ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示


弁護士が依頼人を裏切っても戒告処分しかありません。
懲戒処分例
(1)スピード違反裁判の弁護人「機械ではかっているのだから間違いない」

 懲戒を受けた弁護士 堺 和之 登録番号 24315  京都弁護士会
懲戒の種別  戒 告
処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は2006年の公務執行妨害被告事件における弁護人であったが被告人が公訴事実の一部を否認しているにもかかわらずそれを認める弁論をしたまた、被懲戒者は被告人に対し検察官取調証拠の同意不同意の意味について十分な説明をせず全部同意し、後に被告人の意思で被告人質問が実施されたが自らは被告人質問を求めないなど不利な弁護活動を行った


(2)被懲戒者は2006年の横領被告事件における被告2名の弁護人であったが、被告人らが横領行為の対象となった動産の所有権の帰属という犯罪の成否にかかわる根本問題を争っているにもかかわらず1回打ち合わせをしたのみで書証の謄写もせず第一回公判期日にのぞみ弁論においては被告人らが争っている動産の所有権の帰属の問題は何も触れず、また被告人らへの証拠内容についての説明も行わないまま検察官取調請求証拠も全部同意した
(3)被懲戒者は2005年の道路交通法違反被告事件における弁護人であったが被告人が速度につき公訴事実の一部を否認しているにもかかわらず、検察官取調請求証拠について被告人に対し書証に同意することの意味を説明せずに全部同意し、公判廷において「機械ではかっているから間違いない」等と発言し、被告人に不利な弁護活動をおこなった
(4)略  処分の効力の生じた日   2009年1月23
2009
51日  日本弁護士連合会

 
(2)被告人が無罪を主張、弁護人が有罪の控訴趣意書提出
 
1 懲戒を受けた弁護士 香川県弁護士会
氏 名  佐 藤 利 男 登録番号        34929
事務所  高松市高松町  佐藤利男法律事務所
2 処分の内容          戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は被告人Aの控訴審における国選弁護人に選任されたが20111018Aが無罪を主張しているのにもかかわらず、実質的にAが有罪である旨の主張を含む控訴趣意書を裁判所に提出した
4 処分の効力を生じた年月日
 201322020136月1日   日本弁護士連合会

(刑事弁護の心構え)第四十六条
 弁護士は、被疑者及び被告人の防御権が保障されていることにかんがみ、その権利及び利益を擁護するため、最善の弁護活動に努める
 
(3) 依頼人の秘密を暴露

 1 懲戒を受けた弁護士
氏名 豊 島 哲 男 登録番号 18529  大阪弁護士会
事務所  大阪市中央区北浜3豊島・亀井・和氣法律事務所
2 懲戒の種別  戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2003年4月15日ころ市会議員であった懲戒請求者から懲戒請求者の運動員らの選挙違反事件の弁護を受任し、その報酬として金2000万円を受領したがこの金員は懲戒請求者のあっせん収賄事件の賄賂として贈賄側から出損されたものであった
2006年6月20日懲戒請求者は上記選挙違反の弁護報酬2000万円のあっせん収賄事件で逮捕され被懲戒者は同事件につき弁護を受任した
被懲戒者は検察庁から再三にわたって上記弁護士報酬について事情がわかる上申書を書いてほしい、上申書が提出されないなら取り調べ調書を作成する旨の連絡を受けた。そのため2006年6月29日被懲戒者は懲戒請求者に対し上記弁護士報酬についてその経過を上申書で提出するがよいか、その上申書は裁判の証拠にもなる旨の説明をしたが上申書の文面ないしその具体的内容を懲戒請求者に示さないまま真摯な同意を得ることなく上申書を提出した。上記上申書の内容は懲戒請求者等の自白と概ね合致するものの、その補強証拠となるものであり、また懲戒請求者の賄賂の認識を認定する間接事実を多数含むものであって、被懲戒者が職務上知り得た秘密に該当するものであるからこれを検察庁へ提出するには具体的に説明して懲戒請求者の真摯な同意を得ることをようするものであった被懲戒者はこれを怠ったものであり被懲戒者の上記の行為は弁護士職務基本規定第46条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分の効力の生じた日
2009年8月31日
2009年12月1日  日本弁護士連合会

 
(4)無罪だったけど、ほんとうは違うんだよね
1懲戒を受けた弁護士  野崎研二  11310 第二東京
2処分の種別      戒告
3処分の理由の要旨
被懲戒者は2003520日に発行された単行本の執筆部分において依頼人Aが殺人等事件で控訴審で逆転無罪となった後に別の殺人未遂等事件を起こして有罪判決の宣告を受けた経緯を概説し、逆転無罪となった事件もAが真犯人であったかのような記述を行った。また被懲戒者は記事として週刊誌に掲載。公表されることを認識しながら記者に発言し週刊誌の200523日号に単行本と同内容の記事が掲載された。元弁護人が判決確定後であっても無罪判決に対して疑問を差し挟むような被告人にとって不利益な言動を行うことが許されることとなれば、弁護人と被告人らとの信頼関係の確立が困難となり、ひいては刑事弁護制度の存在を根幹から揺るがす結果となり同制度の公正円滑な運用を阻害する(以下略)
4処分の効力の生じた日 200666日 200691
 
(5)被告人の意に沿わない弁護人 クスリのくまさん
1 懲戒を受けた弁護士   久万知良   22374
2 処分の種別    戒告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は1998318日ヘロイン密売容疑で逮捕された懲戒請求人の弁護人となり、同人の第一審判決言渡まで弁護活動を行ってきたものであるが、懲戒請求人が容疑事実を頑強に否認し、絨毯の販売をしていたに過ぎないと主張していたにもかかわらず、求刑通りの刑が言い渡されれば懲戒請求者に酷な結果になり同人が可哀想であるとの考えのもと、第一審公判で被告人である懲戒請求人の意に沿った無罪の主張を裏付ける弁護活動をしなかった
4処分の効力の生じた日 2001111日 日本弁護士連合会
 
