ここから本文です
納得できない事
納得できないことや変わったことを書いています

書庫従軍慰安婦は嘘

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1


はあ~
相変らずやってます。

中央日報の記事です。

「話をするのが今でも難しい」... フランスの議会で涙を流した慰安婦被害者イ・ヨンスさん

「まだ当時のことを話しているのがとても大変です。私は、その歴史の生き証人であるが、日本がするのを見ると本当に強引でしょう。」 
  
世界の女性の日の8日(現地時間)、フランス議会を訪問した日本軍慰安婦強制動員被害者のイ・ヨンスさん(90)は、このような言葉をした後、涙を見せた。 
  
イおばあさんはこの日パリ市内の下院議事堂でチョアキムソンポジェフランス下院議員、カトリーヌ デュマ上院議員、場バング上プラ傾向(税)前国家革新担当長官、議会職員に会って日本軍慰安婦として体験したぞっとした記憶を証言した。 
  
彼は15歳若い年齢で日本軍に連行されて海軍艦艇を経て、台湾に駐留していた日本の神風特攻隊から経験した日本の過酷な暴力と人権蹂躙、戦争の凄惨さをまるで昨日の体験したことのように生き生きと聞かせた。そうするうちにも「そう詳細話をするのが今でもとても大変だ」と泣き抜け出すた。 
  
このような痛みの証言と絶叫は通訳を踏む前にフランスの議員に伝えられ、これらの顔は、重い悲しみに歪んだ。 

イ・ヨンスおばあさんは今年九十だが、現在の生存した日本軍慰安婦被害おばあさんのうち最も若い軸に属する。 2007年には米議会聴聞会で慰安婦経験を証言したし、これを基に米下院は日本軍慰安婦謝罪決議案(HR121)を通過させることもした。 それから11年が流れたが、もう証言をする日もいくらも残っていなかったという考えに一度でも多くの外国人に日帝の残酷さを知らせようとフランスに発った
  
今回の訪問では、慰安婦被害者おばあさんを助けてきたヤンギデ光明市場と韓国系養子出身で政界をしばらく離れ韓仏親善財団橋を設立して活動しているチョン長官の説得が力になった。  
  
フランス政府与党である'レプィブルリク アンマルシュ'(前進する共和国)所属でまた、韓国系養子出身であるチョアキムソンポルジェ下院議員もイおばあさんを暖かく合った。
  
このおばあちゃんは、痛みを伴う記憶の泣きながらも通常の声を整えて「こんな証言は、私の生命とも同じである。女性の人権活動家で平和のために懸命に走る。慰安婦問題が解決されれば、世界は平和になる」と強調した。 

フランスの上院韓仏親善協会長であるカトリンデュマ議員は、このおばあちゃんの勇気ある証言に感謝の意を表し、慰安婦問題の真実を広く知らせることを約束した。デュマ議員は特に「世界の女性の捺印今日そう勇気を持って断固として証言いただき、深い感銘を受けました。すぐに今日いくつかの同僚の女性議員たちに、この問題を話したい」と慰安婦問題を支援すること方策を考えたい旨述べた。 
  
ソンポルジェ議員は"韓日関係の発展のために真正性ある謝罪で新しい基盤を用意することが必要だ"としてフランスとドイツの関係を見ればこれを十分に理解することができると話した。 彼は"戦争で常に被害者は無実の市民、特に略字である女性と児童"としながら"そのようなメンで戦争の可能性を減らそうとするムン・ジェイン政府の対話を通した緊張緩和努力を支持する"と付け加えた。 

イ・ヨンスさんは下院訪問を終えてはパリのユネスコ(国連教育科学文化機関)本部前で1人デモもした。ユネスコは最近、韓国と日本など、世界の市民社会団体が申請した日本軍慰安婦ドキュメンタリーの世界記録遺産登録を保留している。チョン長官は、他のフランスの政界の知人たちと一緒に慰安婦ドキュメンタリーの世界記録遺産登録のために援助すると述べた。

