My Simple Life

これから暑くなってきますね。

全体表示

[ リスト ]

聖母マリアの結婚

 
まずは、マリアがイエスを出産するまでの生涯を簡単にたどっていきたいと思います。
しかし、福音書の中にはマリアについての記述があまりありません。
マリア神話の多くは、その後の信仰の歴史の中で育まれたものです。
 
イメージ 1
ROSSO FIORENTINO
(b. 1494, Firenze, d. 1540, Paris)
Marriage of the Virgin,  1523
San Lorenzo, Florence
 
 
これから述べる内容についても、事実に基づいて記録されたものとそうでないものが
混在することと思いますが、ポピュラーな聖母マリア伝説として紹介していきます。
 
イメージ 2
ROSSO FIORENTINO
(b. 1494, Firenze, d. 1540, Paris)
Marriage of the Virgin,  1523
San Lorenzo, Florence
 
 
マリアは、父ヨアキムと母アンナの間に生まれました。
両親のもとで大切に育てられたマリアは、3歳のとき神殿に捧げられたと言われています。
マリアは神殿で身も心も清く保ち、苦行も実践し、神を畏れ敬いながら9年間を過ごします。
 
イメージ 3
ANGELICO, Fra
(b. ca. 1400, Vicchio nell Mugello, d. 1455, Roma)
Marriage of the Virgin,  1431-32
Museo di San Marco, Florence
 
 
そして思春期を迎えたマリアが14歳の時に、
神殿の司祭長のもとへ天使が現れ 「国中の独身者に一本、杖を持たせて集めよ。
そして杖の先に花の咲いた者をマリアの夫として選べ」 と聖告を受け、
その聖告に従い国中の独身者を集める中に、大工ヨセフの手にする杖の先に花が咲き、
 
イメージ 4
MURILLO, Bartolome Esteban
(b. 1617, Sevilla, d. 1682, Sevilla)
Marriage of the Virgin,  c. 1670
Wallace Collection, London
 
 
聖母マリアの夫として選定された後、両者で結婚の儀式をおこない
司祭の目前で聖母マリアに指輪をはめるという場面を指すのが「聖母マリアの結婚」です。
天使のお告げにより選ばれたヨセフの許嫁となったのです。
 
イメージ 5
GIORDANO, Luca
(b. 1632, Napoli, d. 1705, Napoli)
Marriage of the Virgin,  c. 1688
Musee du Louvre, Paris
 
 
天使ガブリエルが彼女のもとに訪れ、聖霊によって身ごもったことを告げられます。
エリザベトに相談し、安心したマリアは夫にも身ごもったことを伝えます。
ヨセフは始め戸惑い、疑ったが、天使のお告げによりその事実を知らされて2人は結婚ます。
マリアが15歳の時に馬小屋を借りて、その中でイエスを出産したと言われています。
 
(ヨセフに)主の天使が夢に現れて言った。
「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。
マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。
マリアは男の子を産む。
その子をイエスと名付けなさい。
この子は自分の民を罪から救うからである。」
マタイによる福音 1・20−21
 
イメージ 6
PERUGINO, Pietro
(b. 1450, Citta della Pieve, d. 1523, Perugia)
Marriage of the Virgin,  1500-04
Musee des Beaux-Arts, Caen
 

マリアのエピソードについては色々な説があり、
例えばヨセフの年齢は婚約時すでに高齢の老人であったということに
なっていますが、異説ではヨセフが若者であるともいわれています。
 
しかし、マリアは永遠の処女で、結婚後も純潔を守ったという話を
無理のない事実とするには、このような年齢設定は妥当なものと思えます。
しかしなぜ、マリアは絶対的に純潔でなければならなかったのです。
 
イメージ 7
 
書物にはマリアはどう描かれているのでしょうか。
キリストは「一人の女から生まれた。」と言っただけでした。
 
イエス自身も
「天にいます私の父のみ心を行う者は誰でも私の兄弟、また姉妹、母なのである」
マタイによる福音 12・50

と言い、血縁関係を気にしていなかったように見えます。
 
イメージ 8
GIOTTO di Bondone
(b. 1267, Vespignano, d. 1337, Firenze)
No. 11 Scenes from the Life of the Virgin: 5. Marriage of the Virgin,  1304-06
Cappella Scrovegni (Arena Chapel), Padua
 
 
このことからも、当初はマリアが処女であるかどうかについては
さほど意味を持たなかったように思えます。
 
そもそも聖書に「処女」という言葉が入ったのは、
紀元前2世紀の「七十人訳聖書」からのことです。
 
イメージ 9
CHAMPAIGNE, Philippe de
(b. 1602, Bruxelles, d. 1674, Paris)
The Marriage of the Virgin,  c. 1644
Wallace Collection, London
 
 
ヘブライ語の旧約聖書の中の言葉、「almah=若い女性」という言葉を
ギリシャ語の「parthenos=処女」と訳したのが始まりで、
これが「イザヤ書」の「見よ、おとめがみごもって男の子を産む」
イザヤ書 7・14 という部分です。
 
それを福音史家のマタイが 「メシアは処女から生まれる」 としたものだといわれます。
 
 

☆ 京都産業大学文化学部の 「聖処女マリア崇拝」 より引用しています。

閉じる コメント(18)

