ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

答弁書偽造で谷口弁護士を処分 広島弁護士会


 民事訴訟を起こしたいと依頼してきた男性に提訴したと、うそを言い、被告側の答弁書を
偽造して渡したとして、広島弁護士会は二十二日までに、広島弁護士会所属の谷口玲爾弁護士(61)
を業務停止二カ月の懲戒処分とした。決定は二十日付。

 同弁護士会と谷口弁護士らによると、谷口弁護士は二〇〇六年、広島市内の男性から沖縄県内の銀行を相手に預金の返還を求める訴訟の依頼を受けた。那覇地裁あての訴状を作成したが、提訴していないのに提訴したと男性に告げ、被告側の答弁書を偽造して渡したという。

 谷口弁護士は、訴訟費用として男性から百万円を受け取ったが、既に返却したという。

 谷口弁護士は「訴訟は男性の元妻の預金の返還を求める内容だった。委任状が必要で待っていたが、男性に早く提訴するよう迫られて『訴状は出した』と言ってしまった。答弁書の件も事実で、弁護士として、してはならないこと。信用を傷つけてしまい申し訳ない」と話している 
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200905230103.html

懲戒請求人の方よく頑張りました
この程度の非行は普通1回目つまり初犯であれば過去「戒告」でした

仕事の依頼を受けて裁判してますとか答弁書出しましたとか
ウソつく弁護士は過去多数あります
ひどいのは裁判所の受付印を偽造した弁護士もおりました

私が今、大阪弁護士会に出しているのも事件ほったらかし弁護士
事件が済んでるのにまだ相手が応じませんなどとウソをつく

広島弁護士会の綱紀委員会も世間では当たり前程度の懲戒処分を出してくれました
訴訟費用や着手金を返した場合で業務停止まではお目にかかれません


大阪のT法律事務所、見てますか

自分が依頼されたことしなかったり、ウソまでついてまだ裁判してますと
そして「着手金返して欲しければ裁判せよ」とまで言ったが
ほかの弁護士は自分がミスしたら金と謝罪はしてるんだぞ
人間として最低源の良識があるなら
着手金を返して謝りなさい。今からでも遅くない


懲戒処分された弁護士
氏名 谷口 玲璽 (れいじ) 広島弁護士会所属
広島市中区
まこと法律事務所 


まあ今回の懲戒とは関係ございませんが
あの光市母子殺害事件でちょっと太った弁護士覚えていますでしょうか
今枝仁弁護士もこちらの事務所におられます。


懲戒処分の詳細は秋ごろに自由と正義に掲載されます 

この記事に

  • 顔アイコン

    甘い処分ですね。相変わらず。独立した自治だから何やってもこの程度なんでしょうかね。先ごろ私も紛議調停で成功報酬支払い拒否の申立しましたが、運よく和解金振込み口座を私名義にしたので二回目の呼び出しで決着しました。因みに申し立ての理由は、準備書面を依頼人にすべて書かせたと言う、ほとんど職務放棄に近い内容でした。 削除

    [ あいこ ]

    2009/5/23(土) 午前 11:17

    返信する
  • 顔アイコン

    あいこさん、こんにちわ
    処分はこの程度です。今回の処分は重いほうです
    弁護士会の紛議調停で勝った人は少ないのですがよくぞ
    勝利を納められました。すごいですよ(拍手)
    まともな弁護士なら不必要な労力なのですが・・・

    弁護士自治を考える会

    2009/5/23(土) 午前 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    有難うございます。今度で二度目ですが、前回は業務上横領で6800万の被害にあり懲戒請求と刑事告訴(特捜部)し、一部時効の金額もありましたが700万ほど時効から逃れたため3500万で和解とともに懲戒申立の取り下げをしましたが、それでも弁護士会は業務停止2年としました。今回の紛議で特に感じた事は、調停委員の弁護士が私の味方についてくれ非行弁護士に着手金の一部返却するよう求めてくれた事が大きな励みになりました。訴訟過程から紛議に持ち込もうと考えていたので相手弁護士へのFAXは疑問、不満を明確に記し、和解骨子案も裁判官に直接手渡し和解金振込口座も自分宛てし、着々と紛議に向けて駒を進めました。でも一番驚く事は、この弁護士、労働センターの代表になったんです。信じられますか、こんな輩が支配する司法とは。最近、元特捜検事、元弁護士、現在受刑者でありある事件の公判中でもある方に手紙を書きました。内容は自分の事件とその方の事件の比較にたいする事ですが、真実も事実も踏みつられると言うがあるといいたかったのです。私は生理的に弁護士は嫌いなようです。 削除

    [ あいこ ]