イ・ヨンスねえ~
確か韓国内でも偽物と呼ばれてるひとでしたね。
結構、あちこちで騒いでいるので、その証言の矛盾が数多く指摘されてます。
興味ある方はググってみてください。
いっぱい出てきますよ

韓国語を翻訳機にかけたものです(若干、修正しています)

敗戦直前慰安婦虐殺した日本軍... 現場白黒映像公開

1944年9月15日、中国で撮影された朝鮮人慰安婦虐殺映像が公開された。

  
 27日、ソウル市とソウル大人権センターは「日本軍慰安婦の国際会議」で19秒分量の白黒映像を発表した。 

 ソウル市によると、当時、ここには、日本軍によって連れてこられた朝鮮人慰安婦70~80人がいた。敗戦が迫ってみましょう、当時の日本の作戦参謀だった辻政信は「サポート部隊が到着する10月まで継続抵抗せよ」は、事実上の「玉砕(強制集団自決)」の意味である
  
 結局、連合軍に捕虜として捕らえられ、生存した23人を除いた残りの大半は、いくつかの民間人と一緒に日本軍によって虐殺され捨てられた。   

映像には朝鮮人慰安婦が日本軍によって殺害された後、捨てられた姿が入れられた。遺体を埋葬しに来たと推定される中国軍兵士二、三人の姿も確認される。映像は連合軍164通信大学の写真重大B派遣隊のボールドウィン兵士が1944年9月15日に撮影したものと記録された。映像の中の場所は、中国雲南省などの忠誠近くと推定される。 
  
 映像は、ソウル市とソウル大人権センタージョンジンソン教授の研究チームが2016年と2017年の二度、米国国立公文書記録管理局(NARA)を訪問し資料調査と発掘作業を経て公開された。研究チームは、この映像資料1点と写真資料2点、当時の米、中連合軍が作成した作戦日誌をはじめ、日本軍「慰安婦」虐殺の事実を裏付ける文書14点で公開した。 

動画はこれ↓


ツッコミどころ満載の動画です。
ご自由に判断してください。

イメージ 1

従軍売春婦問題。
これは本来、日韓基本条約で終わった話
にも拘わらず、朝鮮と左翼がうるさいので何度も謝罪し賠償を払った問題。
韓国は常に「それは真の謝罪ではない」といちゃもんをつけては金をくれと騒ぎ続けています。

中央日報の記事です。


韓国市民団体「少女像、『日本軍性的奴隷制被害少女像』などに名前を変えよう」

釜山日本総領事館前に設置された慰安婦平和の少女像(写真=中央フォト)

ソウルの日本大使館前など全国74カ所に建てた「平和の少女像」を他の名前に変えようという主張が提起された。

釜山(プサン)我が民族助け合い運動は30日「平和の少女像の名前を日本軍拉致被害少女像や日本軍性的奴隷制被害少女像に変えよう」と提案した。

この団体は「少女像は日帝強占期当時、日本によって行われた旧日本軍による性的奴隷制の蛮行を告発し、被害当事者の痛みを記憶しようとの趣旨で建てられた」として「旧日本軍に拉致されて性的奴隷として蹂りんされ、殺され、けがするなど、やっと生き残った被害者の造形物を作っていかに『平和の少女』と呼べるか」と「平和の少女像」の名前に異議を提起した。

また、「少女像造形物の名前を『日本軍拉致被害少女像』や『日本軍性的奴隷制被害少女像』に変えることをもう一度強力に促す」として「メディアもこれ以上少女像を『平和の少女像』と表記してはならない」と主張した。

釜山(プサン)我が民族助け合い運動のイ・インス事務総長はハンギョレ新聞とのインタビューで「日本政府が旧日本軍の性的奴隷自体を否定し続け、真正性ある謝罪をせずにいるのに平和の少女像の名前には告発精神がないため、怒りも、日本政府に謝罪を促す意味も表れない」と話した。

