ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

2008年12月に懲戒処分を日弁連より公告して発表された弁護士
12月は1人だけでした(写真は日弁連)

懲戒処分された弁護士
坂本昌史 登録番号 24063 東京弁護士会
東京都千代田区神田錦町1
弁護士法人アーバンフォレスト
懲戒の種別  業務停止3月 

懲戒処分要旨
(1)被懲戒者は懲戒請求者A社の顧問であったが2005年10月31日ごろA社から債務整理を依頼されたしかし被懲戒者はA社の了解を得ないままA社の債権者の一部である5社に対して利息制限法の許容範囲を超えて同債権者らが主張する金額をそのまま支払った。
(2)被懲戒者は同年12月1日A社の債務整理の処理に際しA社の代表取締り役である懲戒請求者Bに対する説明を尽くさず、真意の承諾を得ないまま振出人欄にA社の名前と並んでBの署名を代行し同人の実印を押印して額面2700万円の約束手形を振り出してA社の債権者であるC社に振り出した
(3)被懲戒者は同月8日A社から解任され同月12日預かり金全額をA社の新たな代理人弁護士へ振り込み返金するように求められたが事前の説明も了解もなく報酬額1774万5000円を請求しA社らの了解を得ず預かり金から同請求金額等を控除した額を返還した
上記被懲戒者の各行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を
失うべき非行に該当するものである
処分の効力の生じた日
2008年7月9日
2008年12月1日  日本弁護士連合会

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事