デレクト横浜市青葉区 カーディティリングショップの作業日記

ボディ研磨・カーコーティング・カーフィルム等の作業日記

マツダ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

マツダ アクセラの新車コーテイング施工のご依頼でお車をお預かりさせていただきました。

イメージ 1
ボディからーは匠塗りのマシーングレープレミアムメタリック!!
イメージ 2
コーティングがしっかりと定着するように塗装面を研磨処理します。

下地処理後のボディにはデレクト超撥水タイプガラスコーティングとホイールコーティング、ガラスの撥水加工を行いました!
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
お預かり中にお持込頂きましたドライブレコーダーもお取り付けいたしました。
イメージ 13
人気の前後2カメラタイプです(^^♪
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16
ご用命頂きましてありがとうございました!!


マツダ アクセラ カーコーティング施工のご用命は神奈川県横浜市青葉区のデレクトまでお問い合わせ下さい!!
TEL 045-507-8303

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マツダ CX-5のコーティングメンテナンスと透明断熱フィルム施工のご依頼でお車をお預かりさせていただきました!!

2年前の新車時にコーティングの施工をさせていただいたお車です♪
コーティングのメンテナンスと運転席・助手席ドアガラスの透明断熱フィルム施工のご依頼でお車をお預かりさせていただきました!!


運転席・助手席ドアガラスにウィンコス透明断熱フィルムIR-90HDを施工!!
イメージ 1
施工後の可視光透過率は77%に仕上がっています。施工前は79%でしたので-2%の数値低下です。
イメージ 2

コーティングのメンテナンスでトップコートを補填!!
イメージ 4
弱体化した撥水性能の復活〜!!コーティングのメンテナンスの作業では研磨剤を使用したポリッシュ作業は行いませんので、クリア層にダメージを与えることはありません。研摩処理が無いので傷が減ることはありませんが、トップコートの光沢によりツヤが増し微細な傷は目立ちにくくなります。

イメージ 3

ご用命頂きましてありがとうございました!!



マツダCX-5 カーフィルム施工のご用命は神奈川県横浜市青葉区のデレクトまでお問い合わせ下さい!!
TEL 045-507-8303

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マツダ アクセラにドライブレコーダーの取り付けを行いました!!


お持込頂きましたケンウッドの前後2カメラタイプのドラレコ!!
イメージ 1

イメージ 2
最近はあおり運転対策で2カメラタイプが主流になってきましたね〜!!



ご用命頂きましてありがとうございました!!

ドライブレコーダーの取り付けのご用命は神奈川県横浜市青葉区のデレクトまでお問い合わせ下さい!!
TEL 045-507-8303



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マツダCX-5の後部5面ガラスに断熱スモークフィルムの施工を行いました!

施工前
イメージ 1
施工後
イメージ 2
使用したフィルムはリアガラスがウィンコススタンダードシリーズGY-3IR、ドアガラスと三角窓がGY-5IRです。

施工前
イメージ 3
施工後
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ご用命頂きましてありがとうございました!!

マツダCX-5 カーフィルム施工のご用命は神奈川県横浜市青葉区のデレクトまでお問い合わせ下さい!!
TEL 045-507-8303 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マツダCX-5のフロントガラス、運転席・助手席ドアガラスにエレガンスウィンドフィルムの施工を行いました!!

使用したフィルムはエレガンスウィンドフィルム・ニューミステリアスアイスです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
施工後の可視光透過率はフロントガラスは73%に仕上がっています施工前は80%でしたので-7%の数値低下です。
イメージ 9
運転席・助手席ドアガラスは72%。こちらも施工前79%より-7%の数値低下です。
イメージ 10
マツダCX-5の運転席・助手席ドアガラスは一般的な強化ガラスとは異なり、フロントガラスに採用されているペアガラス(合わせガラス)が採用されています。

ペアガラス(合わせガラス)は、飛び石で破損した場合にガラスが飛び散らないように、二枚のガラスの間にフィルム層がありそれにより、万が一の破損時も安全を確保することが出来ます。
その為、フロントガラスは必ずペアガラスが採用されています。

またペアガラスは破損時に砕け散らないという特性のほかに、遮音性が高いという利点もあります。
その為に高級輸入車には遮音性を高めるためにドアガラスやリアガラスにも採用されている車種もあります。
具体的な車種名を上げるとベンツSクラスやアウディA8、BMW7シリーズやMモデルなどです。

マツダのCX-5とCX-8は遮音性を上げる目的で上記の車両と同じようなペアガラスが採用されています。

フィルムを施工する上でのメリットとして、このペアガラスは透過率が高いという事もあり比較的発色の強いフィルムも施工後の可視光透過率は70%を確保することが出来ます。
イメージ 11

ご用命頂きましてありがとうございました!!


マツダCX-5 カーフィルム施工のご用命は神奈川県横浜市青葉区のデレクトまでお問い合わせ下さい!!
TEL 045-507-8303

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全28ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事