何度目ですかねーこうやって蒸し返すのは
2015年の日韓合意はこうした蒸し返しができないように行った合意なんですけどね。
これを無視して蒸し返す韓国。

この合意、かなり多くの人が「どうせ、蒸し返す」くらいの予想はしてたのではないでしょうか?
当然、わたしもどーせと思ってました。それと同時に今でも同じ考えですが、あの合意は間違い。
徹底的に解決済みで突っぱねるのが最善策。
取りあえず、強制といった法的責任は取らないつまり、あれは事実ではないという形での合意なので、多少は救われた感じもありますけどね。

この問題って日本と韓国がいくら話をしても終わらないと私は考えています。
だって、これを利用して金を集める政治団体がいるのですから日本がなにをしても無理。
解決には韓国政府が政治団体を解体する。これをやらない限り未来永劫続くでしょう。

あ!韓国が滅びるという形もありましたね。

いずれにしても日本ができることなど一切ありません。
日本は「履行せよ、日本がこれ以上できることは何もない」と突っぱねる。
これが終了させる現時点での最善策



「少女像造形物の名前を『日本軍拉致被害少女像』や『日本軍性的奴隷制被害少女像』に変えることをもう一度強力に促す」として「メディアもこれ以上少女像を『平和の少女像』と表記してはならない

え?好きにすれば?
ずっと「お金くれニダ」を合唱してればいい。

ローソクデモのように、韓国はごねてれば安倍が退陣して日本が折れるなんて思ってません?
無理ですよ、国民は支持しています嫌韓を。

イメージ 1

泣く子は餅を・・・
これは韓国にあることわざだそうです(?)
確かにこの国何をするにしても潔さとは無縁のしつこさ、あきらめの悪さを感じる国です。
そんな国につけ入る口実を与え続けた左翼。
やっぱり、むかつきます。

ハンギョレ新聞の記事です。

日本政府の初めての慰安婦関連公式謝罪、そして26年の歳月が流れた

「私たちはかつて日本軍がこの問題に関与したとのことを否定することはできない」

 日本の国会で初めて日本軍「慰安婦」被害者に対する謝罪発言がなされたのは今日からちょうど26年前の1992年1月29日。当時日本の首相であった宮沢喜一が発言の主人公だ。彼は参議院での演説で、かつて第2次世界大戦中に日本政府が主導して韓国の女性たちに、日本の軍人らと性関係を持たせた事実について謝った。宮沢首相はこの日「私たちは言葉では言いようのない苦痛を味わった方々に心からの反省の意とお詫びの気持ちを表明いたします」と話した。

 宮沢首相の突然の謝罪には背景があった。日帝時に韓国人慰安婦の募集と運営に「日本軍が直接関与」したことを立証する米軍の公式文書が初めて発見されたためだ。そのうえ、文書が公開された時点から約一カ月後の翌年1992年1月16日には、宮沢首相の訪韓が予定されていた。彼は訪韓に前後して計4回、日本軍「慰安婦」被害者に対する謝罪の意を表明した。

 それにもかかわらず、日本軍「慰安婦」被害問題は未だに進行中だ。日本政府が毎度言葉を変えながら、後続措置には中途はんぱな態度を見せてきたためだ。結局、日本側のこうした態度は、日本軍「慰安婦」被害者を2回泣かせる格好になっている。宮沢首相の謝罪もますます無意味な記録になりつつある。

米軍公式文書の内容は?

