ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示


<立憲民主党>セクハラ報道の青山議員に無期限党員資格停止

2017/10/26(木)2毎日新聞               
立憲民主党は26日の執行役員会で、26日発売の週刊文春でセクハラが報じられた青山雅幸衆院議員(比例東海ブロック)を無期限の党員資格停止処分とする方針を決めた。衆院の会派にも参加させない方針。
 青山氏が代表を務める弁護士事務所の元女性秘書が青山氏からセクハラを受けたとの記事で、青山氏は「私の認識とは異なる部分があるものの、傷つけたとすれば申し訳なかった」との声明文を出した。青山氏は衆院静岡1区で敗れ、比例復活で初当選した。

引用 ニコニコ

弁護士自治を考える会
議員になってからのセクハラではなく、弁護士の時のセクハラ行為です
議員になったので懲戒処分は出しにくいかもしれませんが、弁護士会として、法曹倫理、女性の人権を護る立場として、何もしないわけには
いけないのではないでしょうか

青山弁護士の党員資格停止に替りまして、W不倫疑惑のヤメ検が立憲民主に!

山尾氏、立憲入党へ 党憲法調査会事務局長に起用で調整】
朝日デジタル 2017年10月27日
http://www.asahi.com/articles/ASKBV64W1KBVUTFK00Y.html
 衆院選で愛知7区から無所属で当選した山尾志桜里・元民進党政調会長(43)が、「立憲民主党」に入る意向を固めた。近く支援者と協議し、最終判断する。立憲は、検事出身で憲法にも造詣(ぞうけい)が深いことから、党憲法調査会の事務局長に起用する方向で調整している。

日弁連弁護士検索

イメージ 1

2017 総選挙結果  弁護士だけの開票速報

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事