ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

大量懲戒請求 弁護士脅迫調査委員会ご案内 

『弁護士と和解した方々へ 経緯の証拠保全を』
 
当会ブログでは 書庫 『大量懲戒』 を設置しています。
また、弁護士とは縁もユカリもない方(初めて弁護士と接した方も・・含めて)向けに、書庫Holidays』 もございます。情報の一端としてご参考までに。
 
書庫 『大量懲戒』 

書庫 『Holidays  

 


イメージ 1


 
 

過 去 の 懲 戒 例

過去の弁護士懲戒請求に関して、『懲戒相当』 とする議決書の中には・・
『 “記者会見は訴訟提起・主張等々と同じ弁護士正当な業務行為” である旨は独自の議論に過ぎず』
真実と信ずるに相当の理由があるに至るまでは,マスコミ発表を避けるべき
 
本件大量懲戒請求では、“ 捜査機関に何の手続きもしていない ” 事件化前(被害実態不明) “仮“ の犯罪として、刑事告訴に触れ大手マスコミが公表 しています。
 
社会性・公共性に対する関与が無く、もしくは大変薄く、弁護士個人の利益(民事※金銭)回復には多大な貢献なる報道を大手マスコミが関与したなら、更に別途大きな課題・問題を発するのではないでしょうか。
 
 
 

弁護士の通知以外で和 解を知り応じた方々へ

今回の大量懲戒請求問題で、対象弁護士からの直接的な通知文(代理人含む)で、和解なる手段(方法)を知り、そして応じた方々は、本件ご案内は不要です。
また本案内は、あくまでも今後に備えるべく、調査委員会からのアドバイスです。
必ずしも、何らかのセーフティネット効果を確約するものではありません。
 
弁護士が訴訟を提起する旨を直接通知(郵便など書面通知)し、その過程で和解等案内することは、いわば弁護士業務です。(記載内容の如何は別の問題)
弁護士業務である以上、当然、以後も責務も負います。
 
しかし今回、一部の弁護士(被害者とする)は、訴訟提起そしてその和解について、個々に通知せず、当事者自ら申し出させる方法を行っていました。

本案内は 『 弁護士からの直接通知で和解(手段)を知った方 以外の方 』 が対象です。



イメージ 2



和解を知った経緯の証拠保全を

今回の大量懲戒請求問題による弁護士側からの争い提起について、弁護士全対象者の全被害(とする)を纏めた内容で、提訴・和解等々が進行しているものでは有りません。今回の問題、至る和解についても、その対象弁護士とのいわば個々契約(賠償)みたいなものです。
 
誰々弁護士と和解したから、今後、他弁護士からの賠償責任は負わないで済む・・で無いことは、昨今の情報からもご存知かと思います。
くわえて、一部の弁護士主張に鑑みれば、この “責任” は、個々金銭賠償に限ることができません。
 
そこで、(被害があるとする)対象弁護士から直接的(法定代理人含む)な連絡が無いにも、和解について 自らが 弁護士に申し出て、和解締結した方々、以下の内容を確保しておくことをお勧めします。
 
  対象弁護士が 訴訟提起 を考えていること を知った経緯
 
  対象弁護士が 和解(案) を公表していること を知った経緯
 
これらに関わる 『情報源(発信元)』  『発信内容(情報)』 について、ネット上であれば、その当該WEB内容を印刷もしくはキャプチャ(画面保存)しておきましょう。
※可能な限り “ 印刷(PDF変換でも可)” をお勧めします。
 
当会調査委員会でも、ある程度は把握し必要な範囲に応じて、保全しています。
しかしながら、和解に応じた方々個々の事情が、とても大切です。
 
何か問題を発してから、情報を集めようとしても、既に削除されていたり、見つからない状況に陥り、自らの根拠(主張)裏づけ が出来ない場合も多々ございます。
 
無駄になるかもしれませんが、反省を示し和解に応じたのですから、その経緯を確保することもお忘れなく。


イメージ 3


 
 

本件 虚偽告訴とした 弁護士発信 ご提供お願い

本件が刑事事件である 『虚偽告訴』 に該当する(可能性が高い 含む)旨、当該弁護士自らが公表(誰でも見られる状態・知りえる状態)している SNS などの発信情報(URLやキャプチャデータなど)をご存知 の方、どんな 小さな書き込み でも構いません。是非とも情報をお寄せください。
 
また、当会調査委員会も一部は保持しておりますので、あれ?消されている?なる情報(SNS名、発信者名、発信していた(と思われる)おおよその日付など)もございましたら、ご提供のほどお願いします。
 
                                         
                      
             弁護士自治を考える会
616-8218 京都府京都市右京区常盤出口町12−6
Email for_fairly@yahoo.co.jp
 東京事務所  FAX  03 (4330)6171


イメージ 4



以上

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事