ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫橋下徹弁護士VS大阪弁護士会

弁護士から府知事、市長、維新の会、維新の党の共同代表
そして天敵の大阪弁護士会との闘いの歴史
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

弁護士会が橋下徹氏の処分検討の方針 市長当時の発言で


大阪市は橋下氏が市長だった平成24年、職員およそ3万人を対象に、労働組合の活動や政治活動の経験についてアンケート調査を行いましたが、これについて翌年の平成25年、大阪府労働委員会が不当労働行為とする決定を出し、その後、市の労働組合が起こした裁判でもアンケートの違法性を認める判決が確定しました。

この問題で、裁判を起こした労働組合とは別の組合が「橋下氏は労働委員会からこうした行為を繰り返さないと誓約文を出すよう命じられたのに従わなかった。さらに『大阪市の公務員は何百人もクビですよ』などと違法な発言をした」として、弁護士としての橋下氏を懲戒処分にするよう大阪弁護士会に申し立てていました。

申し立てを受けて大阪弁護士会が「弁護士としての品位を失う行為だ」として、懲戒処分を検討する方針を決めたことが関係者への取材でわかりました
これについて橋下氏の秘書は「今の段階ではコメントできないと話した

引用NHK

弁護士自治を考える会
あけましておめでとうございます。
NHKのスクープのようですが、何も新聞休刊日の新年2日に報道することはないと思いますが、新聞を持っていないNHKの強みかもしれません。このタイミングでの公表はなぜでしょうか。
年末に安倍首相と橋下徹氏が会談をしたというニュースが流れました。憲法改正についての維新の協力ではないかといわれています。

この記事は何を目的にしているのでしょうか、大NHKがこんな記事を書くとは・・・・・

この懲戒処分の記事でおかしなところは
(1)政治家としての発言を弁護士の発言であると処分できるのか?
(2)「6年前の労使関係の発言」とNHKで報道されていますが。6年前の発言であれば、弁護士としての発言であれば既に除斥期間(時効)です。
(3)懲戒処分を検討する・・・という事は既に綱紀委員会の議決を得て懲戒委員会に審議が付されたということになりますが、綱紀の議決が出された時には何の報道もなかったのですか?

(4)NHKは関係者の取材で得たと報道していますが、関係者とは誰ですか、懲戒に関する事は懲戒に携わった弁護士以外に知りません。弁護士の身分に関することでもあります。綱紀委員、懲戒委員、弁護士会役員が懲戒に関することを漏えいしたのであれば、弁護士の守秘義務違反にあたります。懲戒請求者の方からの情報提供であれば、きちんと大阪弁護士会綱紀委員会の「懲戒相当」の議決日を書かないといけませんが

大阪弁護士会が「弁護士としての品位を失う行為だ」として、懲戒処分を検討する方針を決めたことが関係者への取材でわかりました

弁護士会には「懲戒処分を検討」?などという部所などありません。
懲戒処分を下せるのは懲戒委員会しかありません。
懲戒委員会が事前にマスコミに漏らしたということになりますが、

過去に業務停止2月の懲戒処分を受けた時に大阪弁護士会は1日前に報道期間に流し報道各社は橋下氏へインタビューを行いました。
一日前に懲戒処分をばらされた橋下氏は大変お怒りになりました。
そこで、大阪弁護士会長が弁護士会のホームページで会長談話(謝罪文)を公表しました。

今回も同じケースではないんですか

 懲 戒 処 分 の 公 告
1 懲戒を受けた弁護士
氏名 橋下徹 登録番 25196  大阪弁護士会
事務所 大阪市北区西天満3
弁護士法人橋下綜合法律事務所
2 処分の内容              業務停止2
3 処分の理由の要旨
被懲戒者は2007527日テレビ番組において視聴者に、他の弁護士らの弁護活動及び刑事弁護に対する誤った認識と不信感を与え多数人の懲戒請求があれば懲戒の処分がなされるかのような誤った認識を与えた被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。被懲戒者の発言が多数の懲戒請求を惹起したこと刑事弁護及び弁護士会の懲戒請求について誤った認識を与え甚大な悪影響を及ぼしたことを考慮し業務停止2月を選択した。4 処分の効力を生じた年月日
2010年9月17日 2010年12月1日   日本弁護士連合会

懲戒処分を前日に発表されて記者からのインタビューで橋下氏は『大阪の弁護士は道頓堀でケツ出す』『弁護士会長の知能指数は幼稚園程度』『北の新地に行けば下品な弁護士がうろうろしている』と・・橋下氏は爆発してしまいました。


 会 長 談 話
当会会員の懲戒処分言渡前に、その処分内容が、一部マスコミに掲載された。懲戒情報は、会員の個人情報の重要なものであり、弁護士会として厳重な管理がなされるべきことはいうまでもない。当会においてこのような事態が生じたことは痛恨の極みである。当会は、重要な個人情報が漏洩したことについて遺憾の意を表明するとともに、会員に対して陳謝し、また、個人情報保護のため、再発防止のため最善の努力を尽くす所存である。
2010年9月17日  大阪弁護士会会長 金 子 武 嗣


