ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

記事検索
検索

全1098ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

弁護士の懲戒処分を公開しています

「日弁連広報誌・自由と正義」2018年12月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告、大阪弁護士会・中西裕人弁護士の懲戒処分の要旨
 
4回目の懲戒処分となりました。過去の処分
自由と正義2013年12月 戒告  怠慢な事件処理
自由と正義2014年6月  戒告  事件放置
自由と正義2017年12月 業務停止3月 事件放置 
そして今回、2018年12月(4回目)が戒告 弁護士会費108万滞納です。

自由法曹団、左翼の活動家として有名な弁護士です。

「自由法曹団通信1065号」
有事法制阻止大阪支部の活動に関する中間総括について

【非核の日本つくろう!非核の政府を求める総会】
(抜粋)事務局長の中西裕人弁護士が当面の活動方針を提案。核兵器持ち込みの密約問題は、「過去の情報公開」という程度の問題ではなく、非核三原則の重大な蹂躙(じゅうりん)だと指摘。抗議文を政府に送り、密約の廃棄と非核日本を目指す運動を強めようと呼び掛けました。
 
非核の政府を求める会】
 
『日本反核化法律家協会』
 
【日本原水協】

大阪弁護士会は自由法曹団の弁護士には甘い処分ですが、逆に、こういう処分をくだしていることで、弁護士の信頼が無くなるのではないでしょうか、他とくらべても、この弁護士だけ処分が甘いのはいかがなものかと思います。

弁護士会費滞納での懲戒処分、滞納額と懲戒処分 「弁護士自治を考える会」
弁護士が毎月支払う会費は、所属弁護士会の会費、日弁連の会費、他に
会館設立の積立金等で毎月3万5000円〜5万円を払います。
登録換えをした場合には10万円の入会金を取る弁護士会もあります。
会費滞納で懲戒処分を受けた例です。懲戒処分理由がいくつもある場合ではなく、会費滞納単独の懲戒処分例です。滞納される方は参考にしてください。大阪では2018年12月会費30か月滞納しても返済すれば戒告という事例が出ました。

弁護士会  滞納月数  滞納金   処分   処分日

佐賀   27か月   182万円 退会命令  2013年10月

一弁   41か月   160万円 業務停止2月 (返済)16年7月

福岡   15か月   72万円  業務停止2月(返済)16年6月

東京   59か月   223万円 退会命令   16年1月

沖縄         147万円  業務停止3月(返済)15年11月

東京   41か月   157万円  退会命令  15年4月

兵庫 【入会金10万】 65万円  業務停止2月(返済)15年8月

二弁  35か月   136万円  退会命令   15年5月

栃木  18か月   136万円  業務停止3月(返済)11年7月

千葉  37か月   200万円  退会命令   14年3月

東京  32か月   119万円  退会命令  13年8月

大阪  60か月   232万円  退会命令  13年2月

一弁        96万円   退会命令(逃亡)15年

札幌  21か月         戒告(返済) 10年5月

東京  36か月  266万円   退会命令  10年7月

大阪  64か月  248万円   退会命令  10年9月

大阪  52か月  225万円   退会命令  10年10月


東京  26か月  101万円   退会命令 17年3月
たった26カ月で退会命令。ただし被懲戒者は札幌から登録換えしてから1回も払わなかったという理由です。


東京 23か月 86万4700円  退会命令  17年5月
23か月分の滞納で退会処分は最短となりました。しかし、この弁護士の場合は行方が分からずということで早目の処分だと思います。

一弁 38か月 137万   退会命令   18年2月

一弁 2,013〜2015の間 90万円 業務停止1年 18年2月
返済済でこの処分は他に理由があったと思われます、

千葉 2016年7月から17年3月 52万9200円  業務停止3月 18年5月
過去、一番、少額の滞納での懲戒処分です。

京都 6月分 23万2800円 戒告 18年6月
過去最少の滞納額、しかも滞納を解消したが、約束の期日から6月遅れたから処分、

大阪 30か月分 108万円 戒告 18年12月  中西裕人(大阪)


