ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

2014年弁護士業界 ベスト10
今年のさまざまな事がありました。2014年『弁護士と闘う!』が選んだ
弁護士業界2014年ベスト10(順不同)
あくまで私の個人的感想です
 

①懲戒処分者108名 ☆新記録

1月から12月26日までの懲戒処分者は大台の108名になった。
昨年の98人から一気に10名も増えました。来る2015年は更なる記録更新に向けて頑張って頂きたいものです。
 

②宮本孝一弁護士(一弁)弁護士法違反・1審懲役1年執行猶予3年

3月に東京地検特捜部から事情聴取を受け在宅起訴となった懲戒処分8回の宮本孝一弁護士、1審判決を量刑不当だと控訴、自分で弁護士法違反を
認めていますから無罪にはならないでしょう。NPOに弁護士名義を貸して高額な名義料を毎月取っていたというとんでもない行為ですが所属の一弁は実際は知っていたと思います。8回も懲戒処分を出していたのですから。たぶん恥ずかしくて9回目の懲戒処分は出せないと思います。有罪判決確定で弁護士資格喪失で登録抹消でしょう。
 

③比嘉正憲弁護士【沖縄】のトンデモな事件処理

沖縄のベテラン弁護士の比嘉正憲弁護士。司法試験を受けていない沖縄独特の布令弁護士。米軍が問題を起した時の米軍側の弁護士。
米軍基地の売却を受け3億円の売買金額で約1億円をフトコロに入れた。
依頼者は贈与税を預かってもらっただけで返却して欲しいと裁判に
比嘉弁護士は途中から1億円は弁護士報酬だと言いだした。
また相続事件で相手方3人に清算金を支払う時に弁護士報酬を差し引いて
振り込んだ。相手方からの抗議で比嘉弁護士は相手からも報酬は取れるんだ法律にあると豪語。かれこれ1年になるのですが沖縄弁護士会はこの
米軍御用達弁護士には何も言えない。懲戒処分もない。またこのニュースは沖縄の新聞社2社しか報道しなかった。
 

④佐藤博史弁護士(二弁)赤っ恥・PC遠隔捜査事件

イメージ 1
 
冤罪事件でお馴染みの佐藤博史弁護士。また冤罪事件だ!私に任せなさいと受けたがまんまと騙された。先生かなりお怒りのようで依頼者に悪魔呼ばわりした。懲戒処分(戒告)も受けさんざんな1年だった。
 

⑤トリベン三木先生。いいところなし。スタッフ細胞事件

あの理研の小保方さんの代理人になったトリベン三木先生(大阪)
謝罪はお任せの弁護士だったか先生色気が出たのか闘う姿勢に!
結局は小保方さんのいう通りのスタッフ細胞はできなかった。
所詮文句を言うだけの弁護士が科学者と闘おうなんというのはとんでもないことだったのか?(あくまで個人の感想です)
 
イメージ 2
 
大阪弁護士会のマスコットトリベンを推進された三木先生
 
イメージ 3
 

⑥ 名物弁護士次々業界を去る

長野の竹川進一先生、千葉の羽賀宏明先生、東京の保持清先生
昨年は兵庫の西村義明先生も業界から旅立たれました。
 

⑦ 神田のカメさん業務停止1月の懲戒処分

神田のカメさんこと太田真也弁護士が8月に業務停止1月の懲戒処分を受けた。盆休みのひまな時でしたが15件の裁判が延期となった。2ちゃんねるの削除屋さん時代の非行でしたが、逆に仕事も増えた。本来懲戒を受けたら仕事が減るのだけど。いい勉強になったと思います。今後の弁護士生活に活かしましょう
 
イメージ 4
 
ジャーナリストの津田氏にカメさんが土下座をして謝罪したという演出の動画を投稿された。あまり笑えない動画でした。
 

⑧笠井浩二弁護士(東京)名人芸の業務停止5回目

5回の懲戒処分がすべて長期の業務停止、笠井先生が初めて懲戒処分を
受けた時から5回目の懲戒処分が明ける来年5月まで約90か月ありますが
そのうち75か月がお休み。もう笑うしかない。弁護士会費が払えずに退会命令が出たのですが先生やっと支払って退会命令が業務停止6月になった。その処分が明けるまでに5回目の業務停止10月が出た。(来年の5月まで)来年の5月にまた業務停止でも出ようものなら東弁のイジメしかないが期待したいと思います。
 

⑨ せっかく逃げ込んだケアハウスから別荘へ

関根栄郷弁護士(二弁)81歳が依頼者から預かった2000万円を横領した事件、懲役3年の実刑となった。どこも報道しませんでしたが関根弁護士、最後に都内の高級ケアハウスに事務所を移転されました。もちろんお住まいもケアハウスだと思います。事務所を移しましたが電話は呼び出しでFAXもありません。ケアハウスに逃げ込めば安全だと思ったのでしょうか?高級ケアハウスから別荘にお移りになりました。
 

⑩「弁護士と闘う!」名誉毀損で弁護士から訴えられる

離婚事件で「韓国人に会わせる子どもはないわ!」と元夫に言ったので
2年ほど前ブログに書いたら名誉毀損だということで訴えられました。
日弁連が送りこんだ武闘派の刺客!!小川正和弁護士(一弁)!
2回目の裁判が12月10日にありました。3人の裁判官の合議になっています。私もブログに書いたことは認めていますので後はこのブログが公益性のあるものだという立証をしていかねばなりません。
懲戒処分検索センター・弁護士自治ウオッチャーの活動を中心に弁論をしていきます。
小川弁護士は「韓国人に会せる子どもはないわ」と言ったことで元夫から懲戒請求を出されていましたが棄却となりましたので私はそんなことは言っていないという主張になりました。弁護士が暴言を吐けば必ず懲戒処分になるんだということを述べておられますが、懲戒請求を出して処分にならないことの方が多いのです。具体的に証拠は山ほどありますのでこのブログ開設以来の集大成として書いて行きます。
 
『てめえ!×▼□〜〜』
小川弁護士は調停の場で元夫に向かって「てめえ!△×□〜」と大きな声を
上げました。元夫は小川弁護士から『てめえ!』と言われた。自分に向かって言われた。小川弁護士は『てめえ!』はヤクザの仁義を切るときの「手前生国と発しまするところ」のてめえ!だから自分で自分のことを言ったのだと述べておられます。まあどちらにしても調停の場で大きな声を出すこともおかしなことなのですが・・・・
争いの少ない裁判ですが、この「てめえ!」がどういう意味なのかと争点にまりました。
 
小川正和弁護士に感謝申し上げます。
 
次回から被告の金ちゃん(離婚で韓国人には会わせないとか『てめえ』とか言われて今回の名誉毀損で訴えられた一人)の代理人に太田真也弁護士が就任します。小川先生も私も代理人ナシの裁判ですが、当時者への尋問になりましたので代理人が必要になったのです。
 
『弁護士と闘う!』が事件を太田弁護士に紹介しているのではないかと
言われているようですが過去太田弁護士にお願いしたのは2件くらいです
あとは、依頼者の方が直接連絡して事件依頼をしています。
 
ということで小川先生が訴えていただいたおかげで東京地裁の法廷で
カメさんと私が並ぶことになったのです。ありがとうございます
 
法廷デビューです。1月21日(水)東京地裁610号 午後1時10分
 

 
 
 本年はまことにありがとうございました
 来年もよろしくお願いいたします
 

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事