ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

弁護士の懲戒処分を公開しています
「日弁連広報誌・自由と正義」201710月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・第二東京弁護士会・磯野清華弁護士の懲戒処分の要旨

イメージ 1
 
出ました!「必殺仕置人」または、懐かしの「ハングマン」 

依頼者にすれば、ここまでやって頂ければ感謝、感激ではないでしょうか
懲戒請求者にとってはたまったもんじゃないでしょうが・・・・
 
懲戒処分を受けても、逆に、この事務所にはお仕事が増えるのではないかと思います。相手に事前通知や裁判や調停などせず、一気に決着をつける仕事をしていただける弁護士などはおりません。

今ごろ、「私も、あいつに仕置き!」を、「私もあいつに復讐を!」やってほしいと行列ができているでしょう。
二弁もそこのところは承知で業務に支障がない『戒告』です。
  
 
懲 戒 処 分 の 公 告
  
第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条第1号の規定により公告する
 1 処分を受けた弁護士
  氏名         磯野清華       登録番号 38828
  事務所 東京都港区三田2
         法律事務所 シュヴァリエ
2 処分の内容   戒 告
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は、201511Aから夫Bの不貞行為の相手方である懲戒請求者に対するBとの関係解消請求及び慰謝料請求を依頼され、受任したが、事前に書面等による受任通知を送付することなく、同月13日午後930分から午後10時頃の間に、懲戒請求者の自宅近くの駐車場で待ち伏せするような形で懲戒請求者にいきなり声を掛け交渉を開始し、その後、その者の氏素性を明らかにしないままAが依頼した探偵事務所の調査員及びAをファミリーレストランにおける交渉に同席させ、懲戒請求者の帰宅の要望を拒否し、懲戒請求者に対し、不貞行為を認めて謝罪することAに対する損害賠償として225万円を支払うこと、今後二度とBと連絡を取らないこと、違反した場合は500万円を支払うこと等ことを求め、懲戒請求者はこれを内容とする合意書に署名捺印をした。
 被懲戒者の上記行為は、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。
4  処分が効力を生じた年月日  2017629
 2017101日日本弁護士連合会
 
 
磯野清華弁護士は2回目の処分となりました

開くトラックバック(0)


<立憲民主党>セクハラ報道の青山議員に無期限党員資格停止

2017/10/26(木)2毎日新聞               
立憲民主党は26日の執行役員会で、26日発売の週刊文春でセクハラが報じられた青山雅幸衆院議員(比例東海ブロック)を無期限の党員資格停止処分とする方針を決めた。衆院の会派にも参加させない方針。
 青山氏が代表を務める弁護士事務所の元女性秘書が青山氏からセクハラを受けたとの記事で、青山氏は「私の認識とは異なる部分があるものの、傷つけたとすれば申し訳なかった」との声明文を出した。青山氏は衆院静岡1区で敗れ、比例復活で初当選した。

引用 ニコニコ

弁護士自治を考える会
議員になってからのセクハラではなく、弁護士の時のセクハラ行為です
議員になったので懲戒処分は出しにくいかもしれませんが、弁護士会として、法曹倫理、女性の人権を護る立場として、何もしないわけには
いけないのではないでしょうか

青山弁護士の党員資格停止に替りまして、W不倫疑惑のヤメ検が立憲民主に!

山尾氏、立憲入党へ 党憲法調査会事務局長に起用で調整】
朝日デジタル 2017年10月27日
http://www.asahi.com/articles/ASKBV64W1KBVUTFK00Y.html
 衆院選で愛知7区から無所属で当選した山尾志桜里・元民進党政調会長(43)が、「立憲民主党」に入る意向を固めた。近く支援者と協議し、最終判断する。立憲は、検事出身で憲法にも造詣(ぞうけい)が深いことから、党憲法調査会の事務局長に起用する方向で調整している。

日弁連弁護士検索

イメージ 1

2017 総選挙結果  弁護士だけの開票速報
イメージ 1


弁護士の懲戒処分を公開しています。
2017年10月27日付官報に掲載された弁護士の懲戒の処分公告
201711日より通算87件目の懲戒処分
京都弁護士会・和賀弘恵弁護士の処分公告 

2017年官報に掲載された弁護士懲戒処分公告


       懲 戒 の 処 分 公 告

弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。
             記

1 処分をした弁護士会   京都弁護士会
2 処分を受けた弁護士
      氏名        岡本弘恵
      職務上の氏名    和賀弘恵
      登録番号    50035
      事務所     京都市中京区蛸薬師通烏丸通西入            
            
              みつ葉法律事務所
                    
    
3処分の内容         戒 告
4処分が効力を生じた年月日  平成29年10月8
 平成29年10月13日   日本弁護士連合会

懲戒に関する報道、情報はありません
日弁連広報誌「自由と正義」2018年2月号あたりまでいまちください.
今年に入って5万番代の弁護士の懲戒処分が出てまいりました。
(51252 50035)しかも50035は1人事務所の代表弁護士です。
 



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事