全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1090ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

盛夏の六甲山にて♪

おはようございます
今日は二十四節気の大暑ですね、もう朝からクマゼミの大合唱の神戸です。

さて、昨日は、お仕事では無くて、山の案内人の当番で
六甲山記念碑台交差点にある、ガイドハウスへ行っておりました。
朝の気温は26℃
朝のうちは、下界(神戸市街地)より過ごしやすくて気持ちがいい。
とことこ階段を上がって、自然保護センターに行くと。。。

 ヒーホーヒー 

うん?? この声は、イカル 近いよ!!
でも。。。澄んだ鳴き声はすれどもどこにいるやら。。。

おっ!!いたいた。。。
ズームズーム! 思いっきり 拡大 トリミングだけど。。。
イメージ 1
愛嬌のある大きくて丸っこい体、帽子をかぶったように紺色の頭、
太くがっしりした黄色い綺麗なくちばし。
「月、日、星」と 口笛を吹いたような軽やかな鳴き声も澄んだ声
とても美しい声をお届けできないのが残念。。。
動画を撮ろうとしていると、飛んで行っちゃいました。。。

まさか見れると思っていなかたし、写真も撮れるなんて。。。
不思議なもので 、撮りたい時には姿を見せてくれない鳥さん
だいたい、偶然の出会いって言うのが多い
私はイカルとの出会いは、ほぼ冬の京都、平野神社や京都御苑で群れを見るくらい。
六甲山でしかも夏に声だけはよく聴くものの、出会ったのは、初めてのこと。
ちょっとうれしい出会いでした 

この子たちも賑やかでした。。。
イメージ 2
中国、およびその周辺諸国原産だそうだ。色彩がまさに中国って感じがする。
可愛らしいがゆえに、1羽だけでも相当目立つのに、賑やかな鳴き声で、いっぱいいました。
見た目がとっても愛らしい、ソウシチョウ(相思鳥) 
つがいのオスとメスを分けてしまうと、お互いに鳴き交わしをするため、
相思鳥の名がついたと言われる。ちなみに中国名は紅嘴相思鳥。
日本の特定外来生物に指定され、侵略的外来種ワースト100にも選ばれてしまっているんですよね。

昨日は自然観察会は午前も午後も無し
ガイドハウスの来館者も少なめで、開店休業状態
ボランティアで来ていたので、仕事をする気はさらさら無いし。。。
ちょっと 足をねん挫していたので、あちこち観察できないので 退屈。。。
そこで、お仲間と一緒に最近 記念碑台の近くにオープンしたカフェを視察?に行ってきました。
六甲山小学校の近く 以前は登六庵という六甲山名物のカレー屋さんがあった跡地です。
ココは、全山縦走のコースでちょっと日陰になっていて、ヒグラシも啼いて涼しく感じるところ。
イメージ 3
Rokko Base cafe & web
http://www.rokkobase.com/

お店の方(男性)お一人でお忙しそうでしたが、ガイドハウスから来ましたとご挨拶し、
許可をいただき、写真を撮らせていただきました。
イメージ 4
ケーキやスコーン、ビール本格的な珈琲もあります。
ランチ(パスタなど)も来週から始められるそうです。
イメージ 5

イメージ 9

イメージ 10
ゆっくりできませんが、せっかくなので、何かいただこう♪
お持ち帰りのソフトクリームもいいですが、私。。。この幟が気になりまして。。。
イメージ 6
かちんこちんのラムネ大福 162円(税込)
イメージ 7イメージ 8













手のひらで握ってガイドハウスに帰る頃はいいぐらいに溶けて 美味しかったです^^
記念碑台周辺にこんなお店が出来てうれしいですね♪
また、ゆっくりと ランチやお茶しに伺いたいです。