  文書は、1944年8月と9月にインドとビルマに駐留した米軍心理戦部隊が作成したものだった。文書には、慰安婦の補充方式と運営現況、日本軍との関係などが詳しく記録されていた。文書の根拠は、慰安婦として強制動員された韓国人女性慰安婦と日本人慰安所運営担当者を対象に実施した米軍側の尋問記録だった。文書の主な内容は次のとおりだ。

 慰安婦の募集には日本軍の許可が必要であり▽慰安婦の国外移動のために日本軍が船を提供し▽日本軍が東南アジア各地の駐留日本軍司令部に慰安婦の交通・食糧・医療などの便宜提供を要請する通行証を発行した▽慰安所は日本軍の部隊別・階級別に自主作成した時刻表により運営され日本軍の厳格な監督の下に性病検診などが行われた。

口先だけの4回の謝罪

 それまでに日本軍「慰安婦」強制動員に、日本の軍部が直接介入したという証拠は日本国内でもすでに何回も提起された。日本政府はこれを否定した。だが、米国立記録保管所と海軍歴史センターなどで公式文書が発見され、日本政府はこれ以上の逃げ口上は難しいと判断したものと見られる。

文書が再び発見された

 日本の首相が日本軍「慰安婦」に対して数回形式的に謝るのに終わっただけで、日本政府は問題解決のための具体的な方案は提示しなかった。

 そうする間に、今度は日本で日本軍「慰安婦」に関する文書が再び発見された。日本政府は1992年2月3日、日本防衛庁の防衛研究所図書館から慰安婦および慰安所に関する日本軍資料50点を発見した。3日後の6日と7日にも、日本と韓国で慰安婦動員・管理に首相を含むかつての日本政府首脳部が深く関与していた事実を立証する文書が相次いで発見された。

 特に6日に日本の防衛庁で発見された47種の慰安婦関連文書では、それまで証言のみで伝えられてきた中国人、フィリピン人などの慰安婦強制動員事実も確認できた。これに対して日本政府は「韓国以外の他の国家に対する謝罪などは検討していない」とし、韓国に対しては「国家間賠償はもちろん、個人補償まで法的にすでに解決済み」という既存の立場を守った。

未完のまま残った」日本政府の初めての公式謝罪

 日本政府は1992年7月6日、ついに日帝末期の慰安婦問題に当時の政府が関与したという事実を公式に認めた。日本政府の報道官にあたる加藤紘一官房長官はこの日の記者会見で「昨年12月から今年6月まで6個の関係部署に保管中の朝鮮半島出身慰安婦関連資料を調査した結果、4部署で合計127件の資料が発見された」と発表した。加藤長官は「これらの資料に基づいて、慰安婦問題に日本政府の関与があったことが認められた」と話した。

 彼は「苦難に会われた方々に私たちの謝罪の気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える」と付け加え、補償などの後続措置を取ることを示唆した。しかし加藤長官は、「慰安婦」募集過程での「強制徴集」については最後まで否定する態度を見せ、自らの調査結果発表を終えた。

相変らず長いので少し編集

1992年1月29日。宮沢喜一首相が参議院での演説で、かつて第2次世界大戦中にあった慰安婦に対し「私たちは言葉では言いようのない苦痛を味わった方々に心からの反省の意とお詫びの気持ちを表明いたします」と謝罪した。
にも拘わらず未だに解決していないのは日本が発言内容を変えるからだ。

宮沢首相が突然謝罪したのは米軍公式文書が見つかりほかでも発見された。
内容は
・慰安婦の募集には日本軍の許可が必要
・慰安婦の国外移動のために日本軍が船を提供
・日本軍が東南アジア各地の駐留日本軍司令部に慰安婦の交通・食糧・医療などの便宜提供を要請する通行証を発行した
・慰安所は日本軍の部隊別・階級別に自主作成した時刻表により運営され日本軍の厳格な監督の下に性病検診などが行われた。

加藤長官は「これらの資料に基づいて、慰安婦問題に日本政府の関与があったことが認められた」と話した。
彼は
「苦難に会われた方々に私たちの謝罪の気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える」と付け加え、補償などの後続措置を取ることを示唆した。しかし加藤長官は、「慰安婦」募集過程での「強制徴集」については最後まで否定する態度を見せ、自らの調査結果発表を終えた。