橋下徹氏に懲戒処分が下されれば、過去に、弁護士でもある国会議員がおかしな発言をしたことが多くあります。福井の女性防衛大臣の発言、行列に出ていた弁護士の外国人差別的発言、官房長官時代に原発問題であやふなな発言をした二弁の弁護士、等々、政治の問題で政治家としての発言で弁護士の発言ではないから処分できないという棄却の理由はどうなるのでしょうか。これからも弁護士議員の失言には懲戒請求が可能ということになりますが・・・・

また。今、全国の弁護士会に申し立てられている弁護士会の政治的発言での懲戒申立に日弁連会長が懲戒申立に異議を唱えられましたがこれはどうなりますか。

大阪弁護士会VS橋下徹の闘いは、橋下氏が市長、を辞めて収束かと思いましたが再燃しそうです。





この記事に

開くトラックバック(0)


選挙:大阪市長選 吉村議員ら浮上 大阪維新、来月候補発表

毎日新聞 2015年08月28日 大阪朝刊
 11月22日投開票の大阪市長選で、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は27日、維新として独自候補を擁立する考えを表明した。橋下氏は「地方議員出身者が行政のトップに立つべきだ」と述べ、維新の所属議員から市長候補を選ぶ方針だ。維新関係者によると、元大阪市議で弁護士の吉村洋文衆院議員(近畿比例)を軸に調整するとみられ、9月中に候補者を発表する。 同日に市役所であった定例記者会見で明らかにした


橋下市長の後継者に名前が出てきた。吉村洋文衆院議員
こんないい方は嫌でしょうが、俗にいう橋下チルドレンのひとりです。
2000年登録の弁護士です。
市会議員の経験もありタレントでもなく実務ができるという橋下市長の
求めた基準にクリアしています。
この先、何があるかわかりませんが、おそらく吉村弁護士が立候補するのではないでしょうか
一寸先は闇の政治の世界、明日はどうなってるか

よしむら洋文

よしむら洋文(ひろふみ)
昭和50年大阪府出身。平成10年3月九州大学法学部卒業、同年10月
司法試験合格。
平成12年10月最高裁判所司法研修所終了弁護士登録。
平成23年4月大阪維新の会から大阪市会議員として出馬、当選。
平成26年12月維新の党から衆議院議員として出馬、当選(40歳)。

スター総合法律事務所 登録番号 28290 2000年登録 

やしきたかじん氏の代理人であったとの報道もありました。

イデアで何かあったのだろうか



この記事に

開くトラックバック(0)

<橋下徹氏>「大阪維新を国政政党化」…党分裂に現実味

毎日新聞 8月29日(土)  


 維新の党を離党した地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長が28日、府内であった所属する地方議員や国会議員が出席した全体会議で「大阪維新の会を国政政党化する。年内には道筋をつけたい」と発言したことが分かった。複数の出席者が明かした。橋下氏が離党後初めて大阪系国会議員らが参加する新党設立を明言したことで、党分裂の可能性はさらに高まった。

サンケイ 『大阪維新を国政政党へ』


政治のネタは基本、書かないことにしていますが、橋下氏は弁護士でもあり、日弁連を改革できるのは橋下氏が法務大臣に就任することが一番の近道と考えています。個人的な希望ですが!

政治、政局というのは明日どうなっているか分からないのですが
【私が8月27日までに得ていた情報】
大阪維新の会ではなく『関西維新の会』を国政政党とする。
来年の参議院選挙で大阪地方区の候補者を松井大阪府知事とする。
比例区の名簿1位を橋下徹大阪市長とする。
大阪市長の候補者をよしむら洋文衆院議員(弁護士)とする。
ここまでが維新の会(関西)で討議された。また地方議員の要望でした。

一寸先は闇の政治の世界、明日はどうなってるか

よしむら洋文

スター総合法律事務所 登録番号 28290 2000年登録 


この記事に

開くトラックバック(0)

都構想住民投票、反対多数確実…大阪市は存続へ

読売新聞 5月17日(日)22時41分配信  

 政令指定都市の大阪市を廃止し、五つの特別区に分割する「大阪都構想」の賛否を問う市民対象の住民投票が17日実施され、開票の結果、反対が賛成を上回ることが確実になった。

 都構想の制度案(特別区設置協定書)は廃案となり、大阪市は存続する。  都構想実現を目指していた地域政党・大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)は、「住民投票で負ければ政治家を辞める」との考えを示しており、松井一郎幹事長(府知事)とともに、今年11〜12月の首長任期満了をもって政界から引退する見通し。


大阪都構想は住民投票で反対多数で否決されました。
大阪市民の判断ですので他府県に住む人間がとやかくいう事はできません。政治家橋下徹は引退をするそうです。好き嫌いはあったでしょうが
口先だけの政治家の多い中、ある意味政界に一石を投じたと思います。
弁護士の手法、ケンカ相手を作る。とにかく相手を徹底的に叩くという手法については疑問のある方も多かったと思います。

