アンティーク着物ノート

アンティーク着物、スージークーパー、ガーデニングが趣味です。

全体表示

[ リスト ]

臨江閣へ

アルバート邸を後にして、前橋の臨江閣へ。臨江閣は明治時代に群馬県や市内の有志らの協力と募金により迎賓館として建てられたそうです。
イメージ 6
二階の180畳大広間。私たちが豆粒のように見えます。
イメージ 1
二階から庭園を臨む。
イメージ 7
お庭もとても広いです。
イメージ 2
歴史を感じさせる趣きのある建物。大河ドラマの花燃ゆの舞台だったそう。
吉田松陰の妹、楫取美和が主人公でしたね。夫の楫取素彦が群馬県の県令だったので、
前橋が舞台だったと思います。
イメージ 8
日本庭園にふさわしい楚々としたお花。
イメージ 4
このお花の名前がわからない・・・。
イメージ 3
お茶をいただく。楫取美和と素彦が長州藩の出身なので、器は萩焼。
この器は、持って帰ることができます。
洋から和と素敵な建物を訪れることができて、楽しい一日でした。
イメージ 5

イメージ 9投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事