太い青字は弁護士会費を滞納したが返済しても受けた処分です。
札幌で21か月で戒告がありますが、他は業務停止が付いています。
27か月の滞納で退会命令もありますのでいかに大阪弁護士会が自由法曹団の団員には甘い処分かというのが想像できます。しかも、過去の処分で事件放置した時期と重なります。仕事はしない会費は払わないでも「戒告」とはどういうことでしょうか

4回目の懲戒処分
懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士   氏 名 中西 裕人
              登録番号17540
事務所 大阪市中央石町2  中西法律事務所
2 処分の内容       戒 告   
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2014年3月分から2017年6月分までのうち計30か月分の所属弁護士会の会費並びに日本弁護士連合会の会費及び特別会費合計108万5300円を滞納した。被懲戒者の上記行為は、所属弁護士会の会則第159条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する
4 処分が効力を生じた日 2018年9月25日
2018年12月1日 日本弁護士連合会


3回目の懲戒処分
  
懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士   氏 名 中西 裕人
              登録番号17540
事務所 大阪市中央石町2  中西法律事務所
2 処分の内容       業務停止3月    
3 処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は2015年5月12日、懲戒請求者との間で不動産業者に対する損害賠償請求等について委任契約をしたが、上記委任契約の締結から1年7か月以上経過した2016年12月20日に開催された所属弁護士会の綱紀委員会における被懲戒者の調査期日に到るまで何ら事件処理に着手せず、その後も着手しなかった。
(2)被懲戒者は上記委任契約を締結したにもかかわらず、懲戒請求者に連絡することなく、懲戒請求者から問い合せがあってもこれに対応せず、更に懲戒請求者との面談の約束を反故にし、上記調査期日に到るまで、全く懲戒請求者と連絡を取らなかった。
(3)被懲戒者の上記(1)の行為は弁護士職務基本規程第35条に違反し。
被懲戒者が2013年8月及び2014年3月に戒告の懲戒処分を受けていることを考慮し、業務停止3月を選択する。
4 処分の効力を生じた年月日 2017829
201712月1日   日本弁護士連合会
 
2回目の懲戒処分

懲 戒 処 分 の 公 告
大阪士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
1 懲戒を受けた弁護士氏 名 中西裕人 登録番号17540
事務所大阪市中央区船越町1   中西法律事務所
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は200311月頃、Aの任意整理事件を受任したが、その後Aと協議尾の上、破産申立てを行う事とし2004315日頃懲戒請求者株式会社Bを含む債権者に対し、その旨通知した。被懲戒者は上記通知後破産申立てをせず、2012年以降、懲戒請求者B社からの進捗状況等に関する文書及び電話による度重なる照会に対し、電話で2回、Aに連絡を取る旨伝えただけで、これ以外に文書又は電話による説明をしなかった被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第5条に違反し弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。4 処分の効力を生じた年月日 201435201461日  日本弁護士連合会
 
 
1回目の懲戒処分
懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士氏 名 中西 裕人登録番号17540
事務所 大阪市中央区船越町 中西法律事務所
2 処分の内容      戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は2004428日懲戒請求者から損害賠償請求訴訟事件を受任し同日及び同年928日に弁護士費用及び実費として合計4000万円を預かった。被懲戒者は上記委任に基づき請求総額約35億円の損害賠償請求訴訟を遂行したが2008年上半期に上記実費の支出状況について報告した後、裁判費用の使途明細の報告を怠った。
被懲戒者の上記行為は弁護士職務基本規定第56条第1項に違反し上記各行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。4 処分の効力を生じた年月日 2013826
201312月1日   日本弁護士連合会



 




この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


弁護士の懲戒処分を公開しています。
2018年12 月18日付官報に掲載された弁護士の懲戒の処分公告
201811日より通算89件目の懲戒処分
東京弁護士会・江口公一弁護士の処分公告 



「2018年 官報公告 一覧」


     懲 戒 の 処 分 公 告
弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。
             記
  
1 処分をした弁護士会  東京弁護士会
2 処分を受けた弁護士
      氏 名    江 口 公 一
             登録番号 21159
      事務所    東京都千代田区麹町2-5-4
             敬天総合法律事務所
                               
