ドッグ・トップブリーダーの吐息♪

山梨県より委嘱される動物愛護推進員として、犬の飼育・繁殖・販売の専門家として、意見・苦言・提案・告知・啓蒙などしていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ブリーダーさん。

イメージ 1

五島市富江町の犬のブリーダーが、体調を崩したため犬を手放すことになり、里親を探している。
子どものころから犬が大好きだったという。福岡県内で土建会社の現場監督をしていたが、出身の五島市にUターン。漁業を経て三年前、専門書などで学んでブリーダーになった。
二―三歳のミニチュア・シュナウザーを主体に二十三匹を飼っていたが、最近、体調を崩し、犬の世話ができなくなった。このため廃業を決め、飼い主を探すことにした。

長崎新聞社 06.09/12   *個人名のみ削除しました。

著作権法第32条より 「引用」


ふむ…
考えてしまいます。

そのまま殺処分にするおバカも多いですし、餌や衛生管理も放置状態の広島ドッグパークの問題も騒がれています。
それよりは、比べようも無い、遥かに良いとも思うのですが…

ワンコは最低でも15年は命の続く生き物です。
育てるからには、当然承知することです。
まして、ブリーダーなのですから。

このブリーダーさんは、57歳だそうです。
急な体調不良には対処も難しいのでしょうが、2〜3歳のワンコを主体にと掲載されていますので、15歳をワンコの寿命と考えてもブリーダーさんは70歳にもなっています。

しかも、五島と言う小さめの島に住まわれており流通経路も弱いでしょうし、順調に里親さんが見つかるか心配です。

「わが子のような気持ちで精いっぱい飼った。引き取ってくれる温かい気持ちに感謝でいっぱい」と涙ぐまれたらしいブリーダーさんは、本来心の優しい方なのでしょうが…

これまでに十数匹が引き取られたが、保健所に預けている分も含め、あと数匹が新しい飼い主を待っているそうです。
「犬を本当に好きな五島市の人に託したい」とは、如何なものでしょうか。
保健所に預けられている子もいるのに、のん気ですね。
それよりも、確実に愛してくれる里親さんを探すべきでは!

ブリーダーって、なんなのでしょうか。
ホントにワンコが好きなの?
命よりも金銭を優先しない?

きちんとした教育を受けた者なり、資格試験の合格者でないと、ブリーダーを営ませることはいけないことかも。

むなしい話が続いてしまいます。


HPにもお越し下さい♪  
ブリーダーハウス puppy's mama
http://www2.bbweb-arena.com/puppy/index.html
puppy@mx3.nns.ne.jp

掲載写真は、記事の内容とは違って(我が家のワンコですが)おります。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事