ここから本文です
納得できない事
納得できないことや変わったことを書いています

書庫全体表示

イメージ 1



特使団の結果で韓国は喜んでいるようですが・・・
たぶん、ほとんどの人は信用していないでしょう。
発表された内容そのものも・・

北朝鮮の核に関する歴史をおさらい

1991年11月 8日朝鮮半島非核化宣言(慮泰愚大統領) 
1991年12月 8日韓国内核不在宣言(慮泰愚大統領)   
1991年12月23日 「南北間の和解と不可侵および協力交流に関する合意書」調印
1992年 1月21日 「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」に調印
ここで核廃棄宣言
1992年  1月30日 IAEA保障協定調印
1992年 4月10日IAEA保障協定発効
1992年 10月8日チームスピリット再開決定
1993年2月9日ブリックス特別査察要請
1993年 3月 8日北朝鮮、チームスピリット再開に対して準戦時態勢宣布
1993年 3月12日脱退声明 6月12日有効に。
 ここで裏切る
1993年 4月 1日 IAEA、北朝鮮が保障措置協定違反と判定。
1993年 5月11日安保理、義務を果たすよう要請す
1993年 6月11日   米朝共同声明
 ここで核廃棄宣言(二回目)
1994年 2月15日    査察合意(
1994年 3月 3日 査察再開
1994年 3月15日  サンプル採取を拒否、IAEA査察中止
  ※再処理施設を建設再開

1994年 6月10日 しびれを切らしたIAEA理事会は北朝鮮への技術協力をすべて停止
1994年 6月13日   北朝鮮、IAEAからの脱退を宣言
ここで裏切る(二回目)
1994年6月16日    米国、安保理に厳しい制裁を課すよう提案
    すると北朝鮮、制裁は戦争意味することになると警告
1994年10月18日    米朝両国、「合意枠組み」に合意
1994年10月21日    米朝「合意枠組み」調印
ここで核廃棄宣言(三回目)
調印するだけ、何もせず
1994年11月 4日    安保理、IAEAに合意枠組みで与えられた任務を果たすよう要請

三回目の裏切り
そして・・昨今の核実験
上記分の中にある語句の意味

チームスピリット=米韓軍事演習
米朝「合意枠組み」=北朝鮮は、1992年の朝鮮半島非核化の履行する、北朝鮮は核拡散防止条約に留まる。
米朝共同声明=脱退の「実現」を停止、宣言した7つの施設の査察に同意

約束の概念が理解できない朝鮮人の特徴がにじみ出ています。
実に三度も約束を反故にし裏切り続けています。

注目したいのは初期段階では韓国がイニシアティブをとって北に宣言をさせたところ
何か、今の状態とそっくりじゃありませんか?
四月の南北会談ではもう一度非核化宣言をやるかもしれません。

いずれにしても今度は完全な核廃棄を確認するまでは制裁の手を緩めないと思っていますが、はたして・・・
ムン大統領あたりは速攻でなにかやりそうな気がします。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事