ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

イメージ 1

■65歳弁護士また懲戒処分

依頼された返済代行業務を怠ったとして、京都弁護士会(三野岳彦会長)は3日、同会所属の島崎哲朗弁護士(65)を業務停止3月の懲戒処分をしたと発表した、処分は3月28日付
同会によると島崎弁護士は2008年複数の消費者金融業者の債務があった京都市内の男女2人から債務整理を請け負ったが13年8月頃から約1年間、職務を怠り、約26万円の損害を発生させたという。
島崎弁護士に対しては昨年夏にも依頼者に借金をして返済しなかったとして業務停止1月の懲戒処分を受けている。同会によると、他にも依頼者との間で金銭トラブルが生じているといい調査している。

弁護士自治を考える会
島崎弁護士は3回目の懲戒処分となりました。

島崎哲朗弁護士 登録番号22769  島崎法律事務所
京都市中京区夷川通

過去の処分の要旨と報道

□ 京都弁護士会が戒告処分 2017年10月19日

京都弁護士会は19日、依頼者からの預り金口座などの照会に応じなかったなどとして、同会所属の島崎哲郎弁護士(64)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は14日付
弁護士会によると2010年以降、「預り金を清算してもらえない」「借財を求められた」などとする島崎弁護士との金銭トラブルが同会に多数寄せられた。同会は12年に同弁護士と面談し13年以降に複数回、預り金の入出金状況の照会や依頼者からの預り金の報告を求めたが、現在も回答がないという。
以上京都新聞朝刊  2017年10月19日

懲 戒 処 分 の 公 告 自由と正義 2018年2月号

京都弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 処分を受けた弁護士
氏 名          島崎 哲朗
登録番号         22769
事務所          京都市中京区夷川通高倉東入る        
             島崎法律事務所            
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は、2006年3月頃、懲戒請求者から債務整理を受任し返済資金を受領した上各債務者に対し返済していたが懲戒請求者から、委任契約の解除、債務整理の資料の返還、債務者との合意書の開示等を求める旨の2014年8月28日付け及び9月4日付けの手紙の送付を受けたにもかかわらず、返済資金の送金が遅れる旨のいつもの手紙であると軽信して開封せず、2015年4月に懲戒請求者が被懲戒者を被告として提起した、預けていた資料等の返還を求める訴訟において2016年3月24日に裁判上の和解が成立するまで、債務整理に関する資料を返還しなかった。
(2)被懲戒者は所属弁護士会から2015年11月25日付け照会書兼呼出状により日本弁護士連合会の改正前の預り金等の取扱いに関する規程第9条による照会を受け、預り金口座の入出金の金額、使途等の照会事項について同年12月4日までに文書により回答するよう求められるとともに、同月7日の調査期日に出席するよう求められたにもかかわらず、回答期限までに文書による回答をせず、更に何の連絡もなく上記調査期日に欠席し、その後1年以上何の対応もしなかった。
(3)被懲戒者の上記(1)行為は弁護士職務基本規程第36条及び第44条に、上記(2)の行為は預り金等の取扱いに関する規程第10条に違反しいずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護
士としての品位を失うべき非行に該当する。
4 処分が効力を生じた日  2017年10月14日
2018年2月1日 日本弁護士連合会

その後、2017年12月25日に別の報道がありました。

依頼者からの預り金着服か 京都弁護士会が調査開始


 京都弁護士会は25日、同会所属の島崎哲朗弁護士(64)が依頼者からの預り金約40万円を着服した疑いがあるとして、処分に関して調査を始めた、と発表した。依頼者への未返済の借金なども3件あり、同会は「被害が拡大する恐れが明白で、緊急の必要性があるため公表した」とした。
 同会によると、島崎弁護士は2014年12月、離婚事件を受任していた京都市内の60代男性に600万円の借金を依頼し、裁判終了時の報酬金や実費に関する保証金名目で100万円を借りた。報酬金などを控除した残りの一部については返済したが、約40万円を返済しなかったという。
 同会綱紀委員会の呼び出しに応じないため、依頼者への借金の要求と、着服が懲戒処分事由に当たるとして懲戒委員会で処分を判断する。
 同会の調査では、依頼者2人への借金約220万円が未返済のほか、受任した債務整理事件で債務者に払うべき180万円が未払いという。同会は10月、預り金口座の照会に応じないとして、島崎弁護士を懲戒処分にしている。
(2017年12月25日の京都新聞の報道)

 
懲 戒 処 分 の 公 告   2018年10月号

京都弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 処分を受けた弁護士
氏 名          島崎 哲朗
登録番号         22769
事務所          京都市中京区夷川通高倉東入る百足屋町146               島崎法律事務所
            
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は、2014年、懲戒請求者から離婚等請求事件を受任したが、特別の事情がないにもかかわらず、同年12月30日依頼者である懲戒請求者から100万円を借り入れた。
被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規程第25条に、に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4 処分が効力を生じた日 2018年7月11日
2018年10月1日 日本弁護士連合会

(2019年4月4日 京都新聞朝刊)


イメージ 2














開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事