全体表示

[ リスト ]

前回の製作記からだいぶ間が開いてしまいました・・・すいません。
 
 
イメージ 1
あらかた完成した各々のパーツを組み合わせていきます。
基本的に接合部には全てプラネジを使用するので、顔や手足はぐりぐり動きます。
 
 
 
 
 
イメージ 2
パーツによっては向きに注意してはめ込む必要があります。まぁ、マニュアルをきちんとチェックしながら組み立てていけば問題は無いんですが。
 
 
 
 
 
イメージ 3
あらかじめ組み立てておいたコインの投入口とスイッチを胴体に接着して、全工程の終了です!
ちなみにスイッチは、段ボール製のダミーです。ONにしても目は光りません(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
完成!
 
 
 
 
 
イメージ 5
一応大きさ比較の為に、大小のリボルテックダンボーと並べてみたの図。
6畳間に置いても、意外と場所は取りません。
 
 
なんだかんだで、ダンボーを組んだのは大小合わせてこれで3体目くらいかな?昔はスクラッチで散々苦労しましたが。
今はこんな組みやすいキットが出てるんですから、便利になったもんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、数年前に作ったダンボーでも貼っておきますね。
 
ちなみにこのamazonダンボー、その後どうなったかと言いますと、
 
第1回あきフェス出品
   ↓
しばらくは自室に放置
   ↓
某中古倉庫にひっそりとディスプレイ
   ↓
行方知れず(十中八九、粗大ゴミとして廃棄処分)
 
 
 
 
・・・中々に数奇な運命だな。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事