   
3 処分の内容        業 務 停 止 3 月
4 処分が効力を生じた年月日 平成30年11月28日
  平成30年12月4日   日本弁護士連合会




懲戒処分の情報、報道はありません
日弁連広報誌「自由と正義」2019年3月号あたりまで詳細はお待ちください

江口弁護士は2回目の懲戒処分となりました。
自由と正義 2018年1月号 戒告


(注)日弁連の公表する懲戒処分者数は2018年1月1日以降に効力の生じた日となりますので、今年は11件目までは昨年12月に処分が有効となった処分ですので、日弁連通算は78件です。2019年1月中旬まで2018年に処分が有効となった処分が出ます。
そのため日弁連の公表時期は2019年2月中旬に2018年度を公表します。


この記事に


2018年 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分公告・1月号から12月号まで総数98件 (弁護士法人含む) 

       □処分内容の分類

イメージ 1

 
預り金流用・財産横領   4件
   福岡 法人 業務停止16月 
 東京 法人 除名
 第二東京  除名 
 岐阜     業務停止3
 
預り金の清算が遅い   10件
 東京   業務停止10
 東京   業務停止1
 福岡    業務停止1
 第二東京 業務停止3
 大阪    業務停止3
 茨城     業務停止1
 愛知     戒告
 静岡    業務停止2
 東京     業務停止2
 大阪    業務停止3
 
暴言・パワハラ     6件
  二弁    戒告
  東京    戒告(裁判官に対し)
  静岡    戒告
  愛知    戒告
  兵庫    戒告
  新潟    戒告
 
  
破産事件・債務整理、労働事件の怠慢な事件処理  6件
   東京  戒告
  京都  戒告 
  長崎  戒告
  愛知  戒告
  大阪  戒告
  京都  戒告
 
依頼者・相手に対して嫌がらせ、暴言  6件
  愛知  戒告
  京都  戒告
  大阪  業務停止3
  東京  業務停止3
  福岡  戒告 
  福岡  業務停止3月 
 
遺言執行事件・相続事件   6件
  大阪        戒告
  神奈川 (法人) 戒告
  奈良        戒告
  長崎        戒告
  奈良        戒告
  大阪        業務停止1
 
双方代理   2件
 大阪   戒告
 大阪   戒告

国選弁護人の懲戒処分  法テラス含む7件
  福井   戒告
  東京   戒告
  愛知   戒告
  東京   戒告
  山梨   戒告
  沖縄   戒告
法テラスの処分
 東京    戒告
 
法律事務所公告に関する処分  2件
① 東京     業務停止2
  東京 法人 業務停止2

 弁護士会費滞納 5件
  第一東京  業務停止1
  第一東京  退会命令
  京都     戒告
  千葉     業務停止3
  大阪     戒告
 
 
弁護士報酬、着手金に関する処分  3件
  福岡      業務停止1
  東京      業務停止6
  大阪      戒告
 
 業務停止中の法律業務    5件
 東京      業務停止6
 第二東京    業務停止1
 東京      業務停止2
 福岡      業務停止1
 東京      業務停止16
 
 成年後見人に関する処分  2件
  神奈川    戒告
  第二東京   戒告
 
医療過誤事件に関する処分  2件
  東京   業務停止6
  東京   戒告

  非弁提携  8件

  第二東京   業務停止8
  福岡       戒告
  神奈川 法人  業務停止1
  東京       戒告
  第二東京    業務停止6
  第二東京    退会命令
  東京       除名
  埼玉       業務停止4
 
意思確認なし、無権代理行為   3件
  神奈川   戒告
  千葉    戒告
  大阪    戒告
 

イメージ 2

事件放置   7件
  沖縄   戒告
 神奈川  戒告
 札幌   戒告
 大阪   戒告
 第二東京 戒告
 大阪   戒告
 大阪   戒告
 
守秘義務違反   2件
  神奈川 戒告
  札幌  戒告
 
依頼者から借金   2件
  東京   戒告 100万円
  京都   業務停止1月 100万円
 
未分類  8件

  第二東京 業務停止3月 公訴時効であるのに事件受任
  神奈川 戒告      代理人を通さず相手方と直接交渉
  愛知   戒告     労組の弱体化を図った
  札幌   業務停止1月 タクシーで暴れた。
  福岡   業務停止3月 女性の飲み物に惚れ薬を入れた
  第二東京 業務停止1月  大阪市の職員に不適切なアンケート実施
  東京    戒告     弁護士に懲戒出したら懲戒を出され処分 
  千葉    戒告     公正な裁判をしなかった
 

