ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

毒の餌

イメージ 1

イスラエルの畜産当局は15日、犬の飼い主に対し、飼い犬の献血を広く呼び掛けた。ドッグフードを食べて病気になった10数匹の犬の治療に必要だとしている。
イスラエルでは過去数週間で、米ダイヤモンドペットフードが製造した「Nutra Nuggets」を食べた犬約23匹が肝不全で死亡。獣医チームによると、現在少なくとも17匹が毒の影響で危険な状態に陥っており、生存の見込みがあるのはわずか数匹とみられている。

一方、米食品医薬品局(FDA)は昨年12月、ダイヤモンドペットフード社の商品の一部からアフラトキシンが検出されたとし、同社に商品数種のリコールを命じていた。米国内で同社商品を食べて死亡した犬の数は75匹以上とみられている。

[エルサレム 2月15日 ロイター] 引用 著作権法第32条より


怖い…

ペットフードの添加物や内容物に付いて問題が表れています。

狂牛病で有名になった「肉骨粉」を使っているメーカーもある様(犬猫には法規制対象外なので可能)ですし、人間では食品衛生上規制されている添加物が躊躇無く混入されているフードも多くある様です。

処分されなくてはならない死亡した家畜を使ったフードや、危険な保存剤、防腐剤等も、平気な顔をして貼付されているフードも販売されています。

パートナーとしてペットは家族の一員となっているのにも拘らず、一部メーカー側の対応が腹立たしく思います。
利益追求の為、ワンコ達の健康は後回しにされているのでしょう。
具合が悪くなっても口も利けないペットだからこそ、人間が気を使ってあげなくてはならないのに!

ダイヤモンドペットフード社の後手後手となっている対応には非難が集まっています。
日本輸入代理店からは、国内に輸入された同社フードは生産された工場が違う為に問題は無いと発表されました。
ただ、愛犬家達が情報の開示を求め非難の声を高めた結果の公表でした。

ダイヤモンドペットフードの愛用者の皆さんは、さぞや心配な日々を続けられたでしょう。
海外からのニュースソースが無ければ、日本ではメーカーが口を閉ざし、消費者に知らせなかったのですから。
実家のペットショップにも、仲間のルートからも、事前のメーカー発表なんぞ聞いておりません。

ダイヤモンドペットフードとは、米国からの輸入プレミアムフードとして高い評判と高価な商品でしたのに…
アメリカの食品に対する認識は、遺伝子組み換え大豆や牛肉輸入問題等を見るに付け、驕りと増長を感じてしまいます。

こんなメーカーのフードは、僕は恐ろしくて愛犬には上げられません。

雪印は食中毒事件を起こし、あれだけの有名大企業ですらグループの解体・再編を余儀なくされたのに…
ワンコに対する犬への対応は、まだこの程度なのです。

メーカーの人災により命を落とされたワンコ達に冥福を…
治療中のワンコ達にはお見舞いを申し上げます。


HPにもお越し下さい♪  
ブリーダーハウス puppy's mama
http://www2.bbweb-arena.com/puppy/index.html
puppy@mx3.nns.ne.jp

掲載写真は、記事の内容とは違って(我が家のワンコですが)おります。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事