そして。。。周辺に咲いていた お花もご紹介
ワスレグサ(忘れ草)と呼ばれる ヤブカンゾウ(藪萱草)
イメージ 11
夏の強い日差しを浴びて、美しい橙黄色の花を咲かせるヤブカンゾウ。
学名 : Hemerocallis fulva var. kwanso
 緑濃い中に咲きひときわ鮮やかで、この世を謳歌しているように見えますが、
ユリ科の一日花で、朝開いて午後には閉じる“儚い花”なので、忘れ草
英語では、Daylily
八重咲きは「ヤブカンゾウ(藪萱草)」、一重は「ノカンゾウ(野萱草)」と呼ばれています。
  「の・・か・・・やぶ・・か」

・・・山路来て 猛暑優しく なりにけり・・・

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨日の朝、淡路ICで高速バスを降りて スクールバス待ち
いつものように何となく通り過ぎようとして、ハッと気づきました。
イメージ 1
冷たいコンクリートの上で羽を大きく広げたままじっとしてます。
虫は苦手な方ですが。。。
あまりの大きさに、それに姿も美しかったので、つい足を止めた次第です。
色も深い赤墨色で、それはそれは貫録があります。
開張9〜10cmと大きく、見たことが無い。
初見の大きな蛾に出遭い、共同研究室の図鑑で調べるのに苦労しましたが、
似たようなものもありましたが。。。素人なのでよくわかりません。
オオトモエと同定してみましたが、いかがでしょうか。。。
イメージ 2
オオトモエ(大巴)
学名 Erebus ephesperis
ヤガ科  トモエガ亜科
食草はサルトリイバラ。
この蛾の持つ巴の文様は、
水が渦を巻くような形から火事よけの意味があるらしい。
縁起がいいんじゃないかな。。。

そして、もうひとつ、 いつもご一緒のSさんが先日見つけたこちら。。。
鮮やかな黄色い蛾
頭に浮かんだのが、”黄色い蛾なら毒蛾と違う??”
ドクガが発生する頃なので、まさに今 !
もしかしてドクガだったら怖いので、遠くからカシャ。。。
イメージ 3
下向きにとまってました。。。
あれっ?前翅と後翅を少し離してとまってるよ♪
蛾のイメージとは違って 可愛いか。。。。
鮮やかな黄色で、翅の周縁に茶色の紋や帯がある。
こちらも共同研究室の図鑑で調べて見たら。。。似たようなのもいたけど、ウコンエダシャクと思う。

香辛料着色料、生薬として用いられる
ウコンに似て黄色いのが、名の由来だそうだ。
素人なのでよくわからないですけど、ヒメウコンエダシャクかもしれない。。。
ウコンエダシャク (鬱金枝尺蛾)かな?
イメージ 4

それにしても、蛾って いろんな種がいるものですね。。。
虫嫌いな方 ごめんなさいね 

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨日は、4月27日にスタートしたまちづくりガーデナー・テーマコースの
「プランターを利用した屋上菜園講座」夏野菜編の最終回でした。

午前は、まず、野菜の収穫と鮮度保持についてなどの講義に続き、
大型プランターでできた夏野菜の収穫及び根深ネギの植え替え、
収穫後の土壌消毒の作業を実施しました。
イメージ 1
イメージ 2












収穫した野菜はみんなで分けて、一人分もこんなにありました。
イメージ 3

 午後は、東浦のすこやかセンターにバスで移動し、
夏野菜の料理・加工についての講義と実習
イメージ 4イメージ 5













淡路島の特徴を生かした
しば餅やところてん、野菜のしょうゆ漬けなどを作りました。

お楽しみの試食会
イメージ 6
最後に今回のコースの修了証書を受け取りました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日は、当地でも梅雨明けしたとみられると発表され、
先日来の真夏日で、梅雨明けも近いと予想はしいていましたが、
日中は35℃前後という猛暑 
あちこちでクマゼミが賑やかで、さらに暑く感じます。。。

昨日は、団体さんが来られ、共同研究室にいたら アルファメイト当番さんが助けてくださいと来られた。
ちょっと、先生の許可を得て 多目的ホールで説明をしに行ったのですが、それだけで 大汗 
相変わらず、何やかやとバタバタとした一日でした。

さて、梅雨明けということで、先日 ALPHAメイトの時に見つけた水辺のお花を。。。
ALPHAガーデン ビオトープ
イメージ 1
そのずず〜と下の方
誰も気に留めない
ニョキニョキと出ている 光沢感のある小さくて丸い葉
イメージ 2
ランナーで横に広がりながら、丸い葉の間にギュッとかたまった
小粒のつぼみをつけた花茎を茎から立ち上げて、白い小さな花が次々と咲かせていますよ!