(6)未必の故意ではなく確定的殺意の犯行であったと弁護人
1 懲戒を受けた弁護士    武部富男  10257
2 懲戒の種別     戒告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は1999413日懲戒請求人Aに対する現住建造物等放火、殺人、殺人未遂被告事件の控訴審の国選弁護人に選任されたところ、Aが放火を認めるものの殺人についての故意を否定して殺人の未必の故意を認定した一審判決を事実誤認として最後まで争いたいとの意向を表明しているのにAに殺意がなかったと主張して原判決を打ち破ることを不可能と考え、事実を認めて刑の軽減をはかる努力をすべきであるとの判断のもと、Aの言い分や弁解を真剣に聴こうとせず、Aからの第1回公判前の再度の接見要請にも話が合わないし事態を紛糾させるとして一切応じず、第1回公判の弁論において「弁護人としては被告人は確定的殺意で犯行を行ったと考えていますので未必の故意を認定した原判決には事実誤認があります」と発言したものである。
4処分の効力が生じた日 2001531200191日日本弁護士連合会」
(7)私は無罪といったはずだ
1処分を受けた弁護士    湖山  久 16669 第一東京
2懲戒の種別  戒告
3処分の理由の要旨
被懲戒者は詐欺事件の被告人5人中、懲戒請求人を含む3名の弁護を受任し懲戒請求人らとの間で、罪状を認め情状を立証するとの方針を打ち合わせたが199825日の第1回公判期日の罪状認否において、受任した3名のうち懲戒請求人を除く2名が公訴事実を全面的に認めたのに対し懲戒請求人は詐欺の故意も共謀もなかったとして陳述したのであるから、その段階で改めて懲戒請求人の真意を聞き従来の弁護方針を再確認するべきであったのにそれを怠り、従来の情状を立証するとの方針に変更がないと漫然と考え、書証の取り調べにすべて同意したものである
4処分の効力が生じた日200151日 200171日日本弁護士連合会
 
(8)無罪と言ってるのに〜
1懲戒を受けた弁護士 藤本健子 13720 第二東京
2懲戒の種別   戒告
3懲戒の理由の要旨
被懲戒者は懲戒請求者にかかる邸宅侵入、覚せい剤取締法違反、業務上過失傷害、道路交通法違反および窃盗の各被告事件の私選弁護人であった。
しかしながら被懲戒者は20001016日の公判における最終弁論において、懲戒請求者が否認して争っていた覚せい剤所持については罪状認否と同じ主張を繰り返したのみで懲戒請求者の弁明供述に沿う証拠に基づいた具体的な無罪弁論をせず、また、懲戒請求者が否認して争っていた邸宅侵入については有罪を認める旨の弁論を行い、さらに情状については懲戒請求者に宛てた私信をワープロで打ち直し、これに懲戒請求者に署名させたものを弁論要旨に添付して朗読させるというのみでこの余の懲戒請求者に有利と思われる情状について弁論を行わなかった。もっともこのような弁護活動が直ちに判決の事実認定及び量刑について懲戒請求者に不利益に働いたということはなかった
4処分の効力が生じた日 2004年  623日 101日日本弁護士連合会

(9) おれの考えは違う!
懲 戒 処 分 の 公 告
 
1 処分を受けた弁護士氏 名 西山司朗 登録番号15089
香川県高松市紺屋町5 
西山司朗法律事務所
 
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2010年10月1日懲戒請求者らから損害賠償請求事件を受任し2011年11月25日に訴訟を提起したが懲戒請求者らが被懲戒者の行った調査結果に不満を持ち更なる調査を要望したにもかかわらず、懲戒請求者らに対し、主張立証方針について十分な報告と説明を行わず、懲戒請求者らの意向を尊重した立証方法の協議、調査等の訴訟活動を行わなかった。また、被懲戒者は懲戒請求者らの意思に反する証人尋問申請や証拠提出等を行った。
4処分が効力を生じた年月日 2016年4月13日
2016年8月1日 日本弁護士連合会

(10)ここまでやるか!
 懲戒処分の公告
1 懲戒を受けた弁護士  京都弁護士会
 氏 名 岩 章浩  登録番号 49819 事務所  京都市下京区中堂寺南町134 HERO法律事務所        
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は、弁護人を受任した建造物侵入被疑事件及び窃盗被疑事件の被疑者Aから、子である懲戒請求者に現金を差し入れてもらうよう連絡を取ってほしい旨の依頼を受けたが、懲戒請求者の戸籍の附票の写しや住民票の写しを取り寄せて住所を調査した上で手紙を郵送するなどの方法を取ることなく、2015年10月22日Aから懲戒請求者の子Bらが通うと聞いた小学校宛てに、小学校の関係者には、懲戒請求者の実父であり、Bらの祖父でもあるAが、上記事件の罪で逮捕され、警察署に留置されている事実を推認することができる内容の文書を送付し、懲戒請求者らのプライバシーの権利を侵害した。
 4処分が効力を生じた年月日 2017年4月19
2017年8月1日 日本弁護士連合会


(11)依頼者の希望の業務をせず逆に依頼者の不利になることを行った
石井晋一弁護士(神奈川)34582 戒告 処分日2017年5月22日

(12) まともな刑事弁護をしなかった。 土橋伸吾弁護士(福井)37549 戒告 処分日2017年10月25日

https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36581603.html

(13) 依頼者の会社を裏切り自分と関係ある会社に設けさせた
村岡徹也 第二東京 39230 業務停止1年 処分日2017年12月15日
https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36621740.html



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事