ここから本文です
納得できない事
納得できないことや変わったことを書いています

書庫全体表示

イメージ 1

韓国の金属労組と言えば世界最悪とも言われる労組ですが、似てるなーと思っていたのがアメリカのデトロイトGM労組
韓国にも同じように感じている記者がいたようです。
中央日報の記事です。

韓国GMはこれまで4回労使交渉を進めたが互いに譲らず平行線
労組は「強硬対応」を宣言し、群山工場閉鎖撤回、エコカー生産、に労組の参加などを求めている。 
韓国GM労組のような強硬な態度は、20年以上前の全米自動車労組とよく似ている。当時、米国GMはコストを下げるために部品を海外から委託生産する戦略を推進した。GM労組はこれに反対し、1998年の大規模なストライキに突入した。 
このストライキは、トヨタ・ホンダ・日産など日本車が米国市場に進出する機会を与えた。過激なストライキにうんざりした一部の消費者が背を向けたからだ。一時50%を行き来たGMの内需シェアは28.3%(2002年)まで下落している。  
韓国GM労組も強硬闘争一辺倒だ。赤字に落ちた最近2年間で31日もストライキを実施。この期間輸入車業界は史上最大の販売記録を続け塗り替えている。2月にはメルセデス-ベンツ(6192台)とBMW(6118台)が初めて韓国GMの販売台数(5804台)を上回った。 
  
米国GMとオーバーラップされているシーンはまだある。経営状況が悪くなっても、全米自動車労組は、福祉の恩恵を与え続けた。雇用銀行・遺産コスト制度が代表的である。雇用銀行は雇用が不足失業した労働者に賃金・福祉の85〜95%を支給する制度だ。ここでGMは、2005年から5年間22億ドル(2兆4000億ウォン)を支払った。また、GMは退職労働者の医療保険・年金(遺産コスト)まで渡した。この資金を調達するのにGMは自動車1台当たりの価格を1904ドル(204万円)や上げなければならいた。 
  
韓国GMはどうか。組合員に賃金(平均8700万ウォン)に加えて、1人当たり2259万ウォンの福祉の恩恵を提供。その結果、GMのグローバル事業所の中で韓国GMは最も競争力が低いという評価(red plant)を受ける。

もちろん一つの必要に応じて両方を必要とするのは、典型的な交渉戦略である。
しかし、20年以上前にこれを経験したGM本社がそれと似たような強硬闘争戦略に再び応じるかは未知数だ。
むしろ無理な要求で交渉を遅延しつづけた結果、ややもする新車生産の割り当てを逃すといった事態となり更に困るのは組合だ。 


2006年〜2009年GMの生産職労働者の半分(6万500人)が辞職・退職した。
そして、2009年に米国議会からの圧力で仕事銀行制度をなくしてしまった。時間制労働者・二重賃金など労働組合に不利な制度も、この時から大挙導入された。20年以上前に「強硬対応」が生んだバタフライ効果による惨劇を韓国GM労組も思い出す時だ。 

全くその通り。
異常な強硬姿勢と異常な要求
その結果、会社そのものが崩壊してしまう。

韓国GMは撤退を最後の手段として使ってくることは目に見えています。
経営の問題なのにどうして自分たちが責任をとる必要があるんだがこの労組の根本理論。
この間違いに気が付かない限り事態はより悪化していくことでしょう。

今後どう展開していくのか?
まだまだ、目を離せません。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事