心のblog

とりとめもないことが中心になります。

全体表示

[ リスト ]

八百長相撲

>9日の会見で八百長の存在などを問われ、「『ない』ということしか、言えない」と微妙な表現を使って波紋を広げた横綱・白鵬は10日、所属する宮城野部屋(東京都墨田区)で非公開の中、朝げいこをした。(毎日新聞)

昔、杉並区阿佐谷に住んでいたことがある。
花籠部屋、二子山部屋があって、
街ではお相撲さんの姿を当たり前のように見かけることができた。
行きつけのスナックのマスターも元力士で、
その縁から、朝稽古を見学する幸運に恵まれた。

早朝の寒さの中でのぶつかり稽古である。
汗を迸らせ、大きな身体からは湯気が立ち昇っている。
とにかく、真剣にやっているのは素人の私でも見ていてよく分かる。
当時、すでに一部週刊誌で八百長報道の連載が始まっていた。

「真剣にやらないとケガするからね」
とは、誘ってくれたマスターの弁である。
どこか誇らしげでもあった。

稽古でさえあれだけの真剣勝負なんだから、
ましてや大観衆の本場所で八百長など、、と、
当時は週刊誌報道を胡散臭く思ったものである。

以前から、八百長の存在を固く信じている友人に言わせると、
相撲には「技」と「決まり手」があって、
それら全てに名前が付けられているが、
稽古でそれさえ覚えれば、
「この技をかければ、体勢はこんな感じになり、そうすればこの決まり手で負けることができる」
などと身振り手振りで、いとも簡単に言うのである。

するとあれか、
昔見た真剣勝負の朝稽古は、
ケガしないように上手に負けるための練習だったのか!

と疑いたくなるような今日この頃である。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

とても色んな見方があるようですね。
スポーツとして・興業として・神事・国技・・・
必要悪とさえいわれると ナンだか分かりません。
ずっと昔からあったのでしょうが、
やっぱり八百長はないほうが良い。

必死で相撲道に向き合っている人には
頑張って欲しいのですが・・・。

2011/2/11(金) 午後 1:07 ある おかん 返信する

顔アイコン

そうです、そうです。
相撲道ですよ、おかんさん。
何しろ、天皇賜杯を授与されるわけですから、
必死で頑張ることが大切ですよね。

2011/2/11(金) 午後 2:14 [ 美蟲角 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事