ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

イメージ 1

又また・大阪弁護士会の悪事です

「金融屋が刺しに行く」 弁護士から3億円恐喝、男に懲役14年

弁護士から6年間で3億円脅し取った男に懲役14年

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200808150086.html
2008年8月15日
 弁護士から3億円余りを脅し取ったなどとして、恐喝と詐欺の罪に問われた自称医療機器販売業、月岡靖憲被告(55)=兵庫県西宮市=に対し、大阪地裁は15日、求刑通り懲役14年の判決を言い渡した。笹野明義裁判長は「6年間、ありとあらゆる陰湿な脅迫行為を尽くした犯行は常軌を逸しており、悪質極まりない。被害は単純に金額では表せない」と述べた。

 判決によると、月岡被告は00〜06年、知人男性の債務処理を請け負った大阪弁護士会所属の弁護士富田康正被告(59)=業務上横領の罪で実刑判決を受け、控訴中=に「処理に不手際があった」などと言いがかりをつけ、弁護士の事務所にファクスを送りつけるなどして414回にわたり計約3億1200万円を脅し取った。富田弁護士は依頼者7人から預かった遺産や保険金計3億7200万円を着服し、月岡被告に渡す金に充てたとして、大阪地裁で懲役9年の判決を受けた 

確かに弁護士を脅した被告も悪いが脅されるような事をした
弁護士はどうなんだ
依頼者からの金を自分のために使った
そこを脅されて被告に金を払った
弁護士のすることではない
法的に対処すればよいがそれが出来ない
それが弁護士のすることかい・・・


2006年12月20日
冨田康正元弁護士が逮捕された時の大阪弁護士会会長の談話
http://www.osakaben.or.jp/web/03_speak/seimei/danwa061220.pdf

この年、大阪弁護士会は4人の逮捕者を出しました
こんな業界他にありますでしょうか
司法書士、行政書士などこんなに逮捕者はでません

法律でメシ食ってる弁護士連中がこの有様です。。。
そして誰も責任とってないのです。
会長談話で終わりです・・・

ではこの依頼者から金を取った弁護士が懲戒処分を受けているか
というとまだ受けていない
たぶん今後もない

逮捕されて実刑を受けたため弁護士資格は剥奪になり懲戒処分の
対象ではない
大阪弁護士会は元会員だから処分はできない
もう弁護士ではないので処分しないという態度だ。
逮捕された時の弁護士会会長さんの談話で終わりである

そんな業界である


2006年12月21日の朝日ニュース
顧客の財産5900万円を着服 容疑の弁護士を逮捕
 顧客から管理を任された相続財産約5900万円を着服したとして、大阪地検特捜部は20日、大阪弁護士会所属の弁護士富田康正容疑者(57)=兵庫県宝塚市=を業務上横領容疑で逮捕した。富田容疑者は容疑を認めたうえで、「複数の顧客から預かった計数億円を着服した」と供述しているという。特捜部は富田容疑者の事務所(大阪市北区)などを家宅捜索し、着服金の使途の特定を進めている。
 同会所属弁護士の逮捕は、衆院議員の西村真悟被告(58)=弁護士法違反罪などで公判中=ら昨年11月以降だけで計5人に上る。富田容疑者は西村被告の弁護団のメンバーに入っていた。
 調べでは、富田容疑者は、同県内の女性(故人)が夫(同)から相続した財産の管理業務を委託されたことを悪用。05年1〜2月、財産を保管していた銀行口座から現金計約5900万円を勝手に引き出すなどして着服した疑い。今年10月、女性の遺族が特捜部に告訴していた。
 同会によると、遺族が今年10月、同会綱紀委員会に富田容疑者の懲戒処分を申し立てたため、同会側が20日に富田容疑者を直接聴取。同日午後、着服の事実を認めた富田容疑者に小寺一矢会長らが付き添い、特捜部に出頭したという。逮捕後に会見した小寺会長は「会員の逮捕が相次ぎ誠に遺憾。会員倫理の徹底と確立に向け、一層の努力を重ねていく」と語った 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事