あれ?一回も謝罪してないって話じゃなかったですか?
内容が変わるから心からの謝罪ではない?
内容なんて相手が違うんだから変わるのは当たり前です。
ただ単に韓国が政権が変わるたびに謝罪しろって言ってきてるだけなんですよね。
しかも悪いことに左翼が韓国と一緒になって「謝罪するニダ」「賠償するニダ」とずっと言いつづけ、左翼メディアが大衆を騙し続けた。
その結果、韓国はいくらでもお金をもらえると考えしつこく食い下がるんですよね。

これが証拠だといわれる文章も内容をよく見れば単なる営業のシステムと就業規則。
どこをどうとっても強制は認められません。
他にも何度か発見したなんて言ってましたけど、どれを見ても同じようなもの、そうですね軍艦島の手紙を見せてこれが強制の証拠だと言ってるのと同じレベルの代物ばかり。
加藤長官の発言にも妙な付け加えが
「補償などの後続措置を取ることを示唆した」
慎重に検討すると言ってるんです。
だから、後になって「解決済み」と回答しても問題ないんです。

でも、これが韓国の思考回路、政権が変わればすべてがリセット。
都合の悪い話は聞かない、都合のいい部分だけをつなぎ合わせ、修正しあたかもそうだったように周りにふれまわる。

こんな民族に何を話しても無駄。
徹底的に無視、それがこの国との正しい付き合い方です。
イメージ 1

今朝、ニュースを眺めていると昨日かいた、石碑書き換え事件の続きを見つけました。

産経新聞のニュースです。

朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国中部、天安(チョナン)市の国立墓地に建てた謝罪碑を無断で書き換えたとして、公用物損傷罪などに問われた元自衛官、奥茂治被告(69)は24日、懲役6月、執行猶予2年の有罪とした1審・大田(テジョン)地裁天安支部の判決に対する控訴を取り下げた。奥被告が明らかにした。

 控訴取り下げで1審判決が確定すれば、奥被告は昨年6月の出頭から7カ月間に及んだ出国禁止措置が解かれ、近く帰国する見通しとなった。

 奥被告は、1審で求刑などが通訳されない不備があったとして控訴したが、判決文に自ら訴えてきた事件の背景に「吉田氏の偽証」がある点が盛り込まれたと判断し、取り下げを決めたという。判決文には、吉田氏の長男が、父親の嘘が原因で慰安婦問題が起きたと考え、碑の撤去を依頼した経緯が明記された。

 奥被告は今月11日の判決後、「量刑に不服はなく、重要なのは吉田氏の嘘が判決文に盛り込まれているかだ」と話していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000046-san-kr

お疲れ様でした。
本来ならこれは朝日新聞がやるべきことです。
なんせ、デマを世界中に広め今日の問題を作り上げた極悪メディアですからね。

今回の事件の目的は最初から実際に起こした石碑の書き換えではなかったことは大半のひとがわかっているとおもいます。
今回の目的は韓国人の法廷で吉田清治の記事は嘘であるということをはっきりいい、そしてそれを記録に残すことだったのでしょう。
ですから、法廷の記録に入っていないのであれば、上告するつもりだったようです。
結果、記録には残せたようなので取りあえず一安心といったところなのでしょう。

 帰国後には、碑の所有権の確認や碑の完全撤去を求め、民事訴訟を起こすことも検討している。

最後にこんな記事が付いてます。
もう一発、やる気があるようです。

がんばってください。応援しています。

で・・・
このニュース、従軍売春婦関連ですから国民の関心はかなり強いはずです。
なのに、結局記事にしたのは産経のみ、諸悪の根源である朝日新聞をはじめ毎日など左翼メディア知らんぷり。
都合の悪いところは「報道しない自由」ですか?

都合のいい部分だけを拡大解釈し騒ぎを起こす。
これってお隣の国とまったく同じですね。

結構まえから言われていることですが「メディアは中韓に支配されている」これを十分納得させてくれる報道姿勢です。

随分まえから新聞をとっていませんが、本当に正解でした。
左翼メディアのデタラメ記事など、もうみたくないですから。

イメージ 1


開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事