ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

6月からスタートした資格「家庭動物販売士」は、動物についての専門知識を持った証明になる。
これまで動物販売に関しては、動物専門学校が出す資格しかなく、取得しても学校がある地元のペット店でしか有効でなかった。家庭動物販売士を創設した全国ペット小売業協会(以下ZPK)には、ペットランドほか全国の主なペット小売業約2500社が加盟している。全国に通用する動物販売のプロの育成のため、資格制度を設けた。

現在、日本では犬は15万頭以上が飼育されている(ペットフード工業会04年度調査)。一方、ブームの裏で購入に関してのトラブルが増加しているのも事実。
ZPKの加盟各社は、共通の取り決めで、売買契約書、ワクチンなどの接種証明や、ペットの親や兄弟の健康状態までの情報を把握して販売する。

◆家庭動物販売士
05年6月設定。受験資格は.撻奪汎以関係の学校を卒業した人、もしくは卒業見込みの学生▲撻奪汎以に関連した資格の保有者F以販売店での勤務をしている人。以上の3項目でいずれか1つの条件を満たしていれば可能。試験内容は動物取扱業者としての社会的役割と責任、動物愛護に関しての法律知識、生体に関しての知識、適切な展示方法、フード、用品の情報把握。病気や感染症についての知識、繁殖方法など幅広い内容から全30問が出題される。試験会場、開催時期は認定委員会03−5347−0276(全国ペット小売業協会内)へ。

北海道日刊スポーツ新聞社 引用 著作権法第32条より


この季節、進学を考えた方や新たに事業を行いたいと考えている方、知識を得たいと思っている方々から問合せが入ります。
「ペットに関して資格を得たいが、なにを、どこで取得するば良いか?」

ペットに纏わる資格は、数多くあります。

ペットを人間のパートナーと考え大切にするようになったのは近年の事。
販売、医療等に関しても最近やっと話題となっているのに、なぜこのように多くの資格があるのでしょうか?

利害関係が無く、知識は持っているもので語ってしまいますが、、、

答えは、商売になるからです。
お金儲けの為です。

ペットの為に真摯に考え、資格を作っている認定団体や学校・協会も存じています。
しかし僕の考えとしては、一般人を混乱させる数々の資格を作る事は反対します。
資格名は立派です。
立派過ぎて、なにがなんだか分かりません。

僕の意見に反対される団体・協会の方も多くいらっしゃるでしょう。
皆さんに分かるように、明確に答えて頂ければ幸いです。

資格取得は、信用を築く事に繋がります。
怪しげなペットショップとの差別化を図りたいのなら、健全経営をうたいたければ、資格取得は最も有効な手段となります。

各学校や団体も資格を発行するだけで、簡単に会員を増やせ、継続的に会費や手数料を得られる事になります。
民間による資格ですから、任意の団体・協会を設立して、独自の講習を行い、それなりの資格名を考え、それふうに認定すれば、対外的には通用することになってしまいますよね。

たとえば僕が今から資格を作り、あなたに取得させる事も出来てしまうのです。

ペット販売士(日本蓄犬学会認定)、ペット飼育コンサルタント(日本蓄犬学会)、愛玩動物飼養管理士(社)日本愛玩動物協会、ペットシッター士(日本ペットシッター協会)、家庭動物販売士(全国ペット小売業協会)…

まだまだあります。
ペットトリマー(日本ペット技能検定協会)、ペットアドバイザー/小動物看護士(日本蓄犬学会)、家庭犬トレーニングインストラクター(日英家庭犬トレーニング協会)…

獣医のアシスタントでも、VT(動物看護士)、AHT(動物看護士)。
同じ動物看護士でも、「小動物獣医師会」認定とか「日本蓄犬学会」認定 があります。
どちらも動物病院で健康管理、看護、受付、雑用、薬の調合、入院してる動物のチェック、ホテル、ペットのお世話などです。

さて、あなたはどの資格者からワンコを購入し、どの資格者に医療補助をしてもらいたいですか?

僕には、正直分かりません。

だから行政がきちんとした資格を作れば良いのに!

行政の資格は、獣医師、動物取扱主任者…
少な過ぎるんだって!

難しい試験でかまいません。
ブリーダーにも資格を作って下さい。

がんばりますから。
命の販売を仕事にするのですから。


HPにもお越し下さい♪  
ブリーダーハウス puppy's mama
http://www2.bbweb-arena.com/puppy/index.html
puppy@mx3.nns.ne.jp

掲載写真は、記事の内容とは違って(我が家のワンコですが)おります。

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事