ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

弁護士が裁判員と会話…違法と地裁が措置要請

 東京地裁立川支部の裁判員裁判で被告の弁護人を務めた畑江博司弁護士59)が、公判の合間に裁判員に接触し、会話を交わしていたことがわかった。
 裁判員への接触は裁判員法で禁じられており、東京地裁は19日、懲戒処分を含めて措置を講じるよう所属先の東京弁護士会に要請した。
 問題があったのは、強盗致傷罪などに問われた安西光洋被告(25)の裁判員裁判。被告は12日の初公判で、通行人に暴行し金品を奪うなどした起訴事実を認め、16日に懲役9年(求刑・懲役12年)の実刑判決を言い渡された。
 地裁などによると、畑江弁護士は14日昼、同支部の喫煙室で相手が裁判員であることを知りながら会話した。
この裁判員は「評議の雰囲気を聞かれた」と説明したという。同支部に対し、畑江弁護士が裁判員への接触を認めて謝罪するなどしたため、弁護人、裁判員ともに解任はせず審理を続行した。
(以上読売新聞)
 
弁護士と闘うです
ほんとうにゆるい弁護士、緊張感のない弁護士の多いこと
昨年末には東京弁護士会の刑事専門のパブリック事務所が誰でも閲覧可能なメーリングリストを
開設して裁判員裁判の裁判員の名簿や判決文を公開したばかりだ
その前には裁判員裁判でこの制度が不法であるような弁論をした弁護士がいた
さて、この弁護士はみなさんはどう思われますか?
① 単なる嬉しがり 大阪でいうイチビリ
② 依頼人、被告人のために弁護人として裁判員の評決を探り出そうとした
③ 確信犯。裁判員裁判制度はこういう問題があるから止めようという方向持っていきたかった
 
私は①
 
さてこの報道で東京地裁が東京弁護士会へ懲戒処分などの措置を取るように求めたとあります
東京地裁、裁判所が懲戒請求者となれるかどうか?
行政庁、裁判所は懲戒請求者にはなれないと判断すると弁護士会の弁護士懲戒手続の実務に記されている
地裁の裁判官が裁判官の肩書で個人的に懲戒請求者となった場合は意見が分かれる
 
それでは、東京弁護士会が懲戒処分をするかというと、弁護士会が懲戒請求者になるというのは
可能で非弁提携など多くの処分例がありますが、今回はどうでしょう
おそらく戒告程度でしょうね
 
畑江弁護士
 
法と民主主義 けっこう左翼、畑江弁護士
 
 
 
 

  • 顔アイコン

    読売頑張ってるやンけ
    じーちゃん

    [ azz*ssx* ]

    2012/3/20(火) 午前 0:43

    返信する
  • 顔アイコン

    お兄さんと言え

    弁護士自治を考える会

    2012/3/20(火) 午前 0:51

    返信する
  • 顔アイコン

    凶悪犯の罪を軽くする為に、あらゆる事を尽くしている弁護士が、裁判員に何を語りかけたか気になる所です。

    弁護士の懲戒制度もそうですが、「弁護士が罪を働いたとき、被害を受ける者の痛みは非常に大きい」にも関わらず、弁護士が受ける罰は非常に小さいです。

    凶悪犯を弁護している弁護士が、裁判員を脅しかねない様な状況は放置してはならず、地裁は刑事告訴出来るならば速やかに告訴、出来ない仕組なのであれば、「裁判員を精神的にも守る」事を大前提として、法改正すべきです。

    mukaicom

    2012/3/20(火) 午前 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    接触を禁じてるんだから、、タバコ、会話 買収 駆引きアリにお願いします それが弁護士のお仕事 法廷の嘘よりなんぼか
    被害者の突っ込みに使えます 弁護士の王道! 実際作為的に裁判員を選んでいるとしか思えない事例だってあると思うしそれで量刑、判断がそれほど変わる例を聞かない 刑事事件に裁判員制度自体無理がある 陪審員制度との違いをみなさん考えてください!!
    裁判官のリードが強すぎなんです

    [ max**ger ]

    2012/3/20(火) 午前 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。

    大阪でいうイチビリ・・・?

    hiroka

    2012/3/20(火) 午前 10:56

    返信する
  • 顔アイコン

    絶対にあってはいけないこと。

    規律やルールを守らない弁護士は、それなりの処分があるべきであり、弁護士だけが庇い合いし、擁護されるのは、おかしいです。

    裁判員制度の中で、このような行為をした弁護士の処分を
    明確にすべきです。☆

    きぼう

    2012/3/20(火) 午後 1:29

    返信する
  • 顔アイコン

    「弁護士が裁判員と会話…違法と地裁が措置要請」

    3月19日 夕方の日本TVのニュースで報道されてましたね。
    正直、驚きました。

    何が驚きかというと、こんなクズのような事案が報道されたことに驚きました。

    そもそも、裁判官と弁護士が法廷外で電話で話しをすることなど当たり前の時代に、なぜ裁判員と会話したくらいで報道されるのか、不思議でした。(←少し皮肉が入ってます)

    私も、ある新聞記者に裁判官と弁護士が法廷外で電話による協議について証拠ビデオを送りましたが、まったく反応がありませんでしたけど・

    そのビデオは、判決前に裁判官と弁護士間とで電話で判決金を幾らにするか・と言った会話の内容を収録したものだったのですが・・世間のメディアは興味が無いようでした。

    要するに、直接会って会話したことがいけなかったのですね。電話で会話すれば問題なかったのでしょう。(←皮肉含む)
    そして、それが裁判官ではなく裁判員であったことが報道される要因になったということでしょうね。

    つまり、裁判員制度反対派にとっては格好の餌食だったのでしょう。

    [ 正義の道を往く ]

    2012/3/21(水) 午前 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    正義の道を往く さん

    この弁護士は深い意味もなくタバコ吸ってる時に話しかけたと
    あります。
    それくらいはいいのではないかと言う意見もありますが
    逆にそれくらい緊張感もなくゆるい弁護士だということだと私は
    思います
    深い意味はない。これで大勢の被害者が出ています

    弁護士自治を考える会

    2012/3/21(水) 午前 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    きぼうさん

    ほんとうに絶対にあってはならないことですね

    弁護士自治を考える会

    2012/3/21(水) 午前 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    hirokaさん

    イチビリは調子に乗ってとか、慎重さに欠けるとかの意味です

    弁護士自治を考える会

    2012/3/21(水) 午前 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    max**gerさん

    民事こそ裁判員制度が必要だと思います
    家裁の調停員制度や調査官の制度は事件処理と事なかれ主義
    ですのでこちらも改革が必要でしょう

    弁護士自治を考える会

    2012/3/21(水) 午前 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    mukaiさん

    裁判員法というのがあります
    先日の裁判員リストを公開した弁護士がいました
    これは刑事罰になります

    弁護士自治を考える会

    2012/3/21(水) 午前 11:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事