ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

イメージ 1
 

大阪府警が弁護士逮捕 無資格団体があっせん疑い

 弁護士資格がないNPO法人から過払い金返還請求訴訟の事務のあっせんを受けたとして、大阪府警捜査2課は20日、弁護士法違反(非弁護士との提携)の疑いで、大阪弁護士会所属の弁護士山口康雄容疑者(63)=大阪市中央区=ら4人を逮捕した。
 4人の逮捕容疑は2010年3〜4月、弁護士資格がないNPO法人の職員から、債務者数人の消費者金融業者に対する過払い金返還請求訴訟の事務を紹介され、受任した疑い。
 大阪弁護士会に「希望をしていないのに、弁護士から過払い金返還請求を勧める通知を受け取った」との苦情が相次ぎ、発覚。同弁護士会が昨年3月、同法違反容疑で府警に告発した。
 
NHK大阪ニュース
山口弁護士らは、元社員らが以前勤務していた消費者金融から持ち出した名簿に載っていた、少なくとも300人の多重債務者の紹介を受け見返りに報酬を支払っていた疑いがあるということです。
警察は、弁護士らが元社員らを利用して多重債務者を集め「過払い金」の返還請求で多額の報酬を得ていたとみて調べています。
 
 
弁護士と闘う!
逮捕になりましたのでお名前が出ました。この方ならまあしょうがないでしょうね
大阪弁護士会の懲戒処分が甘すぎます。
 
弁護士・今年の逮捕者 
 
 
懲戒処分検索センター
検索キーワード 山口康雄
 3 件該当しました。
 
弁護士氏名: 山口康雄
登録番号
18541
所属弁護士会
大阪
法律事務所名
日本アルプス法律事務所
懲戒種別
業務停止2
懲戒年度
20021
処分理由の要旨
不動産仮差押事件受任したが依頼会社が会社更生法申立で仮差押事件の委任は解除されたが取り下げしなかった
 
弁護士氏名: 山口康雄
登録番号
18541
所属弁護士会
大阪
法律事務所名
日本アルプス法律事務所
懲戒種別
業務停止1
懲戒年度
20034
処分理由の要旨
弁護士報酬でもめる。説明不足、予納金を預かったが納めず破産事件却下になる
 
弁護士氏名: 山口康雄
登録番号
18541
所属弁護士会
大阪
法律事務所名
日本アルプス法律事務所
懲戒種別
業務停止2
懲戒年度
20042
処分理由の要旨
地裁から破産管財人に選任されたが処理が遅いし説明が不十分
 
 
日本アルプス法律事務所
 

  • 顔アイコン

    毎年業務停止を受けていましたね。^^

    笑うしかない業界ですが、笑えない悲しさが有ります。

    弁護士界は腐っていますが、弁護士を処分することは所属弁護士会しかできない事を改善しないとどうにもなりませんね?

    [ ブルベリー ]

    2013/2/20(水) 午後 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    仏の顔も4度までが多いですが

    第一東京は7回もありです

    弁護士自治を考える会

    2013/2/20(水) 午後 11:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事