顔アイコン

引用ではなく、本当の事が知りたい。
\(◎o◎)/

2011/11/2(水) 午後 9:20 norimiti1464 返信する

顔アイコン

宗教は現代の常識では考えられないことを、認めることから始まりますね。

仏教で言えば、極楽浄土が有ることを認めない限り真の信者になれません。
「あると言えばある」「無いと言えば無い」深いところに真理があるのでしょうね。

2011/11/2(水) 午後 9:22 カワラヒワ 返信する

アバター

イエスにはお父さんがおられないのですね。。。

いいんじゃないでしょうか。☆ポチ

2011/11/2(水) 午後 9:37 胡蝶蘭 返信する

11月ですね〜☆
.∧__,,∧
(´・ω・`)
(つ夢と)
`u―u´
明るく笑顔でガンバ〜!ポチ

2011/11/2(水) 午後 10:08 丹陽(タンヤン) 返信する

顔アイコン

宗教では大体が矛盾が矛盾でなくなるんですね!
無理にこだわらなくても・・・不可思議がまた、神秘的な威光があっていいんですかね!ポチ

2011/11/2(水) 午後 10:12 n.yoshii 返信する

そうだったね〜 イエスを生んだのは 聖母マリアとヨセフだった
って 思い出した(^^ゞ マリア伝説は色んな説があるようだよね♪

宗教の説と世界のたどる道は 矛盾であって矛盾じゃないんだぉね。仮説のようであって 少々・・そうでもナシかなぁ〜(*^_^*) ☆P

2011/11/3(木) 午前 0:38 らん 返信する

顔アイコン

マリアがイエスを生んでいなかったら歴史はどうなっていたでしょうね。ぽち。

2011/11/3(木) 午前 5:46 bonbondaruma 返信する

アバター

宗教って、結構矛盾した話が、罷り通ってる所もありますからねぇ〜〜〜
いろんな説があるようですが、それもまた、良いのかな?と思います。
何でも明確になれば良いってものでもないですしね!!
ポチ☆

2011/11/3(木) 午前 11:19 NAO 返信する

アバター

マリアが処女なのにキリストを生むことができたのか
分かりました。
面白い、参考になりました。☆ポチ

2011/11/3(木) 午前 11:24 ダミ 返信する

言葉を知らないと
気が付いてるこのごろ
メシアの意味を調べました

2011/11/3(木) 午前 11:28 han*tar**00 返信する

難しいな。
でも面白い話です。
興味あります。
ポチ!

2011/11/3(木) 午後 7:15 sironamaco2 返信する

norimiti1464さん、
引用した方が文章もまとまるのでしています。
実際に聖書の中には、聖母マリアの結婚にかかわる記述もありませんし
また、幼い時の記述もありません。

................................
☆ カワラヒワさん、
心理を理解することはとても難しいです。
貴方も御自分の宗教の心理に理解することはできますか。
私もカトリック信者の端くれですが、未だに心理を理解することは難しいです。

................................
☆ 胡蝶蘭さん、
イエス・キリストの場合は、ヨセフは養父で聖母マリアが身ごもったのは
無原罪の宿りによるものです。
受胎告知の絵画に白百合は描かれているのはそのためで純潔を現わしています。

................................
☆ 丹陽さん、
ありがとうございます。
天気の良い日が続いています。

2011/11/3(木) 午後 7:41 seu 返信する

Yoshiiさん、
宗教は神話に近いものです。
実際に聖書も歴史に沿ってくるのはアブラハムからの時代で、
それ以前のバベルの塔やノアの箱舟などは神話といってもよいのです。

................................
☆ Runさん、
聖書の何処にもイエスキリストの父親はヨセフとは書いてありませんし
聖母マリアの結婚の話の記述もありません。
他にもありますからマリア伝説と言ってよいでしょうね。

................................
☆ Bonbondarumaさん、
世の中はどのようになっていたでしょうね。

................................
☆ NAOさん、
宗教には矛盾はつきものですよ。
でも聖書などを読んでいると、矛盾しているとは思っていても
面白みが湧いてこないし、眠くなってきます。
聖書を習っていた時は、神父様からこれではいけないと言われたのですが
読んでいるとやはり眠くなってきます。

2011/11/3(木) 午後 7:57 seu 返信する

今日は、難しいこと抜きで、
絵を楽しませていただきました。ポチ

2011/11/4(金) 午前 8:47 つるつる好き 返信する

顔アイコン

洋の東西に関わらず、私には宗教の世界は摩訶不思議の世界で未知の世界…
それでも社寺の前やご先祖様には手を合わせてますが…
キリスト生誕の経緯はなんとなく分かりました。 ポッチ!

2011/11/5(土) 午前 10:44 [ りーりっこ ] 返信する

ダミさん、
聖母マリアは天からの聖霊によって身ごもったとされています。
全能な神には何でもできるのですね。

................................
☆ 花太郎さん、
「メシア」とは救世主のことで、この世を救うために来てくださった
人のことです。

................................
☆ Sironamacoさん、
難しいお話ですが興味を持って頂きましてありがとうございます。

................................
☆ つるつる好きさん、
これからも、このように中世の絵画を楽しんでください。

................................
☆ りーりっこさん、
どの宗教も摩訶不思議な出来事がありますね。
それらを信じるかどうかは、私たち自身ですが私は励みのために自分の
宗教をもっています。
今は、放送大学でイスラムの世界をとっていますが難しいですし、
人々の習慣がまた面白いです。

2011/11/5(土) 午前 11:03 seu 返信する

アバター

一神教、処女性重要視は男性優位のお話のようで。ヨーロッパでは早く母系制が敗北しましたから。
映画マリア、結構面白かったのでTB&ポチさせてください。

2011/11/5(土) 午後 1:17 hitomi 返信する

Hitomiさん、
一神教でもユダヤ教は、男性優位の社会のために余り女性のことは
記されていませんが、優位いつ女性として優位に立っているのは
聖母マリアでしょうね。

TBをして頂きましてありがとうございました。

2011/11/5(土) 午後 6:02 seu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事