ここから本文です
気になる内容をひたすら記述

書庫全体表示

前述に続き地球に存在するプレートというものを紐解いていくと,言葉では表せない数だけの事柄が顔を見せます

ここではマクロの世界観にてそれを太平洋に限り説明します

同じ事柄を大西洋・インド洋にて語り得れば,オホーツクプレートと形態は違えど他方から影響をうけた同じプレートが存在し,素晴らしい世界が広がります

例えば海溝というものが,プレートの沈みこみとするならば,その下層とはなんたるか

これを仮に古代プレートを,火山のカルデラのような場所へと新たなプレートが進出した形態とするならば,マントルプルーム(プルームテクトニクス)のように,古代にプレートを生誕していた(対流が起きていた)点とも仮定ができ,例えば海溝の生誕前,そこからプルーム説にて対流が生まれ,地殻が広がりを語り歪みが生まれ,歪みから海嶺へと至り,海嶺の歪みの終焉が,密度(温度以下省略)差を理由に(海溝ここではエンドスポットと定義します),広がりにより密度の減少した地殻内部へ,地殻が潜り込む,今現在の海溝と同義な形状とすら説明ができます

考え方・繋げ方・着目の仕方

どれ1つとっても,仮定はいくらでも転がっています

それをどう繋げ,どのように展開するかによって,後に生まれる根拠とは異なります

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事