ここから本文です
恥ずかしながら帰ってまいりました。現在諸事情により足跡を残しておりません。こっそり皆様のブログを覗いております。ご容赦ください
資格試験があと一週間後なのに
相変わらず暗源のフィギュアで
遊んでおります。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8





改造ポイントは今度また改めて記事に
させていただくとして

フィギュアだけでは寂しいので
なんか乗り物欲しいなーと

んで、以前、
ツァアさん
https://blogs.yahoo.co.jp/geriko68/MYBLOG/yblog.html

が紹介されてたのがかっこよかったので
買いました!

スター・ウォーズ
デザートランドスピーダー!

https://www.amazon.co.jp/dp/B014R70498/ref=cm_sw_r_cp_api_i_PxuDCbYS9DCB0

イメージ 1


イメージ 2


うーむ、暗源隊は座れません(笑)

でも、カッコいいからリペイントしよう!
ついでにフィンもリペイントしよう!

さて、お風呂入れ命令が発令されたので
お風呂入ってこよーっと

開くトラックバック(0)

ここんところずっとハマってる

暗源さんの1/18シリーズのフィギュア。

僕の中では大変バランスがよく

すごく良いフィギュア

だと思ってるんですが…

僕が一番気になったのは手首です。
右手と左手のスイング方向が違います。
アシッドレインやほかの
3.75inchフィギュアでもほぼ同じようです

そこでミクロマンの改造用に購入してた
トミーテックさんのリトルアーモリー用
グローブ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8



1/12ですがほぼ違和感ないので
こちらをなんとか取り付け出来ないか
調べてみました。

もともとデフォルトの関節は固定式。
手の型は断然こちらの方が良いんですが
可動が制限されます。

そこでインターネットを徘徊してる時に

コトブキヤさんの
フレームアームズガールの
リストジョイント

なるものがあるのを知りました。

イメージ 3


このジョイントは直径約4mmの
ボールジョイントです。

イメージ 4


すごく小さいジョイントですが
なかなかの優れものです。
またデフォルトのジョイントと
ほぼ同サイズです。


太い方の軸が3mm
細い方の軸が1mmちょい有ります。

細い方の軸が無加工で
リトルアーモリーのグローブに取り付け
出来ます。またこの細い方のジョイントは
先端が加工されており、取り付け自体も
安定して、デフォルトのものより
抜けにくくなってます。

本体の手首側は3mmのドリルで
穴を大きくするだけで
簡単に取り付け出来ます。

イメージ 5


取り付けた状態です。

イメージ 6


銃はプラッツさんの
リアリスティックウェポンシリーズの
ハンドガンです。

イメージ 7


手の型がリアルになったのと
可動範囲が増えました。
簡単な工作で出来るので
満足です。

ただ、もともと商品についてた
銃器は逆に持たすのに工夫が必要です。
またリトルアーモリーにしろ
リアリスティックウェポンにしろ
1/12スケールなので大きさは1.5倍に
なるのでライフルなど長物は
かなりオーバースケールな
感じになります。

しかし、こんな簡単な工作で
グッとフィギュアがかっこよく
なったと思います。

頭をリペイントしてたので
ドクロマンの頭に一時的に
モデルになってもらってます。








ツィッターで

Love Jointさん
(@maxi_LJ)

という方が

胴体が短いのと手が短い

とおっしゃって、実際に胴体を延長されて
ましたので真似をしました。

イメージ 9


真ん中から半分にぶった切って
プラ棒を芯にしてエポキシパテを
盛り付けました。

工作する時間は10分くらいかな?
ある程度、プラモデルで作業されてる
型なら簡単だと思います。

イメージ 10

イメージ 11


延長した胴体周りはまだ塗装してませんが
こんな感じになりました。

銃はリトルアーモリーの
MP7A1です。

やはり少しオーバースケールかな?