 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1


日弁連広報誌「自由と正義」12月号が届きました。
弁護士が受けた懲戒処分の要旨、詳細が公告として掲載されています。
写真は1月号です。1年間この表紙でした。2019年はどういう表紙のデザインになるか楽しみです。
本日は一覧ですが、明日からはお一人づつ詳細を記事にします。

弁護士氏名  所属  登録番号  処分      処分日
柴田 収   岡山   40260  業務停止1月  8月17日
協議離婚 強引な和解交渉

中村礼奈   千葉   29701  業務停止1月  9月3日
公正な裁判の手続違反、依頼者の利益にならない

池田崇志   大阪   25875  業務停止3月  9月12日
預り金の返還をしなかった

糸賀良徳  茨城   21507  戒 告     9月13日
顧問弁護士でありながら双方代理

鈴木敬一 大阪   19365   戒 告     9月13日
事件放置 書類紛失 裁判記録を改ざん

中西裕人 大阪   17540   戒 告    9月25日
弁護士会費滞納
 
2018年9月30日 登録人数 39948名

□登録抹消
9月13日 櫻井幸一 18623 岡山 法17条3号
退会命令

9月30日 吉村亮子 30098 千葉  請求

9月18日 太郎浦勇二 15828 東京  請求
相続財産をなかなか返済せず。業務停止2年

ご自身で登録を抹消しました。

今年も1月から12月まで全て懲戒処分の要旨を書きあげました。
明日から、まとめに入ります。

2018年 下半期 自由と正義









この記事に



2018 弁護士 新語・流行語・暴言大賞

 
大 賞   「第三者委員会」
 
何か問題があれば「第三者委員会」を設置、今年はいくつ「第三者委員会」ができたでしょうか、こうなれば弁護士に対する懲戒請求の審査も弁護士が参加しない「第三者委員会」でお願いしたいものです。
 
新 語   「 大 量 懲 戒 」    
 
全国の弁護士会に大量に出された懲戒請求、過去にこれほどの数の懲戒請求はありませんでした。東弁は「簡易棄却」をしてまとめて処理したそうですが、懲戒書で名前を出された弁護士さんよりも、事務局の方の事案の処理が大変だった一年ではなかったでしょうか。
 
2018年 今年の世相を表す漢字一字は「災」でした
災害が多くあった天災の災、人災の災ですが。口は災いの元ともいいます
  
イメージ 1



2018年 暴 言 大 賞 

「ほんなら、表に出て話をするか」と強い口調で述べた。」


□  好例 弁護士今年の暴言、心ない言葉 「自由と正義」より
裁判官をトンチンカン、間抜け
1処分を受けた弁護士氏名 中村忠史 登録番号 22170 処分 戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者はAからAの前の内縁の妻であるBBの前々夫との間の子であるC及びABとの間の財産分与請求事件等の代理人であった懲戒請求者D弁護士に対する慰謝料請求事件を受任したところ、その控訴審で2015年に提出した準備書面において、第一審担当裁判官Eの判断及び訴訟指揮の不当性を訴えるために「トンチンカン」、「間抜け」等といった表現を選択し、その根拠が薄弱であるにもかかわらず、Eが相手方であるBと癒着、違法な裏取引をしている等といった事実を例示した。
また、被懲戒者は、同年、Aから懲戒請求者D弁護士に対する慰謝料請求事件を受任し、その第一審で提出した準備書面において「馬鹿な裁判官だったら騙せると思ったのであろうか」等といった表現をし「速やかに法廷に出廷してこい」、「さっさと回答してこい」といった挑発的言辞を記載した。
処分日20171010日 201811
 
