ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

厚木市は十月から、災害時などに迷子になったペットの身元確認を円滑に進めるため、県内で初めて、ペットの個体を識別するマイクロチップの装着費用を一部助成する事業を始める。
助成対象は犬や猫などの飼育登録をしている市内在住者で、ペット一匹につき助成は三千円。飼い主は市の窓口か、市と協定を結んでいる市内の動物病院に申請。病院でチップを装着後、手術の実費から三千円を差し引いた額を支払い、病院側が市に請求書を提出する仕組みとなっている。

東京新聞 2006.8/28 より引用。


必要となるのでしょうね。
言葉の喋れぬワンコ・ニャンコには。

どんなに可愛がっていても、おっちょこちょいの子はいます。
本来持っているはずの臭覚により帰巣できるはずなのに。
お家が好きで、飼い主さんを大好きなのに、何かのかげんでお外に出かけ迷子になってしまいます。

マイクロチップにより、飼い主さんが見つかるのでしたらステキですね。

マイクロチップ自体は、長さ十二ミリ、直径二ミリ程度。
皮膚注射による埋め込みなので、痛み等はないと言います。

それは良いのですが、、、
別の利用法として、捨て犬のオーナーの明確化だそうです。
動物愛語法を強化しても、ワンコを捨てる輩が減らないから。
避妊・虚勢は義務化できないものですかね。
その中で、ブリーディングを行いたい者は厳しい資格試験を受け、合格者のみ許可制にして。

以前、マイクロチップにはスタンダードでも2種類があり、読み取り機や管理方法も違うと聞いたことがあります。
統一されたのでしょうか?
せっかくの、マイクロチップが無駄にならぬ様お役所さん、早めに対処下さいね。


HPにもお越し下さい♪  
ブリーダーハウス puppy's mama
http://www2.bbweb-arena.com/puppy/index.html
puppy@mx3.nns.ne.jp

掲載写真は、記事の内容とは違って(我が家のワンコですが)おります。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事