熱血挑戦者のブログ

++++熱血挑戦者が思ったことを書く不定期更新ブログです++++

全体表示

[ リスト ]

.ocamlinit

CPU実験 Advent Calendar 2015の記事です。今回は短い。

最終更新: 2015/Dec/06

コンパイラのデバッグに役立つかもしれないOCaml情報なのですが.ocamlinitが便利です。

カレントディレクトリもしくはホームディレクトリに.ocamlinitがある場合、ocamlコマンドでOCamlトップレベルが立ち上がる際に.ocamlinitの中身が読み込まれます。

なので、.ocamlinitの中で#loadや#use、#mod_use、#load_recなどをするようにしておくと、新しい最適化用関数をデバッグするときにとても便利です。一時的によく使うデバッグ用関数とかを.ocamlinitでletしておくのも便利です。

より詳しい話は http://caml.inria.fr/pub/docs/manual-ocaml/toplevel.html なんかを参考にどうぞ。日本語マニュアルはちょっと古いことと、英語版マニュアルを見るときも最新ページでないページを見ている可能性があるので更新日時に注意してください。

-initオプションで.ocamlinit以外のファイルをロードすることも可能です。また細かいことですが僕がひっかかったので書いておくと、トップレベルを立ち上げる意味でocamlコマンドを使うのではなく、スクリプトモード(ocamlコマンドの引数に.mlファイルを与えてトップレベルで実行させて結果を出力させるモード)でocamlコマンドを使うとどうも.ocamlinitや-initが効いていないっぽい(OCaml 4.02.3時点)ので注意です(仕様なのかバグなのか不明)。

デバッグするときに-initオプションだとかocamlmktopだとか試したのですが、僕的には.ocamlinitが一番使いやすかったので紹介しました。ではー。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事