勤務弁護士に対してパワハラのボス弁
1処分を受けた弁護士氏名 佐藤博史 登録番号14247 第二東京
2 処分の内容     戒 告
3 処分の理由
被懲戒者は、被懲戒者が代表を務める法律事務所の勤務弁護士であった懲戒請求者A弁護士に対し、懲戒請求者A弁護士が上記法律事務所を退所すると前に被懲戒者を補助した4件の事務所に関し、歩合制に基づき支払った着手金の一部返還を請求するに当たり、上記事件のうち1件については要返還額が客観的に明らかであったものの、他の3件については要返還額が不明であったにもかかわらず、金額が客観的に確定しているかのごとき前提の下に、2014年、被懲戒者の請求に応じないときは、「破産宣告を申告する」、「就職先の事務所に請求する」、「弁護士生命が断たれるに等しい」旨の懲戒請求者A弁護士に恐怖心を抱かせる可能性が高い言葉を用いたメールを送信した。
4 処分の効力を生じた年月日201791620181月1日日本弁護士連合会


女性蔑視発言
1 処分を受けた弁護士氏名 平塚 雅昭 登録番号22944 愛知県弁護士会
2 処分の内容  戒 告
3 処分の理由の要旨
(1)被懲戒者は、依頼者であった懲戒請求者と交際し、2011年春以降関係が悪化しはじめていたところ、同年4月30日、題部に「あなたから受け取った写真の一部」と記載し、メール本文と明確な関連性がないにもかかわらず、懲戒請求者の上胸部から顔までが未着衣で写っている写真を添付したメールを送信した。2)被懲戒者は、懲戒請求者が2011年5月ないし6月頃に警察署に相談をした件で上記警察署から問い合せの連絡が入ったことを受け、懲戒請求者に対し、警察への虚偽申告を抑止するための警告に続けて「最悪、あんたは逮捕され留置場」、「子供からは『お前なんか親じゃない』」、夫からは、慰謝料、離婚請求されるおそれがある。」等記載したメールを送信した。 2018年1月1日 日本弁護士連合会



司法書士を小ばかにした発言

望月彬史 43146 静岡  戒告  20183月号
https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36588835.html

「法的根拠に基づかない書面」、「流石に内容も含め承服できない」、「弁護士なら『相手もしますが」等と返還請求に対する意見を含み、代理人である懲戒請求者を相手とするのではなく、直接委任者と交渉するという意思表示ともとられる表現がなされ、また法律家ではない素人の司法書士」



裁判所で相手弁護士に『そんなら、表に出て話をするか』
処分された弁護士 高島 健 21476 兵庫  戒告 20186月号


ほんなら、表に出て話をするか」と強い口調で述べた。
 
相手弁護士はヒステリー!
佐賀悦子  25874  神奈川 戒告   
 
弁護士としての倫理観が欠如している」「ヒステリー気味な言動が見られる
 


以上は日弁連広報誌「自由と正義」2018年版からですが、弁護士が相手弁護士、相手方、依頼者、勤務弁護士、担当裁判官に暴言や心ない発言を行っても「戒告」しか処分はありませんから毎年のように暴言は続きます。
来年はどんな暴言、心ない言葉が飛び出すのでしょうか


イメージ 2


弁護士のツイッターから
  
生活保護受給者も殺すしかないですね。

 
 債務整理の相談に来る生活保護受給者で、荒い金遣いをして破産するしかなくなる精神病む生活保護受給というのがけっこういる。 こういう人は生
活保護から抜けられず死ぬまで税金垂れ流しになるのだが、そういう生活保護受給者も殺すしかないですね。



天皇がヘタれて退位したいと言い出した


ゆずすこ  76
 
今日、オウム関連の死刑囚が死刑執行されたのは、来年で平成が終わるからで、来年で平成が終わるのは天皇がヘタれて退位したいと言い出したからで、要するに今日の死刑執行は天皇の退位が原因
 
ゆずすこさんは福岡の女性弁護士、ただ今探しています。
 
頭おかしい、、
 ノースライム @noooooooorth  北周士弁護士
保守派といいますかささき先生とは政治的意見を全く異にする弁護士ですが、今回のささき先生に対する根拠のない懲戒請求は本当にひどいというか頭おかしいと思いますし、ささき先生に生じている損害の賠償は当然に認められるべきだと考えています。

頭おかしい!はアウト


落とし前をつけてもらう、
ささきりょう @ssk_ryo     佐々木亮弁護士

ネット右翼の諸君は相変わらずだなぁ。無邪気に私に懲戒請求してるのも900人くらいるけど落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆


弁護士 暴言、心ない発言での懲戒処分例





この記事に

開くトラックバック(0)

全1098ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事