ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

2017/3/28 18:53神戸新聞NEXT
兵庫県弁護士会所属の堀江幸弘弁護士が虚偽の判決文を作成していたことを説明する兵庫県弁護士会の米田耕士会長(中央)ら=神戸市中央区、神戸司法記者クラブ            
 兵庫県弁護士会所属の堀江幸弘弁護士(37)が、民事訴訟の判決文を2通偽造し、依頼者に送っていたことが28日、分かった。提訴の手続きを怠ったのがばれないよう偽造したとみられ、同会は同日、綱紀委員会に調査を求めた。
 堀江弁護士は2012年11月に同会に登録。今年3月20日まで加西市の法律事務所に所属し、現在は神戸市中央区に個人事務所を置いている。
 同会によると、堀江弁護士は13年7月ごろ、土地所有権の名義変更を求める訴訟を依頼されたが、提訴手続きを放置。依頼者に判決文を提示するため、パソコンで判決文を偽造し、今年3月10日ごろ、依頼者らにファクスで送信したという。
 偽造された判決文は2通あり、それぞれ神戸地裁社支部と大阪高裁の実在する裁判官名を記載していたが、書記官名や印鑑はなかった。
 依頼者は3月中旬、同支部で訴訟が起こされていなかったことを確認。堀江弁護士も23日、同会の米田耕士会長(60)に報告し、問題が発覚した。「なかなか手が付けられず、(依頼者に)虚偽の説明を繰り返すうちに偽造してしまった」と説明したという。
 米田会長らは28日に会見し、「司法の根幹を揺るがす重大な事態で、深くおわびする」と謝罪。堀江弁護士は依頼者から着手金を受け取っていたが、同会は「返還したかどうかは答えられない」としている。

引用 神戸新聞

弁護士自治を考える会
弁護士がやってもいない裁判の判決文を偽造したり、裁判提起したと裁判所の受領印を偽装したケースは過去に多くあります。
【やってる!やってる詐欺!】です。
やってもいない裁判で負けたと勝手に控訴した弁護士もおります。訴訟提起していないのに相手方の準備書面を偽造した弁護士もおりました。交通事故で補償金の金額の数字を別の数字にして判決文に貼り付けて差額を懐に入れた弁護士もおりました。
依頼者は弁護士に任せっぱなしにしてはいけません。たまには裁判所に傍聴に行くか裁判所に問い合わせをするべきです。

兵庫県弁護士会は「司法の根幹を揺るがす重大な事態」と謝罪されましたが、過去、似たケースで横領、着服がなければ除名になることはありません。会が懲戒請求を行ったようですが、本気で司法の根幹を揺るがす事態とお考えであれば会が刑事告発をするべきです。

堀江幸弘弁護士!そんな弁護士はおらんゾ

兵庫県弁護士会の弁護士氏名の発表が違います。日弁連弁護士検索で堀江幸弘という弁護士はおりません。旧姓?の大槻幸弘でしか検索にでてきません。
いつ旧姓に戻したのでしょうか?
兵庫県弁護士会の世間を欺くやり方です。念入りに弁護士と打ち合わせをしたんでしょうね。今はやりの「忖度」ですか?


弁護士情報は2017年03月26日現在のものです

43465弁護士大槻 幸弘兵庫県

会員情報

氏名かな氏名性別事務所名郵便番号事務所住所
おおつき ゆきひろ
大槻 幸弘
男性
加西法律事務所
6752311
兵庫県 加西市北条町横尾313-1 A・NOVA SANWA BLDG.402

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事