やはりこういった趣味のものは
色々な見方、考え方があると思います。

良いところ、感動したところは
貪欲に取り入れるようにし、
また自分でも情報を発信し
少しでもこのフィギュアの魅力を
お伝えできたらなあと思ってる次第です。

前ブログではナーフというおもちゃの
分解、再組み立て、そして塗装を
説明した記事が模型をされない
一般の方にお役に立ててたようでした。
ワード検索のほとんどがナーフでした。

ちなみに今はワード検索はほとんど
有りません。
それだけ魅力がないという事でしょう。

もともと、おもちゃのリペイントが
好きだったのをずっと忘れてました。
ブログをやるからには今後は

「ヒラメキやアドバイスになること」

を目標に記事にしていきたいと思います。

開くトラックバック(0)

ガチャーネン2.0

わーはははっはー!

ガチャーネン手に入ったー!
友達に門真市の海洋堂さんで
ガチャってもらったんだー。

ハインリヒx1
ラクーンx2
ファイアーボールSGx1

ラクーンが欲しかったので良かった!

イメージ 1


さて、暗源のフィギュアしよーっと。

追記
足の裏の3mmの穴にハイキューパーツさんの3mm2mmのネオジム磁石が接着剤無しでも大丈夫と記載しましたが、個体差で外れるものも出てきました。申し訳ございませんでした。記事内容を修正いたします。


さらに追記
ダイソーさんのコンテナ、200円で購入したとおもってたら100円でした。






イメージ 1


とりあえず3体、パーツの接着が
終わりました!

このフィギュアをツイッターで
つぶやいてるのが僕だけ?な気がします。
もしかしたら買ったん僕だけ?って
一瞬思ったんですが(笑)

そんな事無いでしょうが、もし今後、
作業される方のうち
フィギュアは買うけど模型はしない
って方もいらっしゃると思いますので
少しでもお手伝いできるように
気がついたポイントを記載します。

イメージ 2


取説には中国語(北京語?)
しか書いてません。

なんとなくわかるんですけど、
全然わかりません(笑)

まず強力? 502がどんな接着剤か
全くわかりません。

おそらく瞬間接着剤の類だと思いますが
念のためツィッターでつぶやいたら
暗源の日本代理店の
スータンホビーさんから

「瞬間接着剤でオッケー」と
教えてもらいました。

スータンホビーさん、
ありがとうございます!

んで、

最初は
僕が模型作りによく使う瞬間接着剤の
ロックタイトさんの
ピンポインターゼリー状

イメージ 3


を使ってたんですけど
なんだか付きが悪かったので
タミヤさんの

イメージ 4


使い切りタイプに変更しました。
ゼリー状の方が扱いやすいんですが
サラサラした液状の瞬間接着剤の方が
付きか良いみたいです。
瞬間接着剤は別にどのメーカーでも
良いと思います。

あとは取説にイラストされてるように
パーツに直接、接着剤を付けるのではなく
一度、容器などに出してから
先のとんがった物で点付けします。
僕は爪楊枝を使いました。

パーツに直接、接着剤をつけようとして
びゃ〜と接着剤が出てきてら、大変です。
しかも膝関節のところにもパーツを
付けないといけないので、
そんなところに接着剤が
びゃ〜って出たら関節が
固まってしまいます。

びゃ〜って表現は横山宏先生の
モデリングブックに書いてたのを
引用しました!(笑)

もしあるのなら瞬間接着剤の
硬化促進剤を使えば、作業効率も上がると
思いますが、がっつり模型をしてる人しか
なかなか持ってないと思います。
ちなみに僕が使ってるのが
アルテコさんの
低臭スプレープライマーです。

イメージ 5


今、アマゾンさんでみたら
2000円くらいでした。
僕が買った6年前くらいは確か
1600円くらい?だったかなぁ

まあ、結構長く使えるので
今後模型とかするなら一本持っといても
良いかなと思います。

イメージ 6


フィギュアの足の裏には3mmの
穴があいてます。別にスタンドとか
入ってる訳では無いので、この穴に
たまたま家に有った
ハイキューパーツさんの

直径3m m高さ2m mのネオジム磁石

を入れました。ぎゅっと押し込むだけで
接着しなくても多分大丈夫です。



(個体差で外れるものも有りました。)

これをすると金属製の物が
スタンド代わりとして安定して使えます。

イメージ 7


太ももにタクティカルベルトを
足首を外して通すのですが
ベルトの向きに注意しましょう。
左右がわかりにくいのですが
ベルトのバックルを模したパーツが
内側に来るようにしましょう。
左右間違えると後ろにバックルがきます。

え?なんで内側って?

