poiyai♪ 〜 激辛挑戦とゴローズ収集 〜

暑い。。もうネクタイしてる場合じゃないですよ。

全体表示

[ リスト ]

カリー専門店 トプカ 神田本店

【住所】 東京都千代田区神田須田町1-11
【電話】 03-3255-0707
【定休日】 なし
【営業日時】 月〜金 ランチ 11:00〜15:30  ディナー 17:30〜22:30
         土・日・祝 11:30〜18:00
イメージ 1

お疲れ様です。ねだん18です。

激辛料理紹介九十六杯目です。

お久しぶり!

随分と昔(何と九杯目!)に挑戦したトプカです。
以前は「ムルギカリー」なるものを辛口で頂き、残念ながら薄い印象を拭えず不満を残した挑戦でした。
しかも最激辛ではないという失態を犯しながら、いつかは再挑戦のチャンスを狙っていました。

神保町には良く来る環境化にはあるのですがどうしても足が向きませんでした。

しかし!
今ここに再挑戦をするべく戻って参りました。

今回はしっかりと店員さんに最激辛を確認し、辛口にしてもらうことを忘れずに実行しようと思います。
イメージ 2

いきなりの誘惑!

何これ。
凄く美味しそうではないですか。
グラグラと心が揺れまくります。

しかし気を取り直して入店です。
今日は最激辛である「インド風ポークカリー」の辛口に挑戦すべくやって来たのです。

店『いらっしゃいませ。初めに食券をお願いします』
私「・・・外のザ・ビーフは辛いですか?」

聞いちゃった!

店『インド風カリーの方が辛いです。ザ・ビーフは辛くありません』
私「そうですか・・・じゃあインド風ポークカリーを辛口で、ご飯少なめでお願いします。」
店『ありがとうございます』

「じゃあ」って何だ?

何と失礼な客でしょうか。
最初の意思はどこ吹く風で八つ当たり的な態度が信じられません。

ごめんなさいm(_ _)m

席に着くなり段々と期待と不安でドキドキしてきました。

辛いのだろうか。
薄いのだろうか。

自問自答しているうちにスープ登場。
サッパリ目のトマトスープでしょうか。
見た目からすると激辛ですが、辛くはありません。

スープを観察している間にカリーの出来上がり。

いざ勝負!
イメージ 3

スパイシー!

あれ?
全く薄くないです。
もちろんビシャビシャではありますが、とてもスパイシーでとてつもなく美味しいカリーです。

「ムルギカリー」が薄いのでしょうか。
あの時の調理人が薄く作ったのでしょうか。

謎が解明できないままスプーンを動かし続けます。

この突出しているスパイスは何でしょう。
エチオピアのおかげで「クローブ」の風味は分かるようになりましたので「クローブ」ではないのは分かります。
多分ですが「カルダモン」ではないかと思われます。

丸ごと入ってたし。

見た目でしかスパイスが分からない未熟者ですが、このスパイシーさに驚きました。
そしてメインのポークもホロホロです。
柔らかくてポークだけでご飯のおかわりができそうです。

辛さはスパイシーさも手伝ってか結構辛いです。
そこそこの辛さではなくしっかりと辛いので驚きです。
いつまでも口の中に残るヒーヒー系ではなくサッパリとした辛さが絶妙なスパイスの配合を感じさせます。
結構汗もかいたので爽快感が気持ちいいです。

でも人参は相変わらずペラペラ(笑)
入れなきゃいいのに。

イメージ 4

ごちそうさまでした。


激辛度:★★★
攻略度:★★★
中毒性:★★★
量:★★★
油:★★

https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2600087&pid=879326752

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事