飲食店経営者の模型雑記

ここは飲食店経営者 小宮山の模型日記であります

地球防衛艦隊

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

地球防衛艦隊8

前回紹介させていただいたディティールパーツを主力戦艦艦首に組み込みます
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

アンドロメダの艦首との比較 まだまだ先は長いです
イメージ 4

今となってはバンダイがどんどん出来のいいキットを出してくるので 今もかなりでているが 古いキットはもう今回手をつけなかったら この後一生手をつけることもないだろう などと思い がさごそと数点引っ張り出してみましたところ 値札シールを見て なんか懐かしさやらなにやら いろいろな記憶がよみがえってまいります なんか今でも久が原に行くと お世話になったあの模型やさんがあるような気がしてなりません 思えばamtの映画版エンタープライズ クリンゴン mpcのミレニアムファルコン スターデストロイヤー みーんなあのお店で予約して手に入れたのでした
イメージ 1

イメージ 2

地球防衛艦隊7

波動砲口 砲塔 ディティール用パーツなどを複製します 波動砲口6個あるからといって主力戦艦6隻作るわけではありません 念のため また今回からタイトル名を地球防衛艦隊に変更いたしました
イメージ 1

アンドロメダ6

今回はは主力戦艦の波動砲発射口です 前回のキット比較でもふれましたが 今回のヤマトで主力戦艦の全長が小さいのは波動砲発射口の口径をアンドロメダとのつじつまを合わせるためだとか なるほど確かに主力戦艦のガバッっと開いた発射口はでかい 当時の設定資料ではアンドロメダと同様 波動砲は二門装備されている と解説した資料もあり 中央の仕切り板はそのためか という気がしなくもない また今回は主力戦艦が小さいというよりもアンドロメダの設定がかなり大きくなっているんですね
イメージ 1
しかし量産タイプに二門の波動砲というのもなあ・・・ ということで今回は主力戦艦の波動砲は一門 と解釈し口径をアンドロメダとのつじつまが あまり狂わないようコンパクトでいくことにします
基本はアンドロメダの波動砲口を加工して 内部にメンソレータムをぬりエポパテを詰め込んで 硬化後抜いて
八角形に加工 それをバキュームフォームで抜いて内部パーツとし 内部に細切りプラ板でディティールをつけます
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

アンドロメダ5

アンドロメダの新キットも発売になり 主力戦艦の新キットも発売予定が発表されました 旧キットの主力戦艦はアンドロメダや 巡洋艦が旧設定の1/700だったのに対して空母と主力戦艦は1/1000とかなりスケールが異なっていて小さいのでアンドロメダと一緒に並べても艦隊の気分は味わえませんでした
イメージ 1
そこで主力戦艦 新発売のニュース 自分的にはじつはアンドロメダよりうれしかったのですが 写真を見て・・・
イメージ 2
どゆこと 旧キットと比率があんまりかわらないじゃないですか
以前デザインされた宮武一貴さんが小沢さとる先生を囲む会でご来店いただきました折 ちょうど話題がヤマトのメカになりいろいろ伺いました アンドロメダは主力戦艦のカスタムタイプで基本船体は一緒とのこと
また一番のお気に入りは巡洋艦で パトロール艦ゆうなぎは巡洋艦に艦隊旗艦としての装備をくわえたもので イメージとしては旧海軍の連合艦隊の旗艦となった大淀や 栗田艦隊の旗艦の愛宕などの巡洋艦がイメージだそうでパトロール艦に多数ついているアンテナはアンドロメダのアンテナと同じく旗艦設備を充実させた意味合いがあるとのことでした
イメージ 3
そこで
いつのまにか あともう一隻の予定が なんか二隻になってるし 艦隊だ 艦隊をつくるんだ〜〜〜
もうね 一隻のディティールにはあまりこだわりません 数をならべて楽しむことにします
イメージ 4
なんか どんどん風呂敷は広がっていきます はたして収拾はつくのでしょうか・・・・

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事