大阪弁護士会は橋下徹氏に対し事あるごとに懲戒請求や弁護士会館で
橋下潰し集会をやってきました。
弁護士たちは今ごろ祝杯をあげていることでしょう
弁護士業務を再開するそうです。
新たに腐った大阪弁護士会との闘いを始めていただきたいと思います。
左翼と闘える弁護士は橋下弁護士以外にないでしょう
また、日弁連を解体できるのは橋下徹弁護士以外にはいないと思っています。

安倍総理、国政で維新の党を取り込むには、民間起用で
橋下徹氏を法務大臣にされたらいかがでしょうか!
日弁連は大反対するでしょうが









  

この記事に

開くトラックバック(0)

報道への干渉は不当

維新の党に申し入れ

大阪弁護士会有志


 大阪弁護士会の弁護士有志100人は17日、維新の党にメディアへの不当な干渉をしないように申し入れました。
 維新の党は、「大阪都」構想に否定的な見解を持つ学者について、出演自粛を求める要請文書を放送メディア各局に送りました。申し入れでは、異なる意見表明を排除することは「民主主義社会では断じて許されない」「国民の知る権利を侵害するもの」と厳しく批判。放送法4条は「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」を求めており、市民の賛否が拮抗(きっこう)している「大阪都」構想については、積極的に賛否の意見が報道されてしかるべきだとしています。
 弁護士有志は、藤井聡・京都大学教授を招いた「都構想と報道のあり方を考える集い」を27日午後6時半から大阪弁護士会館で開く予定です。
以上赤旗


橋下徹氏対大阪弁護士会の闘いがまた始まりました。
大阪弁護士会の弁護士有志が「大阪都構想」に否定的な学者などに
メディアに対し圧力を掛けているという事だそうです。

しかし本当の狙いは「橋下憎し」「橋下潰し」で「大阪都構想」反対
をするのでしょう。集会にはいつもの橋下徹弁護士の元ボス弁樺嶋弁護士や橋下大阪市長の従軍慰安婦発言で弁護士懲戒請求を出した辻元大阪弁護士会副会長などなどいつもの自由法曹団のメンバーでしょう。

大阪都構想に弁護士有志が反対であるのは別に構いません。
どうぞお好きに反対を叫んでください。
しかし、大阪弁護士会館を利用するということはどういうことでしょうか、まるで大阪弁護士会が都構想に反対をしているように見えます。
大阪弁護士会会員の総意なのでしょうか?
大阪弁護士会は一部の政党に利用されているのではないでしょうか
なぜ、橋下潰し集会に簡単に「大阪弁護士会館」を利用させるのでしょうか?従軍慰安婦発言の時も参議院選挙前で「維新潰せ」とネットで参加者を募り大阪弁護士会館で集会を開きました、その時に辻元副会長は
この「橋下潰し集会」「橋下に懲戒を出そう集会」というのは「大阪弁護士会」として行うと参加者に言ったのです。

大阪弁護士会は政治に口を挟みすぎです。しかも一部政党の代弁者になっています。維新がメデイアに圧力を掛けたということよりも弁護士が一部政党の代弁者となっています。
大阪弁護士会館は何のために建てたのでしょうか
一部弁護士のために建てたものではありません。
橋下潰し集会をやりたければどこか他の場所でするべきです。

大阪弁護士会も大阪都構想に反対しています!というのでしょうか
橋下徹VS大阪弁護士会
「大阪都構想」ならぬ「大阪と抗争」という展開になりました

現代ビジネス・大阪都構想反対・藤井聡・京都大学教授

大阪都構想:問題点考えるシンポに250人参加

毎日新聞 2015年04月18日 21時57分(最終更新 04月18日 23時27分) 大阪都構想の問題点を考えるシンポジウムが18日、大阪市中央区で開かれた。弁護士や学識者らで作る実行委員会が主催し、市民ら約250人が参加。パネリストの薬師院仁志・帝塚山学院大教授は「東京都と大阪は状況が違い、都構想は大阪に合う制度ではない」と指摘。大川一夫弁護士は、住民投票で賛成多数になれば、大阪市の自治権が失われると危惧し、「地方自治権を認める憲法92条に反する恐れがある」と指摘した。

大川一夫弁護士は自由法曹団の弁護士です
住民投票で賛成多数になれば大阪市の自治権が失われると主張されています。じゃ議会で決めていいのですか?いつもは、そちらが住民投票しようと仰ってるのではないの?
原発反対、沖縄の米軍基地移転の住民投票など。。。
それこそご都合主義、
私たちの住民投票は良いが橋下の出した住民投票はよくないということですが?今の議会なら都構想反対が多いから住民投票は要らない。
本音はこっちでしょう!
この理屈覚えておきましょう。



この記事に

開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事