もし自分で本当に取り付けするなら
太ももの後ろにバックルがあったら
付けにくいでしょ
ってのが理由です。

イメージ 8


ロシアリエンジニアリングの
ビクターさんってフィギュアですが
取説のネオジム磁石の取り付け位置が
間違えてます。

イメージ 9


説明書の位置だと

イメージ 10


こんな高い位置になります。

イメージ 11


これが正しい位置です。

もし間違って入れても
このビクターさんのには
余分にネオジム磁石が余分に
入ってるはずなので正しい位置に
入れましょう。

あと全体的に
パーツにはゲート跡やバリなど
目立ちますので出来るだけ
取り除きましょう。グッと良くなります!

カッターやヤスリで良いです。

削れたところはラッカー系の塗料で
リタッチすれば良いと思います。

あとは極小ドリルがあれば銃口も
開口しましょう!

イメージ 12


スペツナズのアンドレーさんが
入ってるのがダイソーさんの200円の
折りたたみコンテナです。
(すみません、100円でした。)

このスペツナズシリーズには
プラスチック製のケースが付いてて
バラバラに分解出来るんですが
この横幅がコンテナとぴったり!

簡単に展示スペースができるので
おススメです!

あっ、そうそう
スペツナズシリーズにはなんだか
椅子みたいなパーツが入ってます。

イメージ 13


これもツイッターでなんじゃらほいって
つぶやいたらスータンホビーさんから
自由に使えるパーツとして入れてるので
特に何かと言うものではないって
教えてもらいました。

が、椅子としても正直使いにくい(笑)

まあそのうち何かに使えるでしょう!

また気がついたことがあれば
ブログにします。

フィギュアはかなりリアルに出来てます。
アシッドレインのフィギュアも
良いのですが個人的には価格も安く
リアルな暗源さんのがお気に入りです!

タカラさんにミクロマンでこんなのを
作ってほしかったなぁ。

開くトラックバック(0)

暗源 1/18フィギュア

相変わらず布団の上ですみません。

イメージ 1



うーむ…暗源のロシア兵…
延期にえんきを重ねてて
しばらくは届かんのじゃ無いかと
思ってたら…
いっぺんにまとめて入ってきた!
全部で25000円くらいぶっ飛んだわ!
(笑)

まあ自業自得ですね。
調子に乗ってポンポン予約するのは
気をつけよう。



とりあえずアンドレーさんって言う
ボールドなおじさんを開けてみよう。

イメージ 2


サイズはミクロマンとアシッドレインと
一緒だねぇ

でもリアルさは暗源だな!

イメージ 3


カッコイイ!

アシッドレインと比べると
どっちもいいんですけど、
うん、暗源のがいいね。

イメージ 4


ウエザリングもカッコイイ!

イメージ 5


銃器はちょいちゃちいかな。
まあしようがないね。

ドラゴンさんの1/16 の銃器セットが
確かどっかにあったから
それも試してみよう。

イメージ 6


まあ、大きさはこんな感じに。

一番小さいのが暗源の1/27の
未塗装フィギュア。

その次に小さいのがコトブキ屋さんの
アーリーガバナー

イメージ 7


アシッドレインのボブさんと比べると
アンドレーさんのが顔が小さいね。

さて、細かいパーツを

イメージ 8


付けていこうかね。

おっともうこんな時間だ。

明日は出かけないといけないので
今日はもう寝よーと。

すみません、なんか文体がおかしいのは
半分寝てるからです。

では
グンナイ!

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事