poiyai♪ 〜 激辛挑戦とゴローズ収集 〜

暑い。。もうネクタイしてる場合じゃないですよ。

全体表示

[ リスト ]

イエローカンパニー 恵比寿店

【住所】 渋谷区東3丁目14-19 オークヒルズビル1階
【電話】 03-5485-2723
【定休日】 不定休(GW・お盆・年末)
【営業日時】 月〜金 ランチ 11:30〜15:00 ディナー 17:00〜22:00
         土 11:30〜22:00  日・祝 11:30〜21:00
イメージ 1

イメージ 2

お疲れ様です。ねだん18です。

激辛料理紹介十四杯目です。

「スープカレーの有名店で具として投入されている唐辛子を全部食べると大変なことになる」

噂を聞きつけました。
色々と調べてみるとその店は恵比寿にあるらしくその名も「イエローカンパニー」。
いつも参考にさせてもらっている辛党のおっさん(師匠)さんや平和ポッターさんのブログを拝見して見ると、私よりも辛さを鍛えているであろう方々が慌てていらっしゃる!

そんなに怖いのか唐辛子。

事前調査により恐怖が増加。
インドール100倍極辛カレー北極ラーメンに迫る勢いの緊張感を持って渋谷駅下車です。

場所的には恵比寿から歩くのですが、とにかく遠いです。
私は渋谷からバスで向かいます。
渋谷駅東口の56番乗場、田87系(田町駅前行)に乗り込み、東三丁目を目指します。
いつものように、食前トマトジュースを買うため東二丁目で下車してイエカン到着。

いつも思いますが最近流行のスープカレー店は、神保町のカレー激戦区にあるエチオピアトプカ、はたまた大沢食堂上野のデリーなどカレーショップに比べるとはるかにオシャレです。
正直、30歳を超えたおっさんが一人で立ち寄るには若干気恥ずかしいです。
しかも激辛を食して汗ダラダラ。

そんな挑戦もしながらのオシャレ激辛スープカレー。
あとはマジックスパイスと札幌ドミニカに挑戦してみたいですが、下北沢と銀座。
気が思いやられます。
調べた限り、私的にはカレー革命の方が似合っています。

さて、お店に入ると大きめに音楽が流れ、奥には一段上がったロフトがある不思議な店内です。
※今回、多くの写真を撮れたのはシャッター音が気にならないぐらいの音量だったためです。
ロフトの入口を背にして店内がよく見渡せるところにに着席。
イメージ 3

イメージ 4

情報として「圏外」しかなかったので、メニューを熟読。
イメージ 5

定番っぽいチキンをお願いしました。
もちろんご飯はサフランライスです。
何かご飯に色が付いていると特別な感じがしてテンションが上がります。

スパイスの好い匂いがする店内で暇を持て余していると、メニューの脇に面白そうな注意書き。
「スープカレーの食べ方って、知っていますか?」
イメージ 6

おぉ!
私はほとんどがイ濃々,覆里任垢、食べ方としては合っていたんですね。
もちろん辛さは挑戦しています。
人前で一人で汗をダラダラ流す精神的な挑戦もしていますが。
イメージ 7

なるほど。
辛さが増すから飲まないほうが言い訳では無いんですね。
確かにラッシーは辛さを和らげますね。
最近は殆ど飲まなくても大丈夫になりましたけど(さっそく極辛カレーの食後はトマトジュースを飲んでますが)。

おっ!
裏にも情報があります。
イメージ 8

イメージ 9

なるほど。
昔の人はよくこれらを調合しましたよね。
素晴らしいぞ、カレー!

てなわけで、スープカレー登場です。

いざ勝負!
イメージ 10

イメージ 11

美味しい。
北海道スープカレーという言われるカレーを何回か食してきましたが、その中でも一番美味しいかも知れません。
パンチのあるスパイスにコクのあるスープ。

辛さは大したことありませんが、唐辛子を食べるか否かで相当印象が変わりそうです。
後半に余力を残したいので、まだ唐辛子は置いときます。

ヘルシーに関しては、スープ表面には熱を逃がさないだけの油膜は張っています。
多分、野菜を素揚げした際の油かと思います。

チキンはとても軟らかくジューシーです。

さて、北海道の大地の恵みを十分に受けたジャガイモです。
これは期待できるはず!