    2009/5/23(土) 午後 1:30

    返信する
  • 顔アイコン

    本来懲戒は取り下げはできません。言葉の上ではありますが
    取り下げをしてもしなくても弁護士会は処分しなくてはなりません
    取り下げして謝罪して弁償すれば少しは処分が少なくなります
    業務停止2年は懲戒処分の中では最高です
    はっきりいって自分からやめたらどうですかという処分でしょう
    私の記憶ではたぶんあの人かなと想像できます
    弁護士というのは片方では素晴らしい事をいいます
    人権、女性問題、DV、冤罪事件等々しかしその片方でめちゃくちゃ
    なのがたくさんおります。
    先日の金沢の弁護士も反戦平和運動のリーダーでした
    DV担当の弁護士が女性をホテルに誘ってとか。
    表と裏の顔がほんとうに激しいです
    もう事件は終わったようですね。こんなブログで思い出したくも
    ないでしょうが。時々お越しください

    弁護士自治を考える会

    2009/5/23(土) 午後 3:50

    返信する
  • 顔アイコン

    >時々お越しください

    了解です

    [ min*re4* ]

    2009/5/24(日) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    市民窓口と苦情相談は、意味をなしません。そもそも弁護士も人の子多額の金額が代理人である自分の口座に振り込まれたら、もう自分のものなんです。依頼人も弁護士まかせにせず自ら勉強しなければ、騙されます。書面での報告を常にさせ、電話で済ませず、打ち合わせを兼ねて事務所に行く事です。こいつ、騙せないという雰囲気を弁護士に持たせないと、事務処理はいい加減になりがちです。だってこちらは、素人なんですから。 削除

    [ さむ ]

    2009/5/29(金) 午前 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    仰るとおりです
    依頼人も勉強しないとダメだと思います
    またいいご意見お聞かせください

    弁護士自治を考える会

    2009/5/29(金) 午前 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    医者と弁護士は選び間違えると命取りになります。両者共、専門用語をお使いになり、人の質問に嫌な顔をし都合の悪い箇所はやたらと早口にと、まあこんなもんですね。弁護士の笑顔は着手金受領する消える傾向にあります。 削除

    [ mina ]

    2009/5/30(土) 午前 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    minaさんこんにちわ
    懲戒申立をして私が綱紀委員に質問したら
    「ここはあなたの質問に答える場所ではありません」と
    怒られました

    弁護士自治を考える会

    2009/5/30(土) 午前 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    委員になる弁護士にもよるのでしょうか。私の場合は、申立の内容は結構精査してくれましたし、相手方弁護士の評価もここだけばなしでしてくれました。それと訴訟過程での代理人による戦略、戦術についても、私は尋問でせめたかったと意見を言うと、調停委員の弁護士も「私もそう思う、反対尋問も依頼人と想定しリハーサルをくりかえす」と答えてくれた時は、この先生と民事を戦いたかったと胸が熱くなりました。最後には、「あなたの社会正義を貫くには、懲戒請求もありますが」とアドバイスもくれました。まだ若い弁護士でしたが、紛議調停をして得た感動でもあります。 削除

    [ あいこ ]

    2009/5/30(土) 午後 2:08

    返信する
  • 顔アイコン

    あいこさんこんにちわ
    私のところには不満だらけの報告しかないですが
    良かったですね〜珍しいですよ
    たぶん京都ではなさそうですね

    弁護士自治を考える会

    2009/5/30(土) 午後 3:14

    返信する
  • 顔アイコン

    第二東京弁護士会です。同じ東京でも東京弁護士会は、態度が悪く不愉快な思いをした経験があります。但し、第二の市民窓口の弁護士は「あなた、そんなに弁が立つんだから直接代理人に直訴したら」と検討はずれな意見を述べていました。そして私が「和解勧告日なのでこれから裁判官に会う」と言うと「このままの状態で裁判官と話しをすると、心証が悪くなよ」と余計な一言を言っていました。あなた達の理解のなさが原因だと言いたい気持ちを抑えトボトボと地裁に向かったあの去年の夏を思いだします。何に我慢し、何を許すのか、それこそ訴訟の意義てなんだろうとまで考えさせられた許しがたい私の代理人でした。許せない 削除

    [ あいこ ]

    2009/5/30(土) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですか二弁ですか
    やはり嫌な目にも・・
    なんで市民窓口の弁護士や紛議の委員、綱紀委員は苦情を言ってきた
    人間を馬鹿にしたことを言うのでしょうね
    一般企業では苦情こそが財産だという会社もあり
    丁寧な扱いをします
    弁護士業界だけはほんとうに頭が高いですね
    私も『私も忙しいんだ!ましてこんなことはボランテイアでやってるんだ!あんたに付き合ってられない』
    と綱紀委員に言われたことがあります
    その方はただ今どっかの綱紀委員長しておられます。。。

    弁護士自治を考える会

    2009/5/30(土) 午後 5:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事