ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ワンコの利き腕。

イメージ 1

キャンベラ――オーストラリアのシドニー大学の研究者は3日、前足が「右利き」「左利き」の犬がそれぞれ15%、残りはいずれでもない、との調査結果を発表した。盲導犬や警察犬など、人のために働く犬の「利き腕」と、犬が持つ仕事への適性との関連性の研究で判明した。

犬の種類は元々、異なった目的のために交配されて生まれたもので、調査結果に種類による違いが認められなかったのは予想外だったという。

今回の調査は犬の前足のみを対象にしたもので、後ろ足についてはまだ解明が進んでいない。

2006.09.05 Web posted at: 16:41 JST CNN/AP 著作権法第32条より引用


ワンコに利き腕があるなんて知らなっかった〜

長年、数多いワンコたちと生活を共にしていたのに。
寝室まで共にしていたのに。

たしかに、前足を使い、上手に物を引き寄せたり、掻いたりって子は多くいました。

物事を見ているようで、見ていない!
気にもしていない!
当たり前に生活しちゃっているんですね。

良くない兆候です!!
ブリーダーなんて、沢山のワンコと共に暮らしているので、1匹あたりに手をかけて上げられる時間が制約されてしまいます。
だからこそ、日常の仕草や様子を見ていないと…

甘くなっているな〜
反省!

侮れないのは、調査期間に3年間も費やし、270匹を、それぞれ100回ずつ実験を繰り返したそうで。
学者さんも、ワンコもお疲れ様でした。

犬の種類による差は見られ無かったことも不思議です。
純血種は、目的(狩猟、ガード、輸送、愛玩、食料…)の為に長い時間をかけて作出されたワンコです。
右腕を使った方が、能率も、やり易さも高い!なんて、なかったのでしょうか?
より良く作業をさせる為の血統を作っていたはずですが。

盲導犬として選別、訓練される犬の半数が不適格となる能率の悪さが大きな問題となっています。
「利き腕」と適性との関連性を解明し、不合格率を下げることを目指しているそうですね。
通常の訓練では、人間の左側で仕事を行うように訓練を受けるので、右利き、左利きのいずれかによって訓練が成功するかどうかに差が出る可能性もあるそうです。
利き腕の無いワンコは、花火や突然の大きな音に過敏に反応するなどの研究もあるそう。

お前は、両利きだから使えないな〜
なんて、時代が来るかも。

ワンコも大変ですね♪


HPにもお越し下さい♪  
ブリーダーハウス puppy's mama
http://www2.bbweb-arena.com/puppy/index.html
puppy@mx3.nns.ne.jp

掲載写真は、記事の内容とは違って(我が家のワンコですが)おります。

この記事に

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事