・・・硬い。

基本的にシャリシャリするぐらいのジャガイモも好きなのですが、この硬さはスプーンでは困難です。
無理やり行ったら、スープが跳ねます。

スプーン一本で食べられるって言ったじゃん。

別にフォークとナイフで切ればいいのですが、何でかは分かりませんが「使わない!」と変な自分ルールを決めてしまいスプーン一本で何とかしました。

さぁ!寄ってらっしゃい♪見てらっしゃい♪

いよいよ問題となっている唐辛子に目を向けてみましょう。
イメージ 12

たくさん入っています。
赤と緑はどっちが辛いのでしょう。

とりあえずは緑から。

柔らかいくて食べやすいです。
生なのでしょうか。

続いて赤。

これも柔らかくて食べやすい。

どっちが辛いなんて分かりません。
でも前評判ほど辛くない印象を受けました。
これなら大丈夫(口内的に。胃は分かりません)と自分的に判断して、三口に一回唐辛子を食べる配分にします。
ただ、スープ自身にそこまで辛さが際立っていなく旨みも多いので、食することは比較的簡単なのですが唐辛子の辛さとスープの熱がどこまで後半に襲ってくるのかが心配です。

ポタリ

え?汗?

気が付くとアゴから汗がたれています。

普段、激辛を食して汗をかく時は額やこめかみ、頭のてっぺんや首の後ろががジンワリ熱くなり、汗がタラーッと伝ってくるのを感じるものですが、無意識で汗がたれました。

唐辛子は確かに辛いです。
いままで汗をかく際、無意識は経験したことがありません。

何か怖い。
もう止まりません。
後から後から汗が流れます。
たれる汗に気が付かないので、お皿のフチギリギリに汗がたれたりしています。
みっともないです。
食べては汗を拭きながら、ハンカチ王子スタイルで食べていきます。

極辛カレーのような剛速球を力で打ち返すようなパワーヒッタータイプではなく、バットコンロールを巧みに使ったテクニックタイプの辛さです。
何か舌以外への辛さ攻撃があるようです。

辛さと熱さでスピードが落ちてきましたが、何とか進めることができ完食です。
イメージ 13

もう少し後引く辛さかと思いきや水を一杯飲んでクールダウン成功。
汗は引く様子ありません。

レジで会計中に女性の店員さんから声をかけられました。
「如何でしたか」
『辛かったです。ビックリしました』
「圏外は運ぶときに匂いが違いますもん」
『ははは』

ごちそうさまでした。

ここで考察してみましょう。
確かに汗の量は尋常ではありませんでしたが、インドール100倍極辛カレー北極ラーメンと比べると胃へのダメージは殆どありませんでした。
胃へのダメージがあるから辛い訳ではありませんが、唐辛子の保有量としては上記3つの方が上かも知れません。
ただ、口内での刺激で考えると北極ラーメンよりかは上かも知れません。タイプ別ですがインドール100倍がニアイコールな感じがあります。
極辛カレーよりかは楽でした。

ただ唐辛子を食べたときの印象もそうですが、前評判ほどではない気がします。
量が減ったのか唐辛子の成分が変わったのか。
過去に挑戦されたかたは是非再挑戦をして頂きたい所存でございます。

追記:
ここはお持ち帰りもできるとのことです。
イメージ 14

イメージ 15

サイトでも紹介はしているみたいですが、レジ横にもパンフレットありました。
こんなに美味しい激辛スープカレー屋を家で食せるのも嬉しいですね。



激辛度:★★★★★
攻略度:★★★★★
中毒性:★★★
量:★★★
油:★★
※ランキング追加しました。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

当然のように唐辛子も入れて完食なんですね。
美味しいが優先の激辛なら是非行ってみたいです。

2009/6/1(月) 午後 2:01 いちろう

顔アイコン

ZENさん
圏外で唐辛子を食べない、もしくは辛さを落としてレベル10などにすれば十分おいしいです。
是非、一度行かれてみては如何でしょうか。

2009/6/2(火) 午前 9:24 nedan1977


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事