アンティーク着物ノート

アンティーク着物、スージークーパー、ガーデニングが趣味です。

着物でおでかけ日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
シンデレラスィーツビュッフェへ行って来ました。
イメージ 10
シンデレラのテーマカラー水色が綺麗。
イメージ 11
シンデレラがテーマということで、シンデレラの水色コーデの皆さん。
Uちゃんは、天色の壺だれの着物。
イメージ 1
亜麻色にピンクの花が美しいデザインです。
イメージ 2
ピンク色の芙蓉が可愛い。
イメージ 12
半襟は、レースみたいにも見える百合の刺繍半襟。
イメージ 13
向日葵の彩色象牙の帯留め。
イメージ 14
帯は、着物から抜け出てきたおうなピンクの芙蓉。
イメージ 15
髪飾りもシンデレラカラー。
イメージ 16
そして、このバッグがとっても可愛かった。
イメージ 3
シンデレラに相応しい時計のバッグ。12時が過ぎてますね。急がなくちゃ、シンデレラ!
イメージ 4
Hさんは、暈かしが美しい水色の着物。
イメージ 5
まさにシンデレラカラー。優しい桔梗が美しいです。
イメージ 6
帯留めは、シンデレラのガラスの靴のよう。
イメージ 7
橘や菖蒲が美しい帯。
イメージ 8
白いお花のヘッドドレスが素敵でした。
イメージ 9


イメージ 17投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。

印象派への旅展へ

この日は、印象派への旅展へ行って来ました。イギリスの海運王のコレクションの展示会でした。
それにしても、莫大なコレクション。ポスターの絵は、ドガ。
イメージ 1
撮影OKな画像。
イメージ 15
ご一緒したAさんは、縞に朝顔の着物。
イメージ 2
この着物、大好き。背がスラリとしたAさんが着ると、かっこいい。
イメージ 3
葡萄の刺繍半襟。
イメージ 4
クリスタルな帯留め。
イメージ 5
朝顔の帯の色合いは、着物とリンク。
イメージ 6
紫陽花みたいな髪飾り。
イメージ 7
プードルのコリンズ。
イメージ 8
私は、蝶の単衣の着物を着ました。
イメージ 9
蝶の一色を拾って、ダークな赤色の百合の帯。
イメージ 10
黒い蝶がちょっと毒有です。
イメージ 11
薔薇や撫子の刺繍半襟。
イメージ 12
着物の蝶を拾って、蝶の帯留め。
イメージ 13
百合の刺繍帯です。
イメージ 14
そして、隣の東急デパートでの地下で、マンゴかき氷をいただく。ここのかき氷、大好き。
これからスィーツビュッフェだといいうのに、誘惑に負けてしまったです。
イメージ 17

イメージ 16投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。


菖蒲の着物

菖蒲の花のシーズンなので、菖蒲の着物を着ました。相変わらずの花との追いかけっこです。
イメージ 1
薄い黄色に水色と白。この色合いが気に入っています。
イメージ 2
菖蒲の刺繍半襟。
イメージ 3
帆船の帯留め。
イメージ 4
千鳥の帯を合わせてみました。
イメージ 5


イメージ 6投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。



この日は、料理上手のお友だちのお食事会を我が家で開きました。テーマは、パンの会。
パンを2種類も焼いてくれました!
イメージ 3
とろとろのチーズがかかっているハンバーグ!
イメージ 1
こちらは、フォッカチオ。手作りで、しかも焼きたてのフォッカチオをいただく幸せ。
イメージ 4
新キャベツのサラダ。
イメージ 2
インカの目覚めのフライドポテトが、ものすごく美味しかった。
インカの目覚めは、味が濃いので、フライドポテトが美味しいのだそう。納得!
強力粉を薄くまぶして、揚げます。シンプルなのに、とても美味しい。
イメージ 5
デザートのティラミスも手作り。
イメージ 6
卓上花は、薔薇をメインに。
イメージ 7
薔薇の季節だったので、沢山薔薇を飾りました。
イメージ 8
アミ・ロマンティカ。沢山咲いてくれて、アンニュイな色合いも素敵な薔薇です。
イメージ 9
アンジェラ。
イメージ 10
この日は、薔薇コーデです。
イメージ 11
格子に薔薇というデザインがお気に入りです。
イメージ 12
薔薇の刺繍半襟。
イメージ 13
帯留めも薔薇です。
イメージ 14
ラブレターに薔薇の帯。
イメージ 15

イメージ 16投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。


臨江閣へ

アルバート邸を後にして、前橋の臨江閣へ。臨江閣は明治時代に群馬県や市内の有志らの協力と募金により迎賓館として建てられたそうです。
イメージ 6
二階の180畳大広間。私たちが豆粒のように見えます。
イメージ 1
二階から庭園を臨む。
イメージ 7
お庭もとても広いです。
イメージ 2
歴史を感じさせる趣きのある建物。大河ドラマの花燃ゆの舞台だったそう。
吉田松陰の妹、楫取美和が主人公でしたね。夫の楫取素彦が群馬県の県令だったので、
前橋が舞台だったと思います。
イメージ 8
日本庭園にふさわしい楚々としたお花。
イメージ 4
このお花の名前がわからない・・・。
イメージ 3
お茶をいただく。楫取美和と素彦が長州藩の出身なので、器は萩焼。
この器は、持って帰ることができます。
洋から和と素敵な建物を訪れることができて、楽しい一日でした。
イメージ 5

イメージ 9投票に参加しています。
←よろしければクリックしてください。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事