処分を受けたぐらいの情報は欲しいのものだ。

そこで仮称 悪徳弁護士検索センターを開設しようと思う
今はブログですがデータを集めてHPにして検索もできるようにしたいと思います。

そうです。ネットで公開されれば永久に消えないのです。
業界内部でしか見られないものを公開して一般人でも弁護士が何をしたか分かるように
するのです。
お仕事減っても知りません。自業自得です。

弁護士会のHPの弁護士検索にも懲戒処分の有り無しなどの情報も公開するよう要請しましょう。

弁護士さんよく情報公開 情報公開と言いますがあなた達のところが一番遅れているのですよ

とりあえず。2007年8月9月10月の弁護士懲戒情報を読めるようにしました。
過去の分は情報がないので図書館で閲覧して一覧表にしたいと思います。

こんなことは本来弁護士会が情報公開していかなければならないのですが
我々一般人と被害者側からやっていきましょう

 NPO法人化も考えていきましょう

懲戒の出し方や私の懲戒の実録も掲載していきます。
ちょっとお時間ください

悪徳弁護士検索センターの名前はイマイチですね〜
良い名前がありましたらコメントによろしく

日弁連発表 公告2007年8月9月10月弁護士懲戒処分情報
http://crown.main.jp/tyoukai.pdf

弁護士職務基本規定
http://crown.main.jp/bengosikiyaku.pdf

弁護士法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html#1000000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

この記事に

  • 顔アイコン

    懲戒処分情報、これで誰でも簡単に知ることができますね。
    ありがとう! 削除

    [ 一本道 ]

    2007/11/5(月) 午前 0:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事