ウチワゼニクサ(団扇銭草)
ウコギ科チドメグサ属
学名:Hydrocotyle verticillata var. triradiata
北米原産

ウォーターマッシュルーム、ウォーターコインの名前で売られてますね。。。

観賞用として各国に輸入され、日本や南アメリカ、アフリカ、オーストラリアなどで逸出、野生化している。
なんと!1987年に兵庫県 淡路島で見出されたんですって。。。へぇ〜

ビオトープにいっぱいあって、誰も見向きもしないけどね。。。よく見ると、可愛い
神戸の住吉川でもよく見かける。
イメージ 3

形態的に非常に類似する、別種のブラジルチドメグサは、
日本において外来生物法における特定外来生物と記載されている。

・・・そして、もうひとつ・・・
先日の授業の手伝いの時に見つけたのは、こちらも増えすぎて困るという、水草だそうだ。。。
イメージ 4
変わった花が咲いているので気なっていたら、ちょうどS先生がいらしたので聞いてみました。
「それは、良くないものです」 えっ??
「アマゾンフロッグピットと言って、学生が育てていたものの残り」 だそうだ。。。
可愛い花なんだけど、困ったちゃん??
イメージ 5
けっこう可愛い

アマゾンフロッグピットはガンガン殖える、むしろ増えすぎて捨てる人もいるので困ったものだ。

アマゾンフロッグピット 
トチカガミ科
学名 Limnobium sp.
和名:アマゾントチカガミ

対策が必要とされる外来の水草
池で異常繁殖している中南米原産の水草 駆除対象外来種
日本の外来種全種リスト − 侵入生物データベース - 国立環境研究所
https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/resources/listja_angio5.html

増えすぎると困ったちゃんですが、
小さくても可愛く綺麗な 花なので、
見つけたらじっくり観察してみるのも良いかもしれませんね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


大気の状態が不安定な日が続いています。
昨日の淡路島は午前中激しい雨になり、
PC作業をしていたら、雷が近くに落ちて停電になってしまってダウン
しばらくネットに繋がらず、仕方なく別の作業をするしかない。
先生も印刷中にダウンして、紙詰まりになり一からやり直し。。。
お昼前には、PCのネットも復活し、ネットで調べての急ぎの発注があったので ほっ 

N先生が研究室に来られて、
「菜園講座で育てている野菜が大きくなりすぎるので、甘長ピーマンを収穫しておいて〜」って。。。
外は、大雨だよ。。。
でもでも、お昼休みには雨も上がったので、ハサミと袋を抱えて行くと。。。
イメージ 1
わぁ〜いっぱいなってる。。。甘長ピーマンだけでも大収穫。。。といか、蒸し暑いし、いっぱいあって大変 

そして、こちら。。。
濃緑色で果形がキュートなこどもピーマン“ピー太郎”も収穫しました。
イメージ 2
こどもピーマンは「おいしくて子供に好かれるピーマン」を作ることを目標に、
タキイ種苗が開発した新しい野菜(2010年発表)
長さ10cmほどで、細長いロケット型のかわいいピーマン。
一般的なピーマンやパプリカとは形状も味も異なり、肉厚でジューシーなんです。
そうそう、葉の脇に下向きにつける白い花も可愛かったな♪
イメージ 3
授業準備があるので、大急ぎで汗びっしょりになって、袋いっぱいの大収穫。
お仲間にお分けしたら 喜んでいただけました 
我が家も茄子と一緒に炒めて美味しくいただきました。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1090ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事