poiyai♪ 〜 激辛挑戦とゴローズ収集 〜

暑い。。もうネクタイしてる場合じゃないですよ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


久しぶりの連続ランクインです。
量が多いのは違う挑戦のような気がします。
たくさん食べられる人なら楽勝だったのでしょうか。


今回は量辛でのランクインです。
通常のサイズだったらもう少し美味しく頂けたかも知れませんね。
女性用にハーフサイズがあるともう少し挑戦者が増えるかもしれません。

それにしてもたくさんの具材でした。
コストパフォーマンスは全く問題なく満足です。

https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2600087&pid=878690334
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

こうや

【住所】 東京都新宿区三栄町8
【電話】 03-3351-1756
【定休日】 日・祝
【営業日時】 11:30〜22:30
イメージ 1

イメージ 2

お疲れ様です。ねだん18です。

激辛料理紹介六十一杯目です。
最近出没率の多い中央線沿線です。

激辛 = 真赤

この概念を覆す恐ろしいラーメンがあると聞いて、四ツ谷の地に再び舞い戻って参りました。
以前、屈辱戦も含めて二日連続(これこれ)で挑戦をした場です。
あまり、私的には運が向いているとは言えない土地でございます。

しかしこの土地は謎だらけです。
最寄駅は四ツ谷駅なのですが、すぐ近くに四谷三丁目駅があります。

四谷と四ツ谷。

違いは何でしょう。
また四谷三丁目で思い出しましたが、以前は丸ノ内線沿線に住んでおりよく丸ノ内線を利用をしていました。
好きな地下鉄と言っても過言ではありませんが、ここにも不思議があります。
「丁目」とつく駅が3つあるのですが、すべて「三丁目」なのです。
偶然だとは思うのですが、何だか不思議です。

話がそれましたが、赤くない激辛とはどんなもんなのでしょうか。
この挑戦後に飲み会が入っていますが、気にしません。
腹ごしらえのつもりでやってきました。
飲む前に胃に入っている方が酔いにくいですし。

大変なことになるとも知らずに。
イメージ 3

極辣麺。

読み方が分かりません。
まるで読み仮名のように「カライカライそば」と書いていますが、絶対に読み方は違うはずです。

とりあえずこの「極辣麺(カライカライそば)」を頼みますが、このメニューからだけでは何味で具は何が入っているのかさっぱり分かりません。
イメージ 4

男くさい厨房を眺めながら調理を待ちます。

とても不思議な空間です。
広い店内ではありますが、時間が中途半端のためお客さんは入口付近に固まっています。
まだ16時にもなっていませんが、紹興酒をボトルでグイグイ飲まれてるベテランさんもいれば、もう一方のテーブルではお姉さん方3名がラーメンをすすっています。

食事をするにもお酒を飲むにも中途半端な時間にも関わらず。
不思議な街です、四谷。

意外と時間がかかって白い悪魔の登場です。
やはり人は見た目も大事なようで、赤くない激辛料理を見てもさほど身構えはしないようです。

大変なことになるとも知らずに。

いざ勝負!
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

デカッ!

大盛り以上はありそうな丼にスープがなみなみと注がれています。

しかも物凄く辛いです。
ナメてました、むせます。

もう少しで鼻から出るところでした。

慌ててハンカチで口元を押さえ何とか口を拭う振りで誤魔化せたはずです。
何だ、ピッキーヌか?
青唐辛子の強烈な辛さがのどを壊そうとしてきます。

それにしても具沢山です。
豚肉、エビ、イカ、貝柱に野菜がパプリカ、トマト、セロリ、いんげん、きゅうり(ズッキーニ?)、ねぎ、ピーマン、レタスが確認できました。
そして香菜がちょんと申し訳なさそうに乗っています。

和と中がベースにあるようですが、アジア圏がチョコチョコ顔を出しつつ西洋の野菜も参加する不思議な丼です。
とにかくでかいです。
辛さもさることながら、今回は量との戦いになりそうです。

無くならない。

食べても食べてもは何とか無くなりました。
スープが強敵以外の何物でもありません。

熱い、辛い、多いの三重苦が徐々にスタミナと集中力を削っていきます。

何度飲み干すのを止めようと思ったことか!
何度お水を飲もうとしたことか!

辛さの蓄積量が久々に限界に近付いてきています。
この後の胃が心配でなりません。

この後の飲みは打ち合わせも兼ねた大事な席です。
暴れださないでしょうか。

もう呆然となりながらスープを飲んでいきます。
終わりが来ないと思った今回の挑戦もやはり終わりはあったようです。

とてもしんどい挑戦でした。
この量は挑戦史上の中でもトップクラスです。
タプンタプンのお腹で何とか完食です。

激辛の色は赤だけではありませんでした。
まさかの白辛に今回はやられました。

イメージ 8

イメージ 9

ごちそうさまでした。


激辛度:★★★★
攻略度:★★★★★
中毒性:★★
量:★★★★★
油:★★★


https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2600087&pid=878690334

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事