ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

 
201110月 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要旨   東京弁護士会 佐藤正勝弁護士の懲戒処分
 
べテランですが過去に懲戒処分ナシですが一発で除名となりました
【簡単な内容】
依頼者から4100万円借りる。50万円しか返済せず。
 
 懲 戒 処 分 の 公 告
東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受けたので懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 佐藤正勝 登録番号 12109    東京弁護士会
事務所 東京都文京区本郷1  佐藤法律事務所                    
2 処分の内容        除 名
3 処分の理由
(1)(1)被懲戒者は依頼者である懲戒請求者Aから仮処分の保証金として1000万円を預かったが2006128日に15万円を供託したが残金985万円を返還せず、200994日に本訴で敗訴した後、1000万円全額について何度も返還の約束をしたり、紛議調停手続きで和解が成立したにもかかわらず。20101119日まで返還しなかった
(2)(2)被懲戒者は20021225日頃、依頼者である懲戒請求者Bに代わって借地権の売買代金を受領したものの、自己の報酬を差し引いた残金4900万円をBに速やかに返還せず、一部返還後の残金のうち3000万円について200431Bとの間で準消費賃貸借契約を締結した。
さらに、被懲戒者は2007年から2008年にかけてBから新たに合計1100万円を借り入れBからの借入合計4100万円のうち50万円を返済したのみで残り4050万円について返済しなかった
(3)被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力を生じた年月日
 2011718日   2011101日   日本弁護士連合